2011年12月14日(水)  午前6時20分~午後12時20分
       那珂湊 海水温 12.1度
       那珂湊の潮汐 中潮 満潮  7:15  干潮 11:59
ノビタの釣り天国

       
2011年12月14日(水) 那珂湊沖のタコ釣り

          明日を約束する9匹!

                                   良形3匹を含む9匹!
今日も初心者と対決
午前6時20分、釣り開始。
空が雲に覆われ、まだ夜は明けきっていなかった。
はじめの戦場は、那珂湊沖の水深10メートルほどの浅場。
30分ほど探ったが反応なく、船はそこから25分ほど走った深場に移動した。

灰色の雲が空を覆い。
冷たい北風がビュービューと海上を駆け抜け、白ウサギが三角波の上で跳んでいた。
船を噛む波がザブン、ザブンと飛沫をあげ。
波が船底に潜るたびに、船は右に左に大きく傾き、まるでブランコに乗って釣りをしている気分であった。

今日の釣り客は、ノビタと初心者の2人だけ。
ノビタは左舷の中央、初心者は左舷の船尾(大トモ)で釣ることに。
初心者は船長にエサのサンマの付け方や、シャクリ方など教えられていた。
ー今日は負けられない。
かたさん流の釣り方で臨むのである。
これで負けるはずがない。
焦る気持ちを抑えるため、
「勝つと思うな 思えば負けよ
 負けてもともと
を、念仏のように唱えていたが、初心者を意識し彼から目が離せなかった。

BGM
今日の海は、厳しい冬の海だったが。
気分は、オリビア・ニュートン・ジョンの『そよ風の誘惑』である。
















はじめの1匹
船の揺れが、タコのアタリを拡散する。
釣りを開始して、2~3分ほど。
                                         
海は荒れていた
・・・と。
30メートル下の海底まで伸びたロープが、ピーンと張リロープを持つ手がグンと引っ張られた。
ロープを引いてみた。
動かない。
力を加えて引くも動かない。
ー根掛かり?アタリ?
ロープを弛ませ、1、2、3、4・・・10と数へ、もう一度、今度は渾身の力でロープを引いてみた。
ー浮いた。
  タコだ!

「コナクソー!」
と叫びながら、ガーン、ガーン、ガーンと3度大きくロープを振り上げ、そのあとロープを船縁に滑らせながらたぐり寄せる。
途中、重量が消えるたびに、
ー逃げられたか?
とドキリ、不安になりながらガーンと大きくロープを振り上げ、タコの重量を確かめると。
ズッシリ重さが伝わってくる。
そして、
「エッサ、エッサ、エッサ・・・」
と海面に引き上げ、そのまま甲板にゴボー抜き。
「汝の敵を愛せよ!」
愛すべきタコ入道が、ビッシャ!と甲板につぶれた。
はじめの1匹は、2キロほどの良形だった。

       
必殺タコだまし
人がいない時は
その10分後。
また同じ感触がロープを持つ手に返ってきた。
さっきと同じサイズであった。
午前8時までに4匹、釣れた。
初心者は、まだ1匹。
この時点で、今回はもう余裕であった。

「サトウさん、人がいない時は調子がいいね!」
と船長が、スピーカーごしに叫んでいる。
ーそりゃそうだ。
餌がところ狭しと降ってきたらタコだって迷うであろうよ。
餌が一つしかなければ、迷わず飛びつくでしょうよ。
それに今回は、かたさんの必殺タコ釣法と、赤白の横断幕風にした『必殺タコ騙し』で臨んだのであるから。

                                             
過密都市
沖上がり
午前10時までに8匹。
午前11時までに小ぶりなタコを1匹追釣、それが最後であった。
そのあと仕掛けを2個、根掛かりで失い、納竿。
午後12時20分、沖上がり。
初心者は途中で船に酔い休戦、結果は2匹だった。

本日釣果
真タコ  0.6~1.9キロ 9匹




The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO