1998年 10月3日(土)東海の一文字堤防
今日も食い逃げだ!

一文字堤防先端、朝6時。
寝坊、予定より1時間遅れた。
すでに朝の好機を逃した。
海面から2m程しかない堤防は、水浸し
だ。
             一文字堤防の日の出
先客6人。
ルアーと餌釣り両刀使いの人達だ。


ルアーの戦で敗戦し、餌釣り戦に替えるようだ。



小鯵と花鯛とフグとクラゲ
噂では、花鯛を餌に浮子釣りで50cm級のカンパチが上がったと聞いてきた。
(”噂を信じちゃあいけないよ”何て歌があったな〜)
周囲では20cmを越える小鯵と、12〜15cmの花鯛が
ポツリポツリ上がっていた。

フグの猛攻に悩まされたが、自分にも餌用の花鯛が6匹釣れた。
早速、カンパチ狙いだ。


海は巨大なナメコに似たクラゲが絶えずユラユラ泳ぎまくり、
非常に雰囲気悪し。


石鯛のような縞鯛
午前7時、30m程離れた所から、突然大声が聞こえた。
「きたぞ〜!!タモだタモ〜!!!」
カメラを持って走った。

堤防の縁を赤イソメで、アイナメの探り釣りをしていてヒットし
たそうだ。
タイコリール付きの竿先が、水面から出たり入ったりで、魚はまだ姿を表さない。


引きは相当のものだ。

相棒がタモを海に沈めて待つ。
5分程経過したか、やっと水面に白と黒のストライブ模様が見えてきた。

タモに納まり上がったのは、36cmの縞鯛だ。
見事な外道だ。
彼は他に本命のアイナメ、平均25cm程を5匹程釣り上げた。

線香花火のような魚信でした
11時頃、浮子が沈んだ。が、すぐにまた浮上してきた。
                  
頭をかじられた花鯛
魚信だ。
その後は続かない。
ほんの瞬きする瞬間の出来事だった。

餌の花鯛を引来上げてみると、頭に歯形をつけられ、目玉は失くなっていた。

”うどん市”でうどんを食べる
午後1時まで粘ったが結局、坊主。
精根尽き果てヨロヨロ、ボロボロになって納竿。
途中、晴嵐荘脇にある”うどん市”で、”ざるうどん”の大盛り
580円を食べる。

うどんは讃岐うどん。店の中は外見より広く感じる。
清潔感漂う店の中で、感じの良いおばさん達が迎えてくれた。

(宣伝を頼まれた分けではありません)


ナメコクラゲが異常発生



堤防の水溜まりを棲み家とし、元気に泳ぐドンコ




   36cmの縞鯛













    ”うどん市”正面

   
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO