2004年5月29日(土)三流の釣り場
               午後7時〜午後8時半

  
   ルアーフイッシングで初ゲット!

蒸し暑い夜                       三流の釣り場の夕景
湾奥に向かって歩く。
青い空が、ピンク色に染まって行く。
空と地の間で、黒い豆粒のような人影が、2〜3個ハネていた。
湿っぽく熱い南風が体にまとわりつき。
ジトーーと全身に汗が、そして不快感が。
まるで真夏の暑気だ。

昨夜の飲み会で、久々にYさんに会ったので、ルアー釣りを教えますよと話すと、うなずいていたが来るだろうか。
彼の来る所に釣り人が5人いたが、Yさんは居なかった。

入れ食いでスタート
その場を離れ、いつもの所に行くと、先客が一人。
彼から30メートルほど離れた所に荷物を降ろし、早速、ルアー釣りの準備を始めた。
メバルをルアーで攻めるのは今度が2度目。
前回は風に泣かされ、成果を見る事が出来なかったが、今回は?。

   
青く澄んだ海で
日が沈んで30分ほど経過、まだ昼間の明るさだ。
青い海原に、第一投。
20メートルほど沖にルアーが落下した。
そのままゆっくり引いて来ると。
足元でククッ、と竿先が引き込まれた感じ。
ハッ、として青い水面を見ると、黄金色のメバルが身を翻して岩礁帯に消えるのが見えた。
これは釣れるかも。

勇躍、第二投目。
そうは問屋が降ろしません、空振り。
第三投目、
「キタ〜〜〜!」
足元で、ククククッーーーーと竿が引き込まれる。
リールをキリキリキリと巻いて、獲物を海面に浮上させた。
15〜16cmの、此所ではレギュラーサイズのメバルが。

続けて、ルアーを引いて来ると。
またヒット、合せる、フイッシュ・オン!。
パタパタと入れ食いで、3匹ゲット。
次は、根掛かりで仕掛をロスト。
仕掛の再準備で、貴重な入食いタイムを大幅にロスしてしまう。
やっとの事で4匹目をゲットした所で、ピタリと食いが止まった。

ルアーフイッシングのタックル                 メバル タックル
今回、使用したルアーのタックルは右図。
竿がしなやかなので、小メバル釣りでも充分その引を楽しめた。
これから、メバルのルアーフイッシングをやってみようと思われる方は、参考にしてみてはどうでしょう。
もしメバルが居たならば、必釣、間違いなしですぞ。

真夏の夜の夢?
アタリがなくなったので、場所を変えてみた。
ボーーッと、キャステイングを繰り返していると。
「釣レタ デシタカ?」
突然、後の方から、片言の日本語が耳に飛び込んで来た。
振り返ると。

暗闇に、長い髪のスラリとした若い女性像が・・・。
ドッカーーン!と、心臓が宙に飛び出すほど驚く。
これは幻想?。
0.3秒ほど間が抜けて、返事を。

ヘッドランプの灯りに浮かんだ女性を見て、また驚きが・・・。
年は30を過ぎているようだが、美人である。
何でこんな所に美女が?。
彼女の話す片言の日本語が、ペラペラ此方に向かって流れて来る。
片言の単語を整理すると、彼女はフイリピン出身で日本に来て10年、現在、埼玉県八潮市に在住、御主人と今朝此所に来て、ず〜っと今まで釣りをしていた。
御主人は、今、テトラの危険地帯で、釣りに夢中だと言う。
しばらく釣りを止めて、暗闇の美女とコーヒーブレーク(コーヒーは無いけどあるつもり)。
たまにはこういう事もあるさ。

                                   
ルアーの成果
納竿
午後8時半、午後7時半からアタリが止まり、これ以上やっても無駄では?と納竿。

本日釣果
   メバル 15〜16cm    4匹




The End
SEO [PR] @[r AEx@o^C ^T[o[ SEO