1998年 9月23日(水)日立近辺堤防釣り
餌は一杯釣れました

白んできた早朝の駐車場、車がない、ない、ない、ない!
やっと1台を見つけた、ホットする。

    
                    朝焼けの海、釣り人の姿なし
海、幻想的な日の出だ。
釣り人の姿なし!
湾内は鏡のように平ら。
風は無風。
平目のポイントに着くと、1人だけポツンと釣りしてる。


小鯵でスタート
早速餌の花鯛を狙う。
仕掛けを投入するとすぐに、20cm級の小鯵が釣れた。
続いてポンポンと小鯵がきた。
隣りの釣り人も御同様に小鯵が来る。
.........................ポツンと釣り人がいた
小鯵は5時半を廻ると姿を消した。
やはり小鯵は夜釣りでないと、駄目のようだ。
花鯛が釣れない。
どうした、あせる。


花鯛入れ食いとなる!
午前6時過ぎ、水面を見るとコマセ籠の周りが朱色に染まる、花鯛だ。
いきなり入れ食い。
サイズが前より大きくなり、平目の餌には一寸大きい感じになった。

餌には充分過ぎる量の花鯛が釣れた。              花鯛3連

餌の花鯛はいつも元気に生還

午前7時、平目用の竿2本を出し、平目釣り開始。
針に花鯛をつけ投入。
「頑張って元気に泳ぐんだぞ〜、平目に好かれるんだぞ〜、南無阿弥陀仏」
時々、餌の様子を見る、花鯛はいつも無傷で生還。
釣り師、哀し。
1度、重さを感じ、上げるとウニだ。


竿がない!
近くで釣りをしている人の様子を見に行った。
やはり鯵が駄目で、花鯛の入れ食いだった。
戻って来ると竿が2本しかない。
もともと2本か、と一瞬錯覚を起こした。
馬鹿な、1本はサビキ用、残り2本が平目用だ。
消えたのは、サビキ用だ。
沖を見ると、70〜80m程沖を竿が流れている。
動揺する、あせる。
平目用仕掛けに重りを追加し、投げるが届かない。
10数回投げ、やっと回収出来た。
サビキについていたのは、カンパチではなく29cmのサバだった。

納竿
午前11時、引け一杯の潮止まり、納竿。
帰り道、上げ潮狙いの釣り人何人かとすれ違う。
本日の釣果、花鯛6〜10cm40匹程、小鯵20cmクラスが3匹、サバ29cm1匹、ウニ1個でした。

     
本日の釣果、花鯛が大部大きくなった






























平目の仕掛けに
ウニ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO