2010年12月6日(月) 午後4時15分~午後6時20分
           涸沼川(セイゴ釣り)
那珂湊 水温 
16・3度<潮>大潮 満潮 15:03 干潮  9:50
ノビタの釣り天国


        久々のワンダフル


                                     久々の45センチ!
相思相愛の仲
昨日の話し。
午後4時から午後6時まで、涸沼川でセイコを待っていたけど、魚信すらなかった。
この時、300メートルほど上流にいたhiroさんは、
30センチ級を3匹と、モテモテだったらしい。
どうしてノビタが振られたのか、全くわからない。
愛の痛みに耐えながら、
「セイコが来たなら伝えてくれ
 2時間待ってたと
サイは投げられた もう出かけるぞ」
と、闇に溶ける涸沼川に別れを告げ帰ってきた。

それでも、セイコを信じていた。
昨日は、振られたのではない。
待ち合わせ場所を間違っただけだと。
ノビタとセイコは、相思相愛の仲だと今でも思っている。
そして今日も、夕暮れの君に逢いに、
坂本冬美が歌う『また君に恋してる』を聞きながら、涸沼川へ向かった。

     『また君に恋してる』坂本冬美


「朝露が招く 光を浴びて
はじめてのように ふれる頬

てのひらに伝う 君の寝息に
過ぎてきた時が 報われる

いつか風が 散らした花も
季節巡り 色をつけるよ

また君に恋してる いままでよりも深く
まだ君を好きになれる 心から
・・・・・・」




川は逆流中
涸沼川に着いたのは午後4時すぎ。
今日は、昨日より2キロメートルほど上流に、賭けた。
先客が二人いた。
様子を聞くと、やはり明るいうちは駄目だという。
彼らから50メートルほど離れた下流で、荷を下ろした。
川はまだ勢いよく逆流していた。
無風。
ぼんやりと濁った空に、太陽が淡く透け陽射しがやさしい。

                                       
川はまだ逆流していた
初めの1匹
午後4時15分、釣り開始。
竿は、いつものように2本出した。
とバッグの中で、携帯の呼び鈴が鳴っている。
ー・・・?
かたさんからだ。
ノビタがいる所から、1キロほど下流にいる連絡だった。

午後4時55分。
日は落ちたが、空にはまだ余光がただよっていた。
対岸はすでに黒々とした闇に覆われ、街灯や人家の灯りが明るく輝いている。
とその時、
「リリーン」
と竿先の鈴が一鳴、そして止んだ。
少し間をあけてまた「リリーン」。
放置しておくと、
とうとう、鈴の音が連続し、竿先に付けた赤ランプがプルプル踊りはじめた。
竿を持つと、手応えアリ。
ー小物だ。
陸に上がったのは、25センチ足らずのセイゴだったが、すっかり針を飲んでいた。

2匹目
午後5時20分。
川が上流から下流に向かって、ゆっくり流れ始めた。
その直後に、アタリ。
これは岸まで寄せてくる途中でバラス。

午後5時40分。
餌を交換し仕掛けを川に、ドボーンと戻した。
と・・・。
竿先に付けた赤ランプが消えている。
原因は接触不良だ。
竿を持ち、赤ランプの電池をきつく差し込んでいると、
「・・・?!」
手に持っている竿先が、ガタガタと暴れている。
入れ食いだ。
この2匹目はレギュラーサイズの30センチだった。

       そろそろ開始だ
選挙カー
午後5時45分。
川はまた、ゆっくりと逆流をはじめた。
対岸を選挙カーが行く。
対岸で釣りをしている人に、ウグイス嬢がスピーカーで呼びかけている。
「釣りを楽しんでいるところ、お騒せしてすみません。
自民党の○○です。きたる12月12日の県議会議員選挙には宜しくお願い致します」
と。
釣り人にやさしい政治を公約してくれるなら、文句なしに一票投じます、
と声を出さずに叫んでみた。
それと、立候補者に釣り師はいないのだろうか、いたならその人に一票入れるのだが・・・。

久々の45センチオーバー
午後6時。
川はまた上流から下流に流れだし、
徐々に流れが速くなり、ラインが下流に引っ張られていく。

とその時、
「リリーン、リリ-ン、リリーン」
と、竿先の鈴が勢いよく鳴り響いた。
竿先に付けた赤ランプがビーン、ビーンと跳ね、竿尻が持ち上がった。
竿にしがみついた。
と、竿を持つ手に魚の憤怒が伝わってきた。
「カ・イ・カ・ン!(快感)」

竿が弓なりに曲がって震え、
鈴が、リリーン、リリーン・・・と泣き叫ぶ。
引き寄せてくる途中で、猛反撃をくらい深く潜られた。
竿を持ったまま耐える。
焦らず、慌てず、道糸を弛ませず、ジワジワと岸に寄せてくる。
「エーーイ!」
一気に引き上げると。
ーナント!
陸に上がった途端、針が外れた。
危機一髪だった。
冷汗三斗。
ドタッ、ドタッと45センチのセイゴが、悔しそうに陸の上でのたうっていた。

納竿
午後6時20分。
上流から下流への流れが速くなり、これ以上続けても無駄と納竿。
かたさんに電話すると、どうやら1匹しか釣れなかったらしい。

本日釣果
 セイゴ 25~45センチ 3匹

The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO