2007年3月14日(水) 日立沖の鯛釣り
             午前6時30分〜午後1時15分
ノビタの釣り天国


       まだ沖には鯛が

                                        今日も最高の夜明
今日も釣り日和
午前6時。
龍翔丸は暁に燃ゆ日立沖に向かって、轟音を上げながら第5埠頭を離れた。
海は多少うねりがあったけど、久々に晴れ渡り風も弱く。
朝日を浴びてピンク色に染まる日立の海岸線を見ながら竿を垂れていると、釣れなくてもいいじゃないかの気分にさせられてくる絶好の釣り日和。

釣れたけど・・・
いつものように午前6時半から釣りを開始。
仕掛けは天秤式のカレイ仕掛け、餌は青イソメと赤イソメのミックス。
常連のTさんは大トモ、ノビタはいつものミヨシ、釣り人はこの2人だけ。
水深35メートルを探る。

午前7時ジャスト、海底からの強い信号を竿を握る手が受信し、反射的に竿を振り上げた。
グググーーッと、敵の口に針が掛かった様子が脳裏にフラッシュ。
「アタリか?」
操舵室の窓から、ホッとしたようにミタ船長が顔を出した。
頭を大きく上下させて、それに応えた。
ところが、ところが・・・水面に顔を出したのは・・・。
「あーーーネコザメだ」
とミタ船長の嘆息が、スピーカーごしに耳に飛び込む。
この後も、これでもか、これでもか、とばかりに40センチ級のネコザメが2匹、掛かってしまった。

 
使用した仕掛
メバルと鯛はいた
午前7時40分。
ミタ船長の英断でカレイ釣りを断念、メバル&鯛の棲む沖に向かい龍翔丸は20分ほど南下した。
午前8時。
水深50メートルの海底に、錘60号、餌は活きエビを付けた鯛&メバル仕掛けをドボーン!。
錘が海底に到達した所で、一振入魂の一シャクリ。
と・・・・・・。
グググ、ググググ、グググと連続する引き。
ーなんと!
第一投で、28センチ、23〜25センチの沖メバル3匹の一荷が。
続けて第2投も、入れ掛かり!
2投目は、22〜23センチとやや小ぶりながら同じ沖メバルのダブル。
メバルはここまでだった。
以降は20センチ前後と小ぶりだけど、真鯛と花鯛の舞台へ。
・・・・・・

本日釣果
真鯛  20〜22センチ 3匹
花鯛  15〜18センチ  24匹
メバル 21〜23センチ 5匹
サバ   35センチ  1匹

            
    本日の釣果




























The END
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO