2009年8月28日(金)  某堤防 カンパチ釣り
             午前4時45分~午前11時
ノビタの釣り天国



       カンパチ戦8連勝!


                                      
 希望の朝
古い読者と再会
本日釣果、カンパチ26~32センチ4匹、ヒラメ31センチ1匹。
餌のハナダイは、”つ”抜けをしたのだけど・・・。
「ええねん
 ヒラメが釣れたら ええねん
 気持ちよければ ええねん
 笑いとばせば ええねん
   (『ええねん』by ウルフルズ)

黎明の駐車場で、
「ノビタさんではないですか」
と声をかけられた。
昔、日立港で釣り大会をした時に参加したこともある読者だった。
あれからどれだけ橋の下を川は流れたのだろう。
昔の人よ今何処、まだ皆さん健在であろうか。
一緒に釣り場に向かい、途中で別れた。

希望の朝
まだ暗い釣り場に、ヘッドランプをつけて蠢く黒い影。
声をかけると、やはりかたさんだった。
場所を譲るというので、大きな顔をしてそこを占領させて頂く。
ヘッドランプの灯りで準備。

午前4時45分。
餌釣り開始。
西から弱い風が吹いていた。
雲多い東の空が白んできて、オレンジ色に染まり。
しだいに黄金色に輝きはじめた。
どこからか『体操の歌』が聞こえてきそうだ。
「新しい朝が来た 希望の朝だ
 喜びに胸を開け 大空あおげ

始めの1匹
午前5時5分。
餌のハナダイが3匹釣れた所で、突撃ラッパを合図にカンパチ戦突入。
今日も、
「さあかかってこい環八之助!」
と、呼びかけながら仕掛けをポチャーン!
水面から餌のハナダイまでの深さを調整していた時だった。
いきなりバシッ!と、怪物の手で竿を捥ぎ取られるような衝撃。
慌てて全身で竿にしがみつき、その強烈な引きに堪える。
ジーッ、ジーッと道糸が放出されていった。
やっとのことで堤防の上に引き上げたのは32センチのカンパチであった。

ヒダリ(左)だよヒダリ(左)
5時15分。
かたさんが、
「左の竿がアタッテいる!」
と叫んだ。
左の置き竿を見たけど、静かに頭を下げているだけ。

「・・・?」
「ヒダリだよヒダリ!」
とかたさんが、指をさしながら歯がゆそうに叫ぶ。
「ガガッ」と竿が引き摺られる音。
音のする方を見ると、右の置き竿がいままさに海に飛び込もうとしていた。
なんちゅうことはない、右隣で釣りをしているかたさんから見ればノビタの右側の置き竿は左側である。
人間は自己を中心に物を見る、ということを改めて知らされたヨ。
もともと人間は、相手の立場にたって物を見ることが苦手な動物で、またそれが自然のようだ。
この騒ぎに26センチのカンパチを追釣。

       
ベタ凪(こんな日は・・・)
メモより
このあと。
6時10分に、ハナダイ釣りのサビキに26センチのカンパチ。

栃木のテツロウさんが、見果てぬ夢を追って参戦に来た。
続いて。
真っ赤なTシャツに、日に焼けて赤い顔をした栃タコさんがやって来た。
昨夜徹夜したという。
目標は成就したようだが、”よろこびも ちゅうくらいなり わがやの春”(小林 一茶)のようだった。

6時20分~50分に、かたさんが30センチ級を2匹ゲット。
6時50分前後、テツロウさんが2匹バラシた直後に、1匹ゲット。
7時5分、かたさん1匹追釣。
7時15分、かたさん1匹追釣。

7時25分。
「キテル、キテル、きてるヨ」
とかたさんが指を指す。
見ると、右側の置竿が海面に引き倒され、頭を痛いそうにヒクヒクしていた。
竿のライフラインを外していると。
「アッ逃げた。泳いで逃げた」
とかたさん。
切歯扼腕の食い逃げ。

8時。無風となり、堤防はサウナ風呂状態に。
8時10分、サビキに20センチほどのワカシ、リリース。
8時20分、サビキに31センチのヒラメが掛かった。
そのヒラメをスカリに入れようと、カンパチが入っているスカリを海から引き上げようとした時。
ー信ジラレナ~イ!
と今どきの娘なら叫ぶだろう。
スカリが、ロープから外れてしまったのだ。-ああ。
かたさんとテツロウさんが救出にバタバタしている間、ノビタはタモを持っている人を探しに。
そして、なんとかタモでスカリを救った時の嬉しさ。

8時半。
東から涼しい恵みの風が吹いてきて、生き返る。
この時、2本の竿に同時にヒット、2本の竿とも餌だけ取られ逃げられる。
またまた切歯扼腕の食い逃げ。

午前9時25分、27センチのカンパチを追釣。
以降、11時までアタリなし。

また読者に
午前10時半。
ヨッサ、ヨッサと若い釣り人が、キャリングカートにたくさんの荷物を載せてやってきた。
彼に、
「ノビタさんですか」
とたずねられる。
宇都宮から来た読者とのこと。
ノビタの『明日に賭ける釣り』をご夫婦で読んで、大笑いしたそうな。
そして奥さんに、サバ釣りに私も連れて行ってと言われましたと、笑っていた。
潮が動かないので、今からでは釣れないでしょうと、彼の期待に水をさしてしまった。

午前11時、納竿。
まだ続けるという、かたさん、テツロウさんらを残して帰ってきた。

本日釣果
  カンパチ  26~32センチ 4匹
  ヒラメ   31センチ   1匹

















The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO