2009年9月19日(土)  某堤防 アジ&カンパチ釣り
                    午前3時半~午前8時
ノビタの釣り天国



        メバルと再会


                                  
    台風模様の空
メバルちゃんとの再会
本日釣果、アジ17~21cm10匹、メバル18~21cm3匹、カンパチ30cm1匹。

午前3時半。
アジ釣り開始。
磯1号5.3メートル竿に、コマセ籠をつけたサビキ仕掛けを足元にドボーン!
置竿にしたまま、カンパチ釣りの準備を初めた途端。
「リリーン、リリーン、リリーン・・・」
と竿先の鈴が啼き、竿の先がバタバタと大騒ぎ。
仕掛けを引き上げると。
なんとなんと、一昨年から行方不明のメバルちゃんではないですか。
思わず歌が。
「めばるちゃん おそくなって ごめんね
 めばるちゃん おそくなって ごめんね
 いつもいつも君を想って いたんだよ
 いつもいつも君を探して いたんだよ」

嬉しいことは3度。
このあとも、こぶりだがメバルを2匹追釣。
ここは、アジとメバルが共存共栄しているようだ。
明日にでも狙い撃ちしてみよう。

       
風が強かった
朝まずめ
午前3時37分。
本日始めのアジが1匹釣れた。
このあともポツリ、ポツリ釣れ続いたが、カンパチの餌には大き過ぎ。
午前4時過ぎ。
闇の中から2人の釣り士、昨日の城北町の人とその友人だった。
続いて、今度はつりきちさんが友人と一緒に登場。

空が白んできた。
ハナダイが釣れない。アジは大きい。
でも朝まずめの好機を逃したくない。
しかたがないので、アジの中でも一番小さいやつを1匹選び。
午前5時10分、カンパチに宣戦布告。

午前5時過ぎから足元でアジが入れ食いに。
でも5時半にはパタリと釣れなくなってしまった。
そのあと、今度は沖を狙っていた人達に、良形のアジが掛かるようになった。
ノビタも浮子を付け、沖のアジを狙ったがサバの猛襲にギブアップ。

長い前アタリ
午前7時40分。
とうとう海面が目印の近くに到達した時だった。
カンパチ用の竿が異様な動きを。
竿先が上下にお辞儀をしながら右へ、左へ移動している。
時々、竿先が”の”の字に近いほどに曲がる。

ーどうした?
ー餌のアジが元気すぎるのか?
1分分、2分、3分・・・。
異様な動きは止まらない。
と・・・。
竿先が上下に震動しながら、除々に沈んで行った。
そして。
前アタリの限界を超えた。
「きたーーー」
竿につけた命綱と重石を外し、竿を持って仰け反った。
30センチのカンパチだった。
餌が大きいのでカンパチ君、食いつくのに大分迷ったらしい。

納竿
午前8時、納竿。
すでに、つりきちさんと彼の友人は帰っていた。
城北町の人とその友人に挨拶し帰ってきた。
途中、かたさんとアジさんが釣りをしている所に寄る。
こちらもサバの襲来にまいっていた。
かたさんは26センチのカンパチを1匹ゲットし、カンパチ狙いのアジさんのスカリはまだ空っぽ。
2人ともまだまだ粘るようだが・・・。

本日釣果
 アジ   17~21cm  10匹
 メバル  18~21cm  3匹
 カンパチ  30cm    1匹





















The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO