2009年8月26日(火)  某堤防 カンパチ釣り
             午前5時20分〜午後1時
ノビタの釣り天国



       カンパチ戦7連勝!


                                      
 餌釣り開始
秋の海で
ノビタにとってカンパチ釣りは麻薬である。
一度、あの引きを味わうと病みつきになる。
この麻薬は、酒井法子のように警察沙汰にはならないが止められない。

日が昇ろうとしていた。
黒々とした雲の後方が、ワインレッドに染まっている。
堤防にザブン、ザブンと波が絶えず噛み付いていた。
「カラカラカラ」
と空のペットボトルが、風に吹かれて転がってきた。
ワイシャツ一枚では、寒いほどの朝だった。

釣り場に行く途中で、偶然つりきちさんと一緒になった。
2〜3年ぶりの再会で顔をすっかり忘れていた。
つりきちさんは仕事前の釣りとのこと。
つりきちさんも、ノビタのカンパチ釣りに誘発されたようだ。

           
うねりあり
焦燥の餌釣り
現場に着き、早速、餌のハナダイ釣りを開始したのは、午前5時20分。
コマセ籠に白スキンのアジサビキ6号針仕掛け。
それをシャクリ続ける、1分、2分、3分・・・。
ところが、釣れるのはフグばかり。
毎度のことながら1分が1時間にも感じる一時だ。
やっと熱烈歓迎の10センチほどのハナダイが一匹と、フグ2匹が一緒に上がってきた。



                                          
餌は日中よく釣れた
カンパチ戦メモ
午前5時40分。
ハナダイ5匹を釣ったところで、カンパチ戦開始。
今回は、これからの参考になるかもと釣れた時刻をメモしておいた。
本日は小潮、満潮は午前8時1分(潮高115センチ)、干潮は13時2分(潮高80センチ)
那珂湊水温は23.5度。(8月27日の朝刊記載)

午前5時20分、餌釣り開始。
   5時40分、カンパチ戦開始。
   5時50分、始めの1匹が釣れる、サイズは35センチ。
   6時20分、34センチ1匹。
   6時40分、25センチのワカシ1匹。
   6時50分、ハナダイを狙っていたサビキに、24センチほどのカンパチが掛かる。
          これは、つりきちさんに進呈。
   7時25分、つりきちさんが小ぶりなカンパチを1匹ゲット。
   8時、つりきちさん、仕事をするために帰る。
   8時5分、33センチ1匹。
   8時30分、28センチ1匹。
   8時50分、25センチ1匹。
   9時30分、27センチ1匹。
   11時、竿2本に同時にヒット、26〜7センチ2匹。
   11時45分、27センチ1匹
   11時45分〜12時20分までにバラシ2回。
   12時20分、33センチ1匹。
   13時、納竿

本日釣果
 カンパチ  24〜35センチ  11匹
 ワカシ   25センチ      1匹



















The END
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO