2007年10月15日(月) 日立港沖堤防
               午前7時40分〜昼12時半
ノビタの釣り天国



    日立沖堤でタコ釣り♪
   

                          
                   タコ初釣り記載
タコの探り釣り
数年ぶりに日立沖堤に、タコの探り釣りに出撃した。
「探しものは何ですか?
 まだまだ探す気ですか?
 夢の中へ 夢の中へ
 行ってみたいと思いませんか?
 ウーウー・・・・・・ ♪」
    (『夢の中へ』by 井上陽水)
とタコを探っている時は、いつもこの歌が何処かから聞こえてくるような・・・。
釣りを開始してから1時間、海底から何の応答もない。

『明日に賭ける釣り』に著した大タコ釣りが、タコ釣りのデビュー戦であった。
場所は、今日とおなじ日立沖堤防。
あれから幾星霜、どれだけ橋の下を川が流れただろう。
タコの探り釣りの技は、ほとんど昔のまんま。
わずかに進歩したのは、仕掛けの根掛かりを少なくしたことである。

タコ釣りで、一番神経を使うのは根掛かり。
特に日立沖堤は、堤防の周囲が捨石だらけなので、一寸油断すると根掛かりし、貴重なタコ天仕掛けを、一瞬にして失ってしまう。
「ダモクレスの剣」という諺がある。
この諺は、シラクサの王に仕えたダモクレスが、天井から吊るされた剣の下に座らされた状態を表し、危険な状態にいつも置かれていることを言う。
タコの探り釣りの根掛かりは、一種の「ダモクレスの剣」である。
これからタコの探り釣りに挑戦する人への、要、申し送り事項である。

         
タコ釣りが並ぶ
競合他者
釣りを開始したのは、午前7時40分。
青く澄んだ空に、白い綿雲が眩しい。
冷ややかな東風が吹いていた。
沖堤防には、爽やかな秋が広がっていた。
「吹きぬける秋風の 吹きぬけるままに」
             (山頭火)

沖堤の海一面に、無限の数の小魚が漂っていた。
イワシの子供だろうか、大きさは3〜4センチほど。
時々、一斉にパッと海面から飛び散るが、また集まってくる。
群れは1日中、海面を漂っていた。

タコ釣りをする先人は10人ほど、1列に並んでタコを探っている。
ーノビタの分、残しておいてくれーーー。
と声を出さずに叫びながら、ノビタもその最後尾に。
3メートルほど先を行く先人に、
「釣れましたか?」
と聞くと、まずまずのサイズを2杯釣ったと言う。
                                    
  タコ釣り仕掛
はじめの一杯
ーヨーシ、やってやろうじゃないかい。
ノビタはその昔、タコ釣り名人と言われた男。
ひたすら、
「求めよ、さらば与えられん」
を唱えながら、タコを探っていた。

午前8時45分。
と・・・。
仕掛けが海底に貼りついた。
ピクリともしない。
ータコだ!
ガン、ガン、ガンと竿を煽った、タコ天の針がタコの体に食い込むように。
そのまま道糸(PEライン6号)を弛ませ、竿を置いて放置した。

5分ほど経過した所で竿を持ち、道糸の弛みを取りながら竿先を下げ、道糸にテンションが掛かったところで、
「エーーーィ!」
と竿を持ち上げると、漬物石のような重量感が、そのまま持ち上がってくる。
あとは、
「エンヤードット、エンヤードット♪」
と竿を上げ下げしながらリールを巻いてきて、海面に茶色の風呂敷が広がった事を確認したところで、
「エーーィ!」
と引き上げると。
空中を飛んだタコが、「ピシャッ!」と音を立てて堤防の上に転がった。
はじめの1杯は、1.2キロのタコだった。
競合他者の中、釣れたら宝くじと、半ばあきらめていたので欣喜雀躍。
しばらく心の中は、感動の嵐が吹きまくっていたヨッ。

       
  天気は上々
1時間に1杯のペースで
一杯目の興奮がまだ覚めぬまま、2杯目を求め。
一意専心、海底から送られてくる信号に神経を集中しながら、ゆっくりと海底を探っていた。

午前9時10分。
急に仕掛けが重くなった。
電光石火、竿をガーン!と振り上げると、重いが持ち上がる。
そのまま堤防の上へ、2杯目は1.4キロだった。
続いて、10時15分に3杯目を。
11時半に4杯目を追釣。
今日のドラマは、そこまでだった。

納竿
このあと、根掛かりしそうな岩礁地帯を探っていく緊張感がゴムのように伸びきり、何度も根掛かりしそうになり。
これ以上は無理と、昼12時半、納竿。
午後1時、ミタ船長が操舵する日立フイッシングセンターの龍翔丸に乗り帰って来た。

今朝、ミタ船長に沖堤に送られる時、
「タコ釣りやったことあんの?」
と、ノビタの腕を疑られたが。
案の定、帰りに結果を聞かれたので、得意そうに4杯釣ったと応えると、さほど驚いた風でもない。

そして、昼12時の便で帰ったタコ釣り師は、良形を10杯釣ってたよと教えられ、思わず驚倒!。
タコの”つ”抜けは、ノビタにとって未踏の世界。
ーよし、近日中に・・・。
と闘志がまたまた燃えてきたのである。

人間とは、
「天ヨリハ最モ美シキ星ヲ求メ、地ヨリハ最大ノ快楽ヲ求ントスル者」
                      (ゲーテ)
要は、人間の欲望にはきりがないと言うことか。

本日釣果
真タコ  1.2〜1.4キロ  2杯
      700〜800グラム 2杯




















The END
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO