2013年3月17日(日) 快晴 波高し
       那珂湊 海水温  ーー.ー度
     那珂湊港の潮汐 中潮 満潮  6:28  干潮 13:18
ノビタの釣り天国

       
2012年3月17日(日) 午前6時~午後12時半 鹿島灘のヤリイカ釣り


        惨憺たるヤリイカ戦!

                                          とほほの4ハイ
ヤリイカお前もか!
3月17日(日)。
鹿島灘沖のヤリイカ戦に、燃える火の勢いで臨んだけど。
先日の常磐沖のマコガレイに引き続き、今度はヤリイカに裏切られてしまった。
「ブルータスお前もか!」
「ヤリイカお前もか!」
ーああ。

「明日ありと思う心の仇桜」。
明日もあると思っていたら、一夜にして桜は散っていた、と言うわけ。
常磐沖のカレイも、鹿島灘沖のヤリイカも、スタコラサッサとハダシで逃げってしまったのか、海は一夜にして過疎地帯に。
常磐沖のカレイは、妄想の汚点(シミ)のように漁船の底引き網が気になる。
遊漁船のヤリイカ情報が、3月13日以降ネットに更新されない理由。
ーなぜか?

    
那珂湊と大洗の遊漁船が集結
そのわけが、昨日(3月17日)のヤリイカ戦でわかった。
昨日、鹿島灘沖に集結した那珂湊や大洗の遊漁船は十数隻、その日の釣果をネットに流したのはそのうち1隻だけ。
その一隻が流した釣果も、0~25匹のトホホホ情報。
昨日の常磐沖カレイも、20~28センチのカレイが2~5匹と、こちらもトホホホ情報。

また。
トッポ・ジージョの、
「ユーザ・ミ・デイッチ・マイ!(何てこったい)」
が聞こえてくるようだ。

航程1時間の鹿島灘沖
さて話しを戻そう。
近藤船長の船に乗船したイカ釣りの百戦錬磨は、ノビタやコムさんを含め8人。
そのうち6人が、凡そ1.5mのビニール製筒7~8本を束ねた高射砲を、舳先に斜めに立てていた。
これは、錘を海に投げると同時にイカ仕掛けが飛び出す装置だ。
ノビタは仕掛けを、1本、1本、海に投入する原始的なやりかた。
この日の釣果は0~13匹、釣り方や仕掛けと関係なくヤリイカはいなかったようだ。

                                    
期待に燃えていたのだが・・
船が港を出港したのは、午前5時。
逆巻く海を南に1時間走り、鹿島灘の海で釣りを開始したのは午前6時。
海は、船を上げ下げする立っていられないほどのウネリがあった。
既に、黎明の海にヤリイカ船が5艘集結していた。
ノビタは左舷のミヨシで釣った。
仕掛けは、プラズノとスッテを組み合わせた7本針の全長8メートル、それに錘80号を使用。
右舷に4人、左舷に4人。
ノビタは左舷のミヨシで竿を振った。
はじめ水深42メートルを狙った。

釣れるのは右舷だけ
開始からポツ、ポツと右舷で上がりはじめたが、左舷は沈黙したまま。
初めのヤリイカ1匹、45センチがきたのは午前6時半。
それから10分後に40センチを追釣、この時は未来に期待を持ったのだが・・・。
それから。
10分、20分、30分、40分、・・・1時間、2時間、3時間。
水深は50、60、70、80メートルと深くなっていくが。
ー来ない!
アタリもない。

   
波がザブンザブン
それでも右舷側は、ポツリ、ポツリ誰かが釣っていたが、左舷側は朝から時間が止まったまま。
10時過ぎに、24~5センチのヤリイカのダブルがきたのが、最後だった。
これ以降、右舷もシーンとなる。

沖上がり
午後12時半、沖上がり。
この日、ノビタのいた左舷側の4人は0~4ハイ。
右舷側は、8~13ハイ。
今日の船の停止位置は、終始、左舷から右舷に流れる潮であった。
どうもその関係で、右舷の釣果が伸びなかったようだ。

本日釣果
ヤリイカ   24~43センチ  4ハイ

The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO