2002年12月釣り師報告
えんがわ ボウズでも釣果報告! 2002年12月29日<日>20時03分

毎度。納竿いつもの調子で終了でした。
11月30日以来魚の姿を見ずに終わってしまった。
ボウズのまま年を越します。どこかの寺で除夜の鐘でもついてきます(笑)
 12・28 日立久慈港第一大漁丸で出船。
12人乗って船中4枚もちろんえんがわはボウズ 外道もなし。
海の状態はいいんですが、潮がぜんぜん動いてませんでした。

http://www.marinetime.net

LukyFishing 今年もあとわずか 2002年12月28日<土>22時43分

ノビタさん、お久しぶりです。
12/23、鹿島に行ってきました。アジ5匹をゲット。
久しぶりに魚の感触を味わいました。
今年はこれで竿納めです。来年、またガンガン釣行したいと思います。
今年も残すところ、僅かとなりました。
今年一年いろいろと情報をいただき、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。良いお正月をお迎えください。

http://www2.accsnet.ne.jp/~luckyf/ts_front_page.html

トッティ 釣り納めin城ケ島 2002年12月28日<土>19時25分

城ケ島にメジナ狙いで行きました。
天気は暖かく、気持ちよかったです。
釣果の方は、メジナの自己記録を超えたので、1匹でも満足でした!
それにしても帰るちょっと前に味わったひきはなんだろう・・
逃がした魚は大きい!ですかね

http://www.geocities.co.jp/Outdoors/2554/

Fisher 納竿 Date: Mon, 30 Dec 2002 16:27:20

ノビタさん、皆さん、こんにちは。
HFCのHPに黒鯛45cmが載りましたので、
たまらず相棒のマーさんと沖提に渡りました。

★12/29 1番船 日立沖提 カイズ&ヒラメ狙い

朝5時半サウス到着。前にマーさんの車、今日は殆ど
同時到着だ。サウス店でコマセと挿し餌と渡船券を
購入。E−子さんに”出ましたよ昨日45cm2枚”と
言われる。”はい、見ました。たまらず来ちゃいました”
とご挨拶を交わし、店を出る。マーさんと乗船準備開始。

うわー!またやった!!先週同様またしても足がない。
今日は忘れない様、真っ先に車庫に出して置いたのに。
まーさん、ブーツない。っていうと背中で笑いをこらえてる。
2番船で行くかと言うから、まだ40分だから10分あれば
往復できるよ!1番船だ。と言い残し死ぬ気で飛ばす。
車庫に間の抜けたブーツがチョコリ、慌てて掴み車に
放り込む。記録更新だ。約束通り50分にサウス店に
再到着。急いで着替えて出船間際の船に飛び乗る。
ヒラメ船龍翔丸が先に出航、沖提龍翔丸が続く。

北側の粗大ゴミ周辺へは立ち入らない様にの注意を
受け堤防上陸、思惑のポイントを目指す。
下船最後の方だったが気が付けば先頭、先に誰も
いない。一抹の不安は在るもののやっぱり1番は気持ち
いい。到着寸前振り返ると某有名黒鯛クラブの面々が
向かってくる。狙いに間違いは無い。

本命は外側テトラだろうがヒラメの都合と昨日は風無し、
今日はきっと午後は風出ると予想し、安全策のポイント
へ入釣。有名黒鯛クラブの面々は迷わず外側へ。

早速、ヒラメに取り掛かりマーさんと合計竿4本ブッコむ。
続いてカイズの準備に移行し、コマセを作る。
今日は時節柄、冷凍庫の大掃除を兼ねた餌になる。
アジの時期から出漁の度お供し、再冷凍を繰り返した
アミブロック1個と同じく予備の挿し餌として買ったが
出番がなかった沖アミ1個を砕いて混合生物とする。
バッカンの片隅に使いかけのおから団子も発見し、
今日は潮澄んでるし、と砕いた生物に絡める。
思いのほか良い感じ。(ホントか?)(^^;

3B負荷の涙ウキでカイズ開始。反応見られないも
沖アミは毎回かじられる。久々の生物反応だ。
程なく、マーさん共々フグバトル。それにしてもこいつら
の生命力には敬服する。水温7℃を切っているのに
何と云う適応力。

若潮が災いしたかヒラメはお留守。反応皆無。
ここまで入れ物ごと2回釣ったのみ。(根掛り)

カイズは大掃除コマセの効果かウキに反応が出始める
も相変わらずフグ。マーさん海タナゴを絞る。
近付いたじゃん。続いて手の平メジナと先を越される。
雨ならぬフグが降ってくる!?マーさんの悪戯だ。
キック&リリース。お返しだ、釣たてのフグを投げ返す。

そうこうしてると予想通り風が出て、段々強まる。
外側、有名黒鯛クラブも外ガイド竿で苦戦の模様。
やっとFisherにも平打ち系、巻いても止めても平打っ放し。
やっぱり海タナゴ。美味しくなくてもこの時期久々の釣果。
マーさん夢中なのでそっとマーさんスカリに入れておく。
お礼肥えとコマセを入れ打ち返す。これで付け餌が残れば
期待大と思うも強風で思う様に仕掛けがなじまない。
コマセを打ち続けながら、ウキを1号に付け替える。
今度は快調になじんでいく。久々に明快なアタリでウキが
沈む。良型海タナゴ、手の平、3連荘だ。マーさんスカリへ
全部格納しておく。

バッカンごと遠征していたマーさんご帰還すると、いきなり
インタビューを受けている。どっかで見た気がする
おっちゃんだ。しきりにインターネットという言葉が聞こえる。
そうだ一昨日の龍翔丸のヒラメのおっちゃんだ。
皆は1枚だが私は2枚釣ったと体の良い自慢話をしている。
我々のヒラメ竿を指し、ここでヒラメ釣れるんですか?
マーさん、隣のやつ(Fisher)この間だ釣りました。なんて
答えると詳しい場所を聞き出し、あっという間にそこへ
飛んで行った。我々同様、釣師の悲しい性だ。

続いて外側有名黒鯛クラブもスカリが気になったのだろう、
マーさんにインタビュー開始。大した事無いですよ!
本命は居ませんからって聞いて安心して去って行く。
何せカメラマン同行ですから重圧がかかっているのでしょう。
月刊○○情報に何らか掲載しないといけませんから。

マーさんやっとスカリの中が賑やかになってる事に気が付く。
何時の間にって言うから、さっきと答える。
恨みっこ無しの年の暮れ、マーさん海タナゴ3匹手に平メジナ
一匹。Fisher海タナゴ4匹+大型サッポロビール3個。

それにしてもインタビューは何で何時もマーさんに来るのかと
分析するときっと道具の違いだ。マーさん徹底したSIMA○野郎。
BBXとかのワッペンがやたら貼りついた救命胴衣、XT以上の
竿にリール。むむむー。Fisherは年代物のGETっすから。
来年はFisherもSIMA○野郎だー。という訳で貧乏釣師はEV
シリーズのアウターを買い揃え見栄を張るのでした。

ノビタさん、今年はお世話になりました。色々勉強になりました。
また、素晴らしい釣仲間の方からのお話も聞く事が出来、
光栄でした。月並ですが来年も宜しくお願い致します。


Fisher 寒かったですね! Mon, 23 Dec 2002 01:43:28

ノビタさん、皆さん、こんばんわ。
21日はやられましたね、雨。予報は曇りだった筈なのに
見事に雨が降りだし、ずぶ濡れになりました。

★12/21 大洗堤防 ヒラメ、カレイ、アイナメ狙い
マーさん、マーさん、ネットで見つけたよ!大洗堤防!
先週94cm8K弱のヒラメ釣れたらしい。陸っぱり記録だって。
ふーんって言ったがその後言葉なし、乗り気じゃないのかな。
他にも40オーバーカレイにアイナメが釣れたって!
マーさんやっと反応を示すが冷たい一言。ポイント分らん。
大丈夫だよHPに船頭が詳しく教えてくれるってあったよ。
ふーん、じゃあ行ってみる?と言う事で出漁決定。
例の如くスーパーで1パック100円のから揚げアジを仕入れ
アイナメ用にから揚げエビ298円も追加した。

翌朝、防寒に身を包み意気揚揚と出陣。
国道に出て一路大洗を目指すが、不安に駆られ装備に
思いを巡らすと、ギャー足がない。ブーツ積んでない。
どうして何時もこうなんでしょうね!慌てて逆戻りしブーツを
積むも30分以上無駄にした。マーさんもう大洗到着とメール。

死ぬ気で飛ばせば1番船まだ間に合うかもと電話で返信する
と、慌てるな。どの道乗り場が分らんし、着替えの時間もある
から明るくなってからゆっくり行こうぜ。御免!何と寛大な
お言葉。イソメある?と聞くと無いらしい。遅れ次いでだから
要れば買ってくよと云う事でまたもやUターン。
イソメとコンビニおにぎりを買って7時に到着。

本当に乗り場が分らん。ウロウロするも、らちが開かない。
えーい。船頭の携帯に電話しちまえ。トギレトギレに乗り場の
説明を受け、やっぱここで良いんだと納得。今沖提に居るが
5〜6分で迎えに来るとの事。慌てて身支度をしていると
船到着。ほっ、ドタバタの挙句やっと2番船に乗れた。

HPの内容とは大違い。何の情報も得ないまま堤防に上陸。
周囲を見渡すと両極端、中央に釣り師の影なし。
マーさんと協議の上、北側の人だかりを目指す。
渡船アシスタントが宿帳の様なものを持って点呼を取っている。
先週のヒラメの話を皮切りに情報を聞くとやっぱり北側だった
との事。日立に比べれば広めに取られた1人分の釣り座を
かい潜り、なんとか1人分の所へ2人で入釣。(日立流)

1本また1本と竿を出し、4本目を出し終えても相変わらず
生物反応が見られない。マーさん海老竿に毛が生えたやつを
持ち出し早くもアイナメを求め徘徊しオレンジ色の点と化す。
早技、早々ドンコをぶら下げて、どうする?持ってく?
とりあえず、バケツに放り込んどけば。

Fisherも5本目の海老竿を持ち出し参戦。
遅れ馳せながらドンコをGET、マーさんバケツに放り込む。
既に4つも入っている。むむむー。
やめとけば良いのに何でこうなるの?イワシに次ぎまたしても
低次元ドンコバトルに陥る。
2匹目を持って釣座へ戻ると三脚諸共Fisherの竿が堤防に
散乱している。くっそー風かと、片っ端から仕掛けを回収し、
餌をチェックし投げ返す。最後にヒラメのから揚げアジを
引き上げると、アジがいない。親バリが下がっている。
ガーン、ドンコと遊んでる場合かアホ。

竿を持っていかれずラッキーだったのか、針掛りしなくて不運
だったのか、鶏と卵状態に突入しながら再投入するもその後
は反応無し。でももう離れられない。じっと我慢の子と化す。

そう云えば海老竿はと思い返すとマーさん釣座との間に転がって
る。陸に置いといても何にもならんと足元にドンコいやアイナメ
仕掛けを落し、様子を伺うと、いきなり反応が出た。
なーんだ、遠くに行かなくても足元でやれば良かったんじゃん。
2回空振後、遂にアイナメ仕留めたかと思いきや2倍サイズの
ドンコ、マーさんバケツに入れておく。

マーさん6匹目のドンコをぶら下げてご帰還。どう調子は、って
云うから、竿散乱事件と2倍サイズのドンコGETを報告。
マーさんも片っ端から仕掛けを点検再投入実施。
1匹アジ腹を食われていたみたい。
これでマーさんも遠征終了。釣座に貼り付きFisherの脇で
ドンコ釣再開。Fisher4匹目ミニドンコ。

