2012年9月5日(水)  午前1時50分~午前5時
       那珂湊 海水温 21.5度
        那珂湊港の潮汐 中潮 満潮  6:44  干潮  0:18
ノビタの釣り天国

       
2012年9月5日(水) 磯崎のアジ釣り



         良形狙いの夜


                                      良形はたった2匹
魚釣島の話し
「人間は弱い一本の葦である。しかし考える葦である」
(『パンセ』 by パスカルより)
ー俺は考えた。
今、日中で争点となっている魚釣島について。
魚釣島は名が示すようにひょっとすると、魚が釣れる島ではないのか。

ならば、
この島を日中共有の釣り公園にし、日中友好の架け橋にしてはどうだろう。
かつ、周囲300キロメートルは海洋資源重要保護地域として、手つかずのまま未来に残す。
ー災い転じて福となす。
おりしも今年は、日中国交正常化40周年、その記念事業として提案したいものだ。(チャンチャン

ボクのパソコンには、世界に一つしかないアプリケーションが入っている。
それは、入力した日誌などのレポートに調味料を加えて料理するお助けマンソフトだ。
調味料とは、お笑い度、まじめ度、格調度、技術度など。
この調味料を下ごしらえした文の上からパッパッパと、その日の気分に応じて10パーセント、5パーセント、20パーセント、5パーセント・・・とふりかけると日誌が完成するのであるが。
最近、この調味料が枯渇してきた。
補給したいのだが・・・、今のところ全くあてがない。
ーケセラセラ(なるようにしかならない)。

BGM
今日のBGMは、ジョン・デヴィッド・サウザーの『You're Only Lonely』、日本語にに訳すと”独りで寂しい時には”か。
久々にKeiさんの訳である。


「この世の全てがその小さい肩に

のしかかるような時や

寂しくて気持ちが萎える時

誰かに抱きしめて欲しいだろ?
・・・」






磯崎へ良形狙い
今日は数ではなく形を狙おうと磯崎へ。
午前1時50分。
釣り開始。
真上に半月が煌々と輝き、星めらがテカテカと夜空にさんざめく。
月明りに伸びた白い堤防に人の気配なし。
北からの微風あり。
暑くもなく寒くもなく最適の夜だった。
時々、ドドーン!と海がクシャミをし、堤防に白い牙をむいて噛み付いてくる。
その度に、波に飲み込まれるのでは、とノミの心臓がビビビビ・・・と震えていた。

先日、針掛かりした半分はテトラに飲み込まれたので、竿は錘負荷30号の投げ竿から錘負荷20号5.3メートルの磯竿にかえた。
仕掛けは白スキン7号針は小さいので、白スキンの9号針にしたかったけど上州屋になかったのでシラスキンの9号針を使った。
結果、9号針ではアジをテトラに飲み込まれなかった。

   
今日も暑くなりそう
良形は2匹
はじめの1匹が釣れたのは釣り開始から5分後。
15号の赤い電気浮子が黒い波間で沈んだり浮いたり、
「・・・?」
リールを巻きながら岸に引き寄せてきたが手応えは小物、堤防上に転がったのは期待はずれの15~6センチの小アジだった。
このあともポツリ、ポツリきたけれどほとんど15~6センチの小アジばかり。
食いが悪いので8号針のサビキに替えると食いが少しよくなったが、テトラに2匹飲み込まれたので、またシラスの9号針に戻した。

午前3時ころ釣り侍が一人、隣りにきたが全然釣れない。
何をしに来たのだろうと言いたい。
東の空が薄っすらと白んできたころ、待望の20センチオーバーが2匹釣れた。ーホッ
午前4時半を過ぎると、まったくアタリが消えてしまった。
午前5時、コマセがなくなったので納竿。


本日釣果
アジ   15~18センチ  10匹
      23~24センチ  2匹


The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO