ノビタの釣り天国
 
2018年10月26日(金) 午前6時~午後12時
  那珂湊沖のタコ釣り



     
   初戦にしてはまずまず


                         真ダコ6匹













燃える想い

「いつもの海でいつも逢う
 ぼーず(坊主)頭の8本足
 もうくる頃 もうくる頃
 今日も待ちぼうけ
坂本九が歌う『明日があるさ』をアレンジしてみた。
一日千秋の思いでタコの到来を待つ俺の想いだった。

とうとう。
待望のタコが常磐沖で釣れはじまった。
毎日、ネットで那珂湊の釣り船の釣果をチエックしていた。
釣れている。
5~20ハイの時もある。
熱き血潮がマグマのように煮えたぎった。
竿頭より竿尻の釣果に注目する。
最下位は身につまされ現実味があるのだ。

沖のタコに挑戦しすでに十数年、時にはボーズも喰らった。
そんな時、
「ああ
 おまえは何をしに来たのだ・・・
 風が私に云う」
と何度、中原中也の『帰郷』のなかのフレーズをつぶやいたことか。
そのつど男の哀愁ここに極まるを味わったけど。
「明日がある 明日がある 明日があるさ
とおれの情熱の炎は燃え尽きることはなかった。


開始から35分
今日は仙昇丸に乗った。
那珂湊港に着いたのは、まだ夜が明けない午前5時過ぎ。
すでに船の前の駐車場に先客の車がずらり並んでいた。
湾内なのに船が揺れている。
外海が気になる。
午前5時45分、出港。
本日の釣戦者は俺を含む11人。
                                         
天気晴朗なれど波高し
船は外海に出た。
「天気晴朗なれど波高し」
空は青々と晴れ渡っていたが。
風はヒューヒュー波はドンブリコと海は荒れぎみだった。
航程15分。
釣りを開始したのは、午前6時。
錘220号をぶら下げたタコ天仕掛けを荒海にドボーン。
道糸は30号の撚糸だ。
水深25メートルほどか。
仕掛けが海底に着底と同時に、タコ天仕掛けで海底をコツコツと小突く。

仕掛けが潮に流され海底から浮く。
その都度道糸を少しずつ出して行く。
午前6時35分、仕掛けがガツンといきなり重い石を咥えたような。
海底はジャリ石の絨毯なので、根掛かりすることはない。
ーこれはタコだ!
道糸を引き、仕掛けを少し持ち上げてみる。
ー重い!
転瞬、道糸をたぐり後ろに仰け反った。
グワーッと海底から重い物体が持ち上がる。
極上の夢、至福の一撃だ。

頭から汗を散布しながら道糸をたぐる。
異様に重い。
ーひょっとすると大ダコ?
側で待ち構えていた船長のタモに納まったのは。
缶ビール大の石を2つ抱えた1キロ大のタコだった。

このあと7時35分までに同サイズのタコを2匹追釣。
直後に道糸が船上でダンゴ状態になり、それを解くのに20分ほど費やす。
8時5分にタコ釣りを再開。
すると同時にタコが仕掛けに乗った。

       
午後12時沖上がり
3時間の待ちぼうけ
この後が続かない。
1時間、2時間、3時間。
音信不通。
呼んでも、叫んでも、手を振っても、こたえてくれない。
午前11時に待望のアタリ。
海面まであと数メートル。
客への面倒見が良い絶滅危惧種のような船長が側にいない。
「船長!」
と叫ぶと、
「そこにいるよ」
と隣りの釣り士が笑っていた。
見上げると船長が側に立っていた。
このあと午前11時半にまた1匹釣れた。
昼の12時沖上がり。
タコ釣り戦、初戦にしては6ハイ、好調な滑り出しだ。

本日釣果
真タコ   0.6~1.5キロ   6ハイ

The END