2017年4月6日(木) 快晴
       那珂湊 海水温  11.6度
  那珂湊港の潮汐 長潮 満潮  11:10  干潮  6:29
ノビタの釣り天国

       
2017年4月6日(木) 午前5時40分~午後12時10分 大洗沖


     
   今後に期待の6匹!


                                  
   マコガレイ6匹、真タコ、カナガシラ
ベルサイユのブタ

人間世界には”やらずぼったくり”という商いがある。
気のあるように見せかけ、身ぐるみはぎとるサギ商法だ。
海にもいる。
ククッククッククッと思わせぶりな信号が、竿を持つ手に送られてくる。
ーキタキタキタ。
と一瞬、釣り士は舞い上がる。
ところが。
仕掛けを引き上げると。
ーやられた・・・。
3本針の仕掛けの真ん中の針がない。
エサだけじゃない、針までぼったくられたのだ。

映画のCMではないが、
「ノーモア・エサ・ドロボー!」
もちろん犯人はベルサイユのブタ(フグ)だ。
世の中桜花爛漫。
いよいよ常磐沖座布団カレイの喰いが活発になる季節。
ところが招かれざる客ベルサイユのブタも食い気が旺盛になる。
光りと影、とにかくご用心。

         
いざ出撃
捲土重来

先週も出撃したけど。
しけ続きで底荒れしていたのか、30センチほどのムシカレイ1匹で終わった。日誌を書く元気もなくなり更新しなかった。
今回は捲土重来の出撃である。

午前4時20分、那珂湊港着。
黎明の静謐に包まれた岸壁に先客の車が5台、ひっそりと停車していた。
船から伸びるロープを手繰り、船に乗り左舷中央より前寄りに荷物を置いた。
空は薄い雲で覆われ星もない。
風もなく暖かい朝だ。
釣り道具をバッグから出し、ヘッドランプの灯りをたよりに準備をしていると、空はしだいに青みが濃くなり港はぼんやりその姿を現してきた。
午前5時5分。
明るくなった港を、つれたか丸は釣戦者6人を乗せ出航。
風もなく穏やかな海面を、船は南に向かって驀進した。
                                            
穏やかな海を行く
はじめの1匹
午前5時40分現場着。
即、釣り開始。
開始から10分ほど。
左隣りの釣り士が30センチほどのムシカレイを釣った。
次は俺だと、しゃかりきになって海底を錘で小突く。
10分、20分、30分・・・。
ノーアンサー。
音信不通。

海底から応答が届いたのは午前6時25分。
わりと弱弱しいククッ、ククッ、ククッの信号。
竿先を海面近くまでおろし、道糸をリールから30センチほど送る。
ーしばし待て。
 食わせるんだ。
 警戒させるな。
 1、2、3、4、5、・・・・30。
 
竿先を静かに持ち上げてみる。
ククッ、ククッ、ククッとさっきより強い引きが。
ーよし今だ。
竿先を持ち上げ、リールを巻く。
水深32メートル、途中、何度か強い反撃を浴びながら海面に浮上させ、となりの釣り士にタモ入れしてもらった。
はじめの1匹は、42センチのマコガレイ。
春の奇跡か気まぐれか。
仕掛けを海に返した直後に、ククッ、ククッ、ククッとまたまたアタリ。
ー入れ食いだ!
2匹目も40センチオーバーのマコガレイだった。

          輝く海
閑古鳥が鳴く海
このあとが続かない。
まるで、客足が途絶え閑古鳥が鳴いている店のような海。
春の陽光が降り注ぎ、海はその光りを弾いて眩しいほど輝いていた。

どんなに頑張ってもダメな時がある。
それでも小突き続けねばならない。
小突きを止めたら釣れない。
それがカレイ釣りの金科玉条なのだ。
となりの釣り士は時々、30センチ前後のムシガレイを釣っていた。
ーなぜ俺には来ない?
もう迷うまいと思っていたのだが。
ー小突きかたが悪いのか?
 仕掛けが悪いのか?
 釣り座の場所が悪いのか?
「人間は努力するかぎり、迷うものである」
 (ゲーテの「ファスト」より)
                                              
荒れてきた海
やっときた
午前9時過ぎ。
しだいに南風が強くなり、膨らんだ波が次々と船を押し上げ押し下げ。
立っていられなくなり座って竿を上下に振っていた。
2匹目を釣った後、音信不通となり2時間半経過。
すっかり戦意が色褪せ、悲愴感が胸奥に満ちてきた時だった。

午前9時10分。
久々に40センチオーバーのマコガレイがきた。
その5分後、40センチオーバーと32センチのマコガレイがダブルできた。
元気を取り戻し、また小突き続ける。
午前9時50分に40センチ級マコガレイを1匹追釣、これが最後の1匹となった。
このあとは25センチのカナガシラ1匹、それに600グラムの真タコ1杯を追釣してジ・エンド。

                                                    
おまけの1杯
本日釣果
マコガレイ    39~43センチ 5匹
          32センチ    1匹
カナガシラ    25センチ  1匹
真タコ       600グラム  1杯
イイダコ      50グラム   1杯



The END