1998年5月30日(土)涸沼川サヨリ          
今日は石持を当初狙う予定が、またまたサヨリ狙いとなってしまった。
朝、4時20分に愛用の50CCのスクータで自宅を出発。
空を雲が覆っていたが、雨もやみ、外は明るくなっていた。
国道245号をひたすら走っていると、後ろからプップーと警笛を鳴らし追い抜く車あり、アジさんだ。

アジさんは、日立では有名な黒鯛釣りの名人だ。
昨年、日立フイッシングセンター主催、「年間黒鯛釣りマラソンレース」で優勝している。黒鯛一筋の人だ。
3年前からノビタの誘いでサヨリを始め、この時期だけサヨリチャンに浮気をしている。

途中、セブンイレブンにより食料を買いもとめ、5時前に涸沼川に着いた。
アジさんが、車を道の脇に止めるのに苦心していた。

川は朝靄につつまれ、物音1つしない。誰もいない。
鏡のように真平らな川だが、流れは早い。

仕掛けをポチャンと落として2流しめ、浮きが静かに水中に消えて行く。
きたー、強烈な引き、40cmオーバーか?
同時にアジさんにもきた。

悲鳴のようなアジさんの声、
「何だこりゃ−、コハダ(コノシロ)だ、何でこんなものが釣れるの?」
自分のサヨリも上がった。
「それは38cmだよ」とアジさん。
巻尺で測ると、ピッタリ38cm。
脱帽しましたアジさん。
それから20分、流れ早く魚信なし。

急に流れが緩くなる、今までの経験から時合いがきたことを察する。
「アジさん最高の流れだ!」
「これはくるぞ!」
2人の緊張感は、一気に駆け上がる。
目は浮き1点に、集中。
「仕事もこれくらい真剣にやれたらな〜」アジさんのつぶやき声がせつない。

1〜2分経過、口火を切ったのはアジさんだ。
「きたー」、「アジさん写真を撮るぞー!」
カメラを袋から取り出し振り向いた瞬間に、アジさん痛恨のバラシ。
アジさん気をとりなおし、再挑戦、間もなく2度目の魚信。

今度は無事、写真も撮れ、39cmのサヨリも上がった。
すぐ自分にも魚信、バラスことなく35cmのサヨリ。

その後もポツリポツリと切れ目なく魚信あり、バラシ多く、釣る数の2倍程バラシたような気がする。
アジさん8時までに7匹上げる。自分は4匹。
アジさんは、会社に行かねばならぬと8時半に帰った。

9時頃、おじいさんが2人、隣りに釣りにきた。
無口でもくもくと釣りに集中する2人。
少ないながら話す言葉から察するに、人の良いおじいさん達だ。

川の流れは8時半、上流から下流に流れが変わり、次第に流れが早くなってきた。
9時から10時までに34cm〜36cm2匹と、1番最後におまけで24cmが1匹追加。
流れも急となり、釣りにならないと判断し、10時半納竿。

 
 
 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO