1998年 6月28日  日立港沖堤防
サビキで釣れない海タナゴ

昨日坊主だったので、今日はとにかく釣れれば良しと、海タナゴに挑戦、朝5時頃沖堤防に着いた。

既に、ポイントには4〜5人の人がいた。
その隣りでやることにした。
去年東海の冬の海で、海タナゴを2桁釣った実績のあるサビキ仕掛けに、沖アミを付け、トライ。
仕掛けはこれしか準備して来ない。

結局これが今日の敗因、周りの人は釣れているのに自分だけが釣れない。
浮子に青イソメの一本針仕掛けの3人は、入れ食いの状態。
8時半までにやっとのことで23cmを1匹ゲット、小指大の小サバとボラの猛攻に悩まされた。

アジさん登場
8時半、フイッシングセンターの渡し船に、一人の釣り人が乗ってやって来た。
アジさんだ。
船から降り、堤防に上がってきたアジさんと話す、昨日、北海道の出張から帰って来たとのこと。

    船着場からアジさん登場



アジさんは、例によってクロ狙いだ。
タナゴが釣れたら分けてくれると言ったが、自分は10時に迎えの船を頼んでいたので一寸無理のようだ。
アジさんの釣り場は、普通の人では行けない危険なテトラの上、アジさんの指定席だ。
ピョンピョンとテトラの上を、忍者のように飛んで行く。

自分のサビキ仕掛けに、40cm程のボラがかかってしまった。
はずれない。
磯竿2号なので抜き上げようとしたが、無理。
タモを持っているアジさんに”SOS”、タモになかなか入らない、やっとタモに入ったと思った瞬間、ハリス切れ.

60cm級ヒラマサと5本のフッコを見せられた
10時に船が迎えに来た。
自分と、もう一人が乗船。
その人は堤防の外側をルアーで攻めたようだ、獲物を船上で見せてくれた。
驚いた、60cm近いヒラマサ1匹と、フッコが5本、甲イカもおまけに混じってる!!!
彼と自分との距離がドカーンと遠くなり、海タナゴ1匹だけの我がクーラーBOX、やけに大きく感じる哀しさよ!!

来週は海タナゴの雪辱戦にトライ、その後で日立港のスズキに挑戦したい、素人には無理かな〜。

待望の海タナゴが1匹



小指大の小サバの猛攻


猿飛忍者アジ!



着地成功アジ忍者!

   
   
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO