2011年4月12日(火)
          那珂湊 海水温 11.4度

ノビタの釣り天国


           危険な関係

                                                 怒る女
守るのは誰?
その時。
風呂に入っていた。
いきなりガタガタガタと家鳴りがし、床が大きく揺れ。
ーまずい、どうしよう?
と思っていると、
「早く風呂から出なさい!」
とかみさんが風呂場に飛び込んできた。

あわてて風呂から飛び出し、パジャマに着替えていると。
かみさんは狭い家の中をドタドタ・・・と駈けずり廻り、
雨戸を開け、ペットボトルに入れた水を台所から玄関に運び出し、
外の様子を見たあと脱衣所を覗き、
「そんな格好(パジャマ姿)で外に出るんじゃないぞ!」
と怒鳴りながら、2階に駆け上がって行った。

まだ家は揺れていた。
パジャマから普段着に替えて、居間で缶ビールを飲みTVを見ていると、
「コラッ!酒を飲んでる場合か!」

                                             
ジェニファー・ラッシュ
とかみさんが非常時持ち出し袋を背負い、帽子をかむって居間に、
「懐中電灯は?」
「携帯ラジオは?」
言われるままに準備していると。

彼女は眼を潤ませながら、
「あんたは私を守る立場なのよ、アンダ・スタンド?
それなのに・・・ああやだやだ。
わたし一人なら、のんきにへらへらして楽しく生きていられたのよ。
あんたがいるばかりに、心配ばかりさせられて・・・」
ー腐れ縁だからしょうがないと思うのですが・・・。
と声に出さずにつぶやいた。



今日はジャーマン・ポップスの歌姫と云われたジェニファー・ラッシュの『パワー・オブ・ラブ』を選んだ。
訳は毎度おなじみのKeiさんである。
左写真をクリックすると、YouTubeにジャンプします。







幻想の世界に
20分ほどすると、やっと地震が収まった。
かみさんはやっと腰を下ろし、
煙もないのに煙が目に沁みるように、眼と鼻のまわりに皺を寄せ、
右の手で猫のように顔を拭いている。
緊張した時のいつもの彼女のくせである。
この晩、余震は一晩中続いた。
ノビタはそれでも眠ったが、かみさんは一晩中眠れなかったらしい。

翌日。
天気が良いので、自転車に乗りリサイクルショップに行ってみた。
『まだ使えます』コーナーに行くと。
なんと!かみさんが出品されていた。
どうしたのだろう?
よく見ると、”凶暴につき取り扱い注意”の看板まで立てられている。
それにしても”まだ使えます”はないだろ、まだ彼女は30年も40年も生きるのに・・・。
と・・・。
目が覚めた。

The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO