2012年1月27日(日) 快晴
       那珂湊 海水温  ーー.ー度
     那珂湊港の潮汐 大潮 満潮 15:31  干潮 10:08
ノビタの釣り天国

       
2012年1月27日(日) 午前6時25分~午後12時15分 那珂湊~大洗沖のヒラメ釣り


         なんとか釣れた日

                                       ムシガレイ含む3匹
寒さが何だ!
「チャンチャカ、チャンチャカ、チャンチャカ・・・
携帯の呼び出し音が鳴っている。
ー誰だろう?
甲羅から首と手を出し、携帯を掴んだ。
このところ日本列島は寒波に蓆捲され、海は荒れ放題、そして寒さもハンパじゃない。
これはたまらんと、亀のように手も足も首まで甲羅に隠し、じっとしていたのだ。
携帯を見ると、近藤船長からだ。
「モシ、モシ」
明日はヒラメを追うらしい、その誘いだった。
寝ている虫が起こされ、
ーラッキー・ストライク・アゲイン!
とばかりに、誘いに応じたのだが・・・。

午前4時45分。 
ロシナンテに跨り、自宅を出発。
気温は零下5度。
西の空、黒々とした屋根の上に銀色に冴える丸い月があり、それを囲むように千切れた白い雲が並んでいた。
星は月光に霞んでいたが、今日は天気には恵まれたようだ。
国道245号を、トラックと競いながら突っ走った。
右から襲う凍風(西寄りの風)が、鼻水を誘い、ハンドルを握る指や、踏み台の上の足指が凍えてヒリヒリと痛い。
ー冬に釣りなんて、苦行でしかないのでは?

      今日も釣り日和だった
はじめの1匹は
午前5時15分。那珂湊港の船着場。
船の前、闇の中に黒い人影あり。
ロシナンテから荷を下ろし、運ぶと。
「おはようございます」
人影はコムさんだった。
彼の話しでは、今日乗船する釣り侍は5人、そのうち4人が右舷側なので、左舷側はどこでも好きな所でやれると言う。
ということで、今日は左舷側を独り占めにし、その大トモ寄りでやることにした。

午前6時5分。出航。
まっ黒な海を、トットットットッ・・・と東に15分ほど走った所で停止。
午前6時25分、釣り開始。
海は凪ていたが、西から凍風がビュービュー吹いていた。
針を口と腹に刺したイワシがパタパタ暴れ、それに錘80号を付けた仕掛けをドボーンと海に落下。
水深40メートル、仕掛けがトンと海底に着底したところで、仕掛けを50センチほど引き上げ、敵を待つ。
10分、20分。
竿を持つ手指が、悴んでくる。

と・・・。
ーググッツ、ググッ、ググッ。
明確なアタリだ。
竿先を海に潜らせ、
「あわてるな。邪魔はしなぞ」
とささやきながら、待った。
ググッ、ググッ、アタリは止まらない。
そして、
「フイッシュ・オン!」
タモ入れを船長に頼んだのだが・・・。
船上に引き上げたのは、38センチのムシガレイ。ーああ。

                                        
痛烈なドラマがあった海
痛烈なドラマが
ヒラメの第1号がきたのは、午前8時半。
43センチと、小さかった。
そのあと2度ほど、アタリがあったが針掛かりせず、イワシの背中に歯型がついていただけ。
今日の餌のイワシは17センチ前後と小さかったが、それを飲み込まないとはヒラメも小さいようだ。

午前10時半。
たまたま、20センチを超える大型のイワシを入手した。
それを餌に待つこと5分、カップラーメンが食べられるほどの時間が過ぎたときだ。
いきなりガガーン!と、竿先を張り倒すアタリ。
そのままガガーン、ガガーンと猛獣が暴れるアタリが続き。
そして、一気に竿先が船の真下に引き込まれて行った。
「クソッタレ!なめるんじゃねェ」
と竿を折れんばかりに持ち上げたトタン。
ースポッ!

   
今日の餌は小ぶり
仕掛けを回収すると、餌のイワシの中央から後ろの片身が削げられていた。
それでもイワシは、健気にパタパタと元気に尾びれを振っていた。
芝居なら、
「よくぞご無事で」
と、桜吹雪が散る場面ではなかろうか。
でも冷酷な釣り師は満身創痍のイワシを、もう一度、ヒラメに食べてもらおうと針をつけたまま海に戻したのである。
そして待ったのだが、傷ついたイワシを食べるヒラメはいなかった。

沖上がり
11時。
40センチ級ヒラメを、1匹追加した時だった。
釣ったヒラメを針から外し、竿を手に持った時にコツンといやな感触が。
と、眼の前に竿の先が落ちてきた。
竿の先から50センチほどの所で、竿先が折れたのだ。-ああ。
そのあとは折れた竿先を取り払い、残った部分だけで釣り続けたが、戦意のない戦いに。
午後12時15分、沖上がり。

今日はトップも5匹と、船全体があまり芳しくなかった。
水温が低くなったせいなのか、ヒラメもそろそろ終盤のようだ。

本日釣果
ヒラメ  42~43センチ 2匹
ムシカレイ 38センチ 1匹 

The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO