2011年7月13日(水)
       那珂湊 海水温 21.8度
           仙台港 小潮 満潮 15:43  干潮  8:20
ノビタの釣り天国


        今日も夢叶わず

                                     なんとか7枚!
ザ・カレイに夢中
ーマコカレイ20枚、釣ってやるド!
と、今日も釣りバカは夜明け前の国道245号を、ロシナンテに跨り那珂湊港へブッ飛んだ。
船で釣るマコカレイ。
その攻略法こそ、我が人生の究極の目的なのだ。
百人百様の説があるけれど、どれもこれも想像の産物であって、
有為無常なカレイの生態に適うものはないようだ。
太古の昔ならいざ知らず、なかなかどうして手強いのである。

海底を彷徨う隠者、ザ・カレイ。
賢くて、気難しくて、そのくせ好奇心が強くて。
そんなお前に、とことん惚れたよ。
願わくば、
どんなに釣り師がいても、俺に夢中にさせたい。
誰の誘いにも見向きもせず、俺だけを見つめさせたい。
機嫌が悪い時でも、俺の誘いで微笑ませたい。
遠くにいても、俺の誘いはすぐ気がつかせたい。
そして、
たとえ満腹でも、俺の餌には飛びつかしたい。
それが俺の夢の行き止まり。(チャンチャン

BGM
ノビタが、散歩や、ボロ自転車に乗っているときや、釣り場で聞く歌はみんな古い。
今日のBGMの『悲しき天使』これも相当古い、知っている人など皆無であろう。
もともとはメリー・ホプキンの歌だが、
彼女のライブ映像がないのでヴィッキー・レアンドロスの歌で。

「・・・
愛しき友よ あの頃の日々
それは終わることがないかのようだった
一日を 永遠を 歌い踊り
生きたいように生き
人生の闘いに負けなどないと思っていた

若さが何でもできると信じさせた
ララララララ・・・・
あの頃はそうだった
そう、あの頃の日々はそう信じて生きていた
・・・



                                        
今日も絶好の釣り日和
はじめの1匹
午前5時。
那珂湊港出船。
乗客はノビタも含めて2人。
マコガレイの船釣りは、専門に狙う船を選ぶべきである。
有名な大洗の山正丸に乗ってみたいけど、大洗は遠いので那珂湊の近藤勇船長の船に乗る。
近藤勇もマコガレイ釣りが好きなので、この時期は浮気はしない。
船長の腕は、ほぼ互角ではないだろうか?

空は薄い雲で覆われ、涼しい東風があり少し寒いほど。
船は15分ほど沖に向かった所で止まった。
午前5時20分、釣り開始。
ノビタは右舷のミヨシより、船長もノビタの隣りで竿を出した。
船長の仕掛けは、名人伝授の仕掛けらしい。
船長に、この仕掛けでやってみたら、と言われたが。
最後の最後まで、実績のあるノビタ自作の仕掛けに固執したよ。
釣りを開始して3~4分、船長が40センチほどのマコガレイを釣り上げた。
「やはり仕掛けだよ!」
と船長が喚いている。
無視。

ルアーは投げる回数だという、カレイも小突く回数である。
ひたすら海底を小突き続けた。
釣りを開始して20分経過。
ゴン、ゴン、ゴン・・・と錘で底を叩いていると、待望の《クククッ、クククッ、クククッ・・・》と竿先を海にひきこむ応答が。
そのまま問答無用と、リーリング。
はじめの1枚は35~6センチとやや小ぶりだった。
でも嬉しい1匹であった。

  
釣れるのは巨大なフグ、フグ・・・
早朝は快調なのだが・・・
午前7時半までに、35~40センチを5枚釣り上げた。
隣りの船長は6枚。
いつものことだが、今日は釣れるぞと思った。
今日こそ、朝だけのノビタという汚名を返上してやると、思ったのだが・・・。
7時半以降はさっぱり。
釣れるのはフグばかり。

この伏兵に、ハリスを次々と切られてしまった。
予備のハリスを持って来なかったので、その度に仕掛けごと交換。
船長に、釣れている仕掛けでやらないと駄目だ!
と言われたが、仕掛けを5回も交換。
確かに、アタリ仕掛けは交換してはいけないということを、あとで実感した。

あとが続かない
それでも船長は頑張った。
海中から船に引き上げるときに良形を2枚バラシたが、午前10時半までに10枚も釣り上げた。
午前10時半過ぎ。
仕掛けを、早朝に使用した物に似たものに交換すると。
午前10時40分、6枚目、40センチほどのマコガレイがやっと来た。
その後、フグに針を1本取られたまま続けていると、午前11時、7枚目がきた。
それが全てであった。

午後12時。
沖上がり。
フグはいらないと海に捨てようとすると、船長がホーボーと交換してくれた。
今日の竿頭は船長が10枚、2番手は8枚。
結局、今日もノビタは7枚で最下位。
マコガレイの船釣りは、ホントに奥が深い。
ズルズルズル底なし沼に引き摺られていくようだ。

本日釣果
マコガレイ  35~40センチ  7匹
フグ      20~30センチ 12匹(船長が釣ったホーボーと交換)

The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO