1998年 6月27日  日立港沖堤防
甲イカは釣れない

日立フイッシングセンターの沖堤防渡し船で、朝6時頃沖堤防に着いた。
沖堤防先端は内側に5〜6人、反対側の外洋側は、ルアーのスズキ釣りの人達が、テトラの上に点在している。

早朝のルアー釣りを終へ、帰ろうとしている人が50〜60cm程のフッコ級スズキを4本、鎖につないでぶら下げていた。
周りを見ると鎖りにつないだスズキが、何本かあちらこちらに投げてある。
ルアーのスズキ釣りは好調のようだ。

甲イカだけを狙って来たのだが、釣れない!
サビキに沖アミを付け、海タナゴを狙っていた御夫婦は、20〜28cmを20匹程釣っていた。

20m程離れた所でヒラメのような魚が上がった、見に行くと36cmのカレイだ。
表面に石のようなザラザラした模様がある、沼ガレイ?石ガレイ?
11時まで粘った、結局坊主!!

やっぱり日立、小笠原のようには行かないな〜。
沖堤防ルアー釣り


36cm沼ガレイ?石ガレイ?

   
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO