ノビタの釣り天国
 
2018年3月29日(木) 午前5時25分~午後12時半
  那珂湊沖のヤリイカ



     
   悪戦苦闘のヤリイカ戦


                                              ヤリイカ4匹
期待外れ
ネットで見ると。
連日、日立、那珂湊、大洗の各遊漁船はヤリイカ大漁。
これを見たら期待しない方がおかしい。
ー今がチャンス!
この機を逃してなるものかと、那珂湊港の仙昇丸に飛び乗った。
ーが。
結果は、トホホの4匹。
俺の隣りにいた釣り士は1匹。
人が決まって嘘をつくとき。
それは、戦争の最中、選挙前、そして釣りの後。
釣りバカが嘘をつくのは、見栄をはる元気がある時だけ。
これほど完膚なきホド期待外れを喰らうと、
見栄をはる元気も湧いてこない。
むしろ釣れなかったことを自慢したくなるヨ。(エヘン)

                                          
鈴なりの釣り客
満員御礼のヤリイカ船
那珂湊港を出航したのは午前4時50分。
仙昇丸に乗ったヤリイカ釣戦者は18人。
船は真っ直ぐ那珂湊沖へ。
ここがヤリイカの主戦場なのか日立~大洗各港の遊漁船が
既に集結していた。
目の前をウロチョロする船は、どの船も客がこぼれ落ちそうなほどの鈴なり。
釣りを開始したのは午前5時25分。
水深50メートル。
仕掛けは11センチのプラズノ6本、120センチ間隔、錘は120号。

       
鏡の上に船が
釣り日和なのに応答なし
空は雲一つない青空。
風は南よりの微風。
海は、羊羹を切ったような真っ平。
気温は5月上旬のポカポカ陽気。
これ以上の釣り日和は無い、釣り日和だった。
仕掛けを海に落とすまでの期待は半端じゃなかった。
ところが1時間、2時間・・・。
ーノー・アンサー。
 ノー・ヒット。
 ノー・ストライク。
ただむなしく時が過ぎていくだけ。

今日も植木等の、
「あなただけが 生きがいなの
 お願いお願い 捨てないで・・・」
を歌いながら竿をシャクッテいたヨ。
願いが通じたのか、午前8時10~20分にグイグイと明確な引きが。
35センチ~45センチがそれぞれ1匹釣れた。
このあと10時に2匹、これが運の尽き。
船はヤリイカを求めて5分から10分間隔で南へ移動をつづけた。

午後12時半、沖上がり。
今日は、4匹釣れたのが奇跡のような日であった。
18人中、竿頭は21匹。
船の中央から前(ミヨシ)側の釣り士たちがよく釣れていた。
「負けないから」(これは3才の孫の口癖)
俺には、ヤリイカがだめならマコさまがいる。
ー頑張ろうぜ、明日こそは!




本日釣果
ヤリイカ   35~45センチ  4匹


The END