程なく雨が降りだしたが、粘るも1時の船で大方の釣師の姿が無くなる。
急に弱気、雨本降り+強風。マーさんとFisher以外、3人。
2時の船で撤収を決意。仕掛けを回収する。
Fisherのアジ腹を食われたの1匹あり、しかし何がかじったんでしょ。
フグの歯でやられた様にスパッと切り取られていた。

観察している場合ではなかった。階段下に既に迎えの船。
既に周囲の2人は乗りこんだ。
マーさんも荷物を担ぐばかりでこっちを見てる。
最後の3号竿を竿ケースにねじ込み、またもや大慌てで乗船。
遅れて飛び地の釣師が乗り帰還。

2人でドンコ10匹。これで今年の納竿じゃーやだよー!
っと言っても自然が相手だからなる様にしかならないのでしょうね。
ノビタさんも惜しかったですね!かすってますものね。
マジでHFCのHPにチェック入れました。(祝杯目的)(^^ゞ


栃木のんちゃん 次の日(15日)湊寄りの堤防 2002年12月19日<木>19時25分

初めての投稿です。私も15日湊寄りの堤防にカレイ狙いで釣行しました。
朝9時から午後5時まで釣りましたがハゼ1、ミニカレイ1と坊主゜状態でした。
如何したのでしょうか。
例年でしたら抱卵カレイが2〜3枚は釣れても良いはずですよね。
遅れましたが釣行記を何時も拝見させて頂いています。


Fisher  ご無沙汰致しております Wed, 18 Dec 2002 01:33:03

ノビタさん、こんばんわ。
この所、釣果報告出来ずにすみません。
釣には出かけていますがこの所、報告に値する
感動が得られませんでした。

12/1 三流の釣り場〜磯崎港 カレイ狙い
三流釣り場マーさんカイズ、Fisherカレイで望み
玉砕。磯崎に逃げ二人でカレイを試みるも
これまた生物反応無し。予報より早く降り出した
雨の中1時間ねばるも変化が見られず撤収。

★12/14 大洗 カイズ狙い
日立沖提があんな事になり、行き場がなくなった。
久々まじめにマーさんとポンプ小屋でテトラに乗り、
カイズ1本で1日フカセるもオキアミ3回かじられた
のみ。周囲の目撃釣果ドンコ2匹。

そんな訳で今シーズン、海はもう休眠しようかと
思います。高萩辺りの淡水釣堀が好調との事
なので、久々フライでも投げてみようかと思います。


TAKE 湊寄りの堤防に行ってきました 2002年12月17日<火>08時23分

はじめて投稿いたします。12/14にカレイねらいで湊寄りの堤防に行って
きましたがまったく反応なしでした。ノビタさんの釣行日誌を見てあれがノビタ
さんだとはじめて知りました。そうです。あの時先端で投げていたのは私です。
ノビタさんだとわかっていればもっといろいろ話したかったのですが無愛想な
態度で申し訳ありませんでした。当日は朝6時〜9時ごろまでやりましたが
まったくだめでした。途中堤防のヘチでアイナメも狙ってみましたがこれも
からぶりに終わりました。昔はここももっと釣れたんですが。
次回は景気の良い釣果を投稿したいと思います。

トッティ 剣崎 2002年12月15日<日>00時25分

12月14日剣崎にメジナを狙って行ってきました。
風が強いので寒くて、とても釣りにくかったです。
水温は以上に高く、坊主でした
http://www.geocities.co.jp/Outdoors/2554/

GTB 鹿島港に行ってきました。 2002年12月14日<土>23時00分

12/14(土)鹿島方面に行ってきました。お天気もよく、風もほとんど無くうねりも1.5m程度と絶好の釣り日和でした。朝7時に堤防に入り程なくアイナメを釣り上げ、15時までに10匹のアイナメを釣り上げました。サイズは20cm〜12cm、餌は岩イソメと青イソメを混ぜて使いました。残念ながらカレイは上がりませんでしたが、楽しい釣りになりました。
それから堤防では蛸釣りの釣り人が沢山おりました。私の釣座の真後ろで結構大きな蛸を釣り上げてました。これからますます寒くなり堤防釣りがつらくなってきますが、根性と完全装備で釣りに行こうと思っております。
みつお 日立港沖堤 マゴチ Mon, 2 Dec 2002 22:07:54

ノビタさん、皆さんはじめまして!みつおです。
12月2日6時30分〜12時、ルアーのみで日立港沖堤に行ってきました。
トラウトロッドにワームで根魚を狙うも、まったくあたりなし。
11時頃になって、シーバスロッドにラパラナチュラルシャッドで遠投開始。
平目でもこないかな〜と、底をズル引きしていると3投目でコツコツと小さな当たり?
根に当たったか?と、様子を見るとどうも魚のよう。
大きくあわせて巻いてみると何の抵抗もなしに足元まで寄ってきた。
「あ〜コチだ↓」わたくし、ヌルヌルと捌きずらさで嫌いな魚のひとつ。
44センチでした。知ってました?コチって性転換するの。
小さいうちは皆オスで、45センチを越える頃になるとメスになるんだって。
帰ってから刺身と吸い物で食しました。そこで一緒に用意した酒がうまかった!
その名も「鬼義重」常陸太田の酒で、昨年突如出現した酒だそうです。
一番安いのでもかなりイケます。是非お試しあれ。

JUN  題名:又鹿嶋に行きました 投稿日 : 2002年12月2日<月>02時14分

毎度です。12/1に、又鹿島港に行ってきましたので釣果報告です。
シマアジが釣れたとの情報を元に行ったのですが、結局シマアジは上がらず、
クロダイ25〜30×4匹、アジ22cm×10匹、アイナメ25〜30cm×2匹でした。
しかし、このうちアジ4匹と、25cmのアイナメ1匹が、スカリに穴が空いてしまい
逃げ出していました(ToT)
でも、私的には納得が行く釣りだったので、これはこれで良かったのかと・・・

暇なときでも見に来て下さいまし!
http://www.h4.dion.ne.jp/~bakutyou/


山田 題名:東海某堤防行ってきました 投稿日 : 2002年12月2日<月>00時06分

いつも楽しく拝見しております。初めて書き込みさせていただきます。
1日(日)5:00〜11:00まで東海某堤防へ行ってきました。
今日はひらめ解禁なので出来れば私も・・・と、駐車場は半分くらい空いていていやな予感。
堤防を進み、途中でいつも来ている夫婦の方がいたので聞いたら「今日はだめ。先週もだめだった」
との事。
ポイントに着いてサビキを投げます。しかしアタリ無し。
青イソメのぶっこみも餌がそっくり残ってくる。
今日はだめかと思ったら左の方でサビキにアジが掛かりました。
まだいたんですね。日中だと言うのに忘れたころにポツポツと来る。
15cm〜18cmが4匹、他にサッパとヒイラギ。
まじめにサビキをしていた近くの方は10匹以上出ていたみたい。
何も釣れない時は、小さくてもウレシイものです。
近くで25cmくらいのカイズも出ていました。
11時頃とうとう雨が降りだし納竿。何とか坊主は免れました。



mino 題名:今季初カレイ! 投稿日 : 2002年12月1日<日>23時33分

11月30日(土)AM4:00〜12:00 鹿嶋港。
荒れ続きの海もこの日はベタ凪。でも朝は震えるほど寒かったぁ!(T△T)
潮回りも悪いので、明るくなるまでは丸ボウズを覚悟したほど釣れない時間が続きました。
潮が動き出した頃、やっとの思いでウミタナゴ。その後はアイナメの動きが活発!
同行したGAMIさんが釣り捲くる中、私もどうにか20〜23cmを2匹。
おまけに25cmと小さいながらも今季初カレイGet!ヽ(^。^)ノ
数は少ないものの、本命が釣れて満足でした。
何かこの冬は根魚が好調な予感がするんですけど〜!?

http://homepage2.nifty.com/mino3/

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO