ノビタの釣り天国
 
2018年3月15日(木) 午前6時~午後12時
  那珂湊沖のマコガレイ



     
   初戦大漁!


        マコガレイ9匹、ムシガレイ10匹















カレイは永遠の恋人

沖にいるカレイ釣り、15年以上やっている。
でもまだその攻略法を極められない。
これほど奥の深い釣りを他に知らない。
彼女(カレイ)は、時に俺に寄り添い、時に俺を突き放す。
その都度、俺を悩ませ、狂わせ、躍らせる。
そして、俺を夢中にさせる。
「人間は、時として、充たされるか充たされないか、
 わからない欲望のために一生を捧げてしまう。
 その愚を哂う者は畢竟人生に対する路傍の人に過ぎない」
(『芋粥』by芥川龍之介)
マコガレイ攻略に一生を捧げても、おれは悔いはないぞ。

                           
絶好の釣り日和
3月15日(木)は。
予報では海も久々の凪。
風も弱く、気温は20度を超えるようだ。
ー今だ!
ここ3ケ月、釣りに行っていない。
釣りへの渇望が限界である、体中が火照っていた。
この熱を冷まさないと、精神に異常をきたす危機的事態だった。
昨日、船長に予約した。
OKをもらう。
とたんに導火線に火が点いた。
火花がパチパチと空気を焦がす。
明日は那珂湊沖で爆発だ。
ーマコガレイよ逃げるなら今のうちだぜ!

   
海はベタ凪
早朝
そして当日の朝。
まだ暗い午前4時半。
迎えにくるふったさんを玄関で待っていた。
空を見上げると、群青の夜空に点々と星が瞬いていた。
雲のかけらもない空だ。
今日の天気は保証されたようなもの。
絶好の釣り日和だ。
そして。
黎明の闇に2つの白い目が輝き、そのまま近づいてきた。
ふったさんの2トントラックだ。
那珂湊港に着いたのは、午前5時10分。
先客の車が2台船着き場に止まっていた。
船はガラガラ空いていたので、左舷の大トモに俺が、ふったさんは左舷の胴間に席を取った。
ふったさんは自作の仕掛けを持ってきた。
彼には予め、マコガレイとムシガレイの仕掛けの作り方を伝授していた。

船が港を出たのは、午前5時40分。
今回、カレイ戦に臨む釣戦者は我々を含む4人。
船は春うららの海を沖にむかって奔った。
微風に起こされたか、海は縮緬皺の波に覆われていたがうねりはなかった。
30分ほど疾走したあと、船は止まった。
すっかり夜は明け、海も空も青々と広がる。
柔らかく吹きすぎる風が気持ちよい。

本日活躍した仕掛け
小突き方について
午前6時。
釣り開始。
はじめに選んだ仕掛けは、スネーク天秤吹流し3本針全長74センチのマコガレイ仕掛け。
錘は40号を使用した。
ふったさも同じ。
この仕掛けは、あくまでもターゲットをマコガレイに絞ったもの。
水深33メートル。
早速、仕掛けを投入し海底を錘で小突く。
これは独断と偏見かもしれないが。
小突き方もマコガレイとムシガレイでは微妙に違うと思っている。
マコガレイの小突きは、北島三郎の『与作』を歌いながら小突くと良い。
ー与作は木を切る
 トントントン トントントン
とわりと小刻みに。
これに対しムシガレイは、
南佳孝の『スローなブギにしてくれ 』である。
かったるいような、けだるいようなスローな小突きで攻める。
この違いが、ささいな変化が重大な結果を生み出すという「バタフライ効果」となる。
信じるか信じないかはあなたしだいですが・・・。

                            
ダブルだぜ
入れ食い
開始から3分ほど経過。
隣りのふったさんが小ぶりながらムシガレイを釣り上げた。
狙いはそれたが、カレイはカレイだ。
つづけてまた同じようなサイズのムシガレイを釣り上げた。
入れ食いだ。
まだおれには来ていない。
開始から5分ほど経過、ククッククッ・・・と海底に伸びる伝線から手元に信号が届いた。
そのままリールを巻き引き上げる。
初めの1匹は30センチオーバーのムシガレイだった。
狙いはそれた。

小突き方はマコガレイ狙いの『与作』で攻め続ける。
来るものは拒まず、予想に反して釣れるのはムシガレイが続いた。

   
食べるにはカレイより上かも
午前7時10分。
ググッ、ググッ、ググッと今までとは違う重量感のある引きが。
船上に引き上げたのは36センチのマコガレイだった。
午前9時までに30センチオーバーのマコガレイ4匹、ムシガレイ4匹釣っていた。
潮の流れが良く、アタリは頻繁にあるのだがなかなか針掛かりしない。
フグではない。
餌が残っている。
11時過ぎに、ふったさんが釣り上げたのは25センチほどの花鯛。
この花鯛がエサ取りだったようだ。
ふったさんはこのあと午前11時36分、1.5キロ(家で計量)のタコを釣り上げた。






















沖上がり
午後12時、沖上がり。
今年初めての初陣にしては、上出来だった。
ふったさんもムシガレイ14匹、マコガレイ2匹、花鯛1匹、タコと満足した釣りになったようだ。
「明日は明日の風が吹く
今日は今日の風に任せる
好日、好事だった
ありがたしありがたし」
(山頭火)


本日釣果
マコガレイ   24~42センチ  9匹
ムシガレイ   20~36センチ    10匹

The END