2007年2月12日(月) 日立沖のメバル&真鯛釣り
             午前6時半〜午後1時半
ノビタの釣り天国


        こういう日もある

                                    天気は上々なれど・・・
水温が下がった
「真鯛だけが魚じゃないぜ」と、ノビタの沖釣りを牽制してくれる人もいる。
でも、
「やめろと言われても 今では遅すぎた♪」
(by「激しい恋」西城秀樹)
と真鯛釣りに魅せられたノビタの暴走は止まらない。

午前5時半。
まだ闇が支配する日立港第5埠頭。耳が千切れそうに寒かった。
連休最後の日、港は祭りのような賑やかさ。
ライトアップされた龍翔丸の船上も、ゴッタがえしていた。
ノビタのいつもの定席は、当然だけど既に先客に占められていた。
大トモに空き席を見つけ、ひとまずホッ。
ミタ船長がやってきて、「昨日は水温が下がったせいか、真鯛は今一だった」と少々元気がない。
真鯛が駄目ならメバルがあるさ、と別に気にならなかったのだが・・・。

午前6時。
龍翔丸は釣り客19人を乗せ、ゴーーッ!と獣のような唸り声を上げて埠頭を離岸。
白々と明けてくる海原に向かって突進して行った。
赤紫色に明けていく空、今日も天気は上々だ。
海は、朝のうちうねりがあったが、しだいに収まっていく。
無風に近い、わずかに大気が海上を移動していく程度。

午前6時半、漁場に到着。
「プーーッ」の汽笛を合図に、龍翔丸は釣りを開始した。
開始早々、「良形メバルが上がったよ!」とミタ船長の案内がスピーカーから流れ。
まだモタモタと、仕掛けの準備をしていたノビタは焦った。
船上ではその後も、ポツポツとメバルが上がっていた。
皆さんより出遅れること15分あと、ノビタも釣りを開始。
そして、午前7時20分、25分に、それぞれ1匹ずつ、23〜24センチのメバルをゲットした。
でもこの後が続かない。

なんとか・・・
60号の錘で海底をトントン叩きながら、一日千秋の思いで海底からの便りを待つのだが・・・。
『便りが無いことは達者で暮らしているのだ』
と何であきらめ、きれようか。
ー達者でいるなら便りくらいよこせ、ヤイ! それが浮世の義理ではないか。
とボヤいていると。

『待てば海路の日和あり』
道糸を走り「ククッ、ククッ(元気やで)」と手元に便りが。
胸をときめかせ、海底50メートルから仕掛けを回収すると、もぬけの殻!。
ーガセネタだ!
このガセネタも間遠くなっていく。

午前9時半。
「ククククッ、ククククッ・・・・(よう呼んでおくれやした。ありがとうサン)」
と、京都の舞妓さん風に上がって来たのは、本日初物の26センチの真鯛。
ひとまずホッとしたのだが。
この後、たまに掛かってくるのは「こんなものイラン」の15センチほどの花鯛。
ーやっぱり水温が低いせいなのかしらん?
とモクモクと竿をシャクっていると、ポカポカ陽気に脳味噌もゆるくなって・・・。

大捕物
午前10時20分。
突然、船上が騒々しくなり眠気をハジキ飛ばされた。
何だ、何だと、騒々しい方に行ってみると、なんたるサンタルチア!
ミタ船長が、長さ3メートルほどの竿にしがみつき。
四角い顔を、真ん丸くし、真っ赤にし、力闘している。

  
   力闘、また力闘の末に
竿がガンガン海面に張り倒され。
その度に撓んだ竿先を海面スレスレに保ち、敵の反撃に耐え。
敵の反撃が緩むと、体をのめるようにしながら竿をジワ、ジワと持ち上げ、リールを1巻き、2巻き・・・。

リールを2巻きか、3巻きした所で、また敵の追撃を受け、ジッと耐えている。
この繰り返しが続いていた。
そして、とうとう。
敵が、海上に黒く長い裸体を顕す。
それを見たギャラリーは、「・・・・・・」そそくさと各自の釣り座に戻って行った。
巨大ヒラメではなかったのだ。
ギャラリーの期待を裏切り正体を現したのは、1.2メートルの巨大黒アナゴだった。

脳天ファイラー
この1件が落着したあとは、また何も無い時が過ぎて行く。
 かもめ
「鴎は低く波に飛ぶ 見よ昼の海 見よ昼の海♪」(by唱歌「海」)
と冬晴の海は穏やかだった。
ポカポカ陽気に炙られ、のたりくたりと波に揺られ。
いつかパンツのゴムが伸びきって、何かが飛び出すような雰囲気の、時の流れに身をまかせていると。
                                       
鴎群れ飛ぶ
隣りから話し声が。
一人は常連さんで、一人は今日初めてのようだ。
船のエンジン音でよく聞きとれないが、その片言隻語が耳に飛び込んでくる。

「・・・鯛はいないのですか・・・・・・?」
と初めての釣り人が、常連さんに聞いている。
もう少しすると釣れるんじゃないか・・・と、常連さんが答えている。
「・・・いつごろ来ますか・・・?」
魚に聞かなきゃ・・・・・昼過ぎか・・・、と常連さん。
「なにが?」
と初めての釣り人。
常連さんが驚いて、「エッ?」。
聞いたのは、おたくだろうと常連さん首をかしげている。
どうも脳味噌が劣化してきたのはノビタだけでは無いようだ。

沖上がり
午後1時半、沖上がり。
今日も30分延長してもらったのだが、今回は最後の最後まで勝利の女神に見放されてしまった。
いや腕が悪いのだろうか、今度で5度目の真鯛釣りなのに、ちっとも腕はちんぽしない。

帰港途中。
ノビタの隣りに若い人が来て、
「サトウさんですか」
と訪ねられたあと、色々と話しをした。
栃木の那須から来られた人で、渓流釣りが専門だとか。
どうやらノビタのHPに刺激され、尺メバルにも挑戦したらしい。
「明日に賭ける釣り」が出版されたら、アマゾン・ドット・コムで購入しますと話していた。
感謝、感謝である。
小学校の先生をしておられるとか、いじめ問題とか大変なのでは?、どんな職業も楽ではない、頑張って下さいとしか言いようがないが・・・。

本日釣果
真鯛    26センチ  1匹
花鯛    17〜20センチ 3匹
沖メバル  20〜28センチ  4匹
背黒イワシ 15センチ   2匹

            
    本日の釣果






















The END
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO