2003年3月釣り師報告
あいちゃん  3月30日(日)の釣果です。

こんばんは!!
いつもお世話になっております。
第十五大勝丸の娘と申します。
遅くなりましたが、3月30日(日)の釣果をお知らせいたします。
m(__)m ペコペコ〜
                                    
やっと釣れたよ!黒メバル

2003年3月30日(日)釣り物:メバル(餌 活エビ)
出船人数:2人
場  所:久慈アミクイ 水 深:約50mから75m 水 色:濁り
水  温:8,1℃ 風 :弱(東北)→強(東) 波:低
釣  況:黒メバル(1匹)、カサゴ(1匹)、マダイ(10匹)ハナダイ(5匹)

今日こそはおいしいメバルが食べたいと、
沖メバル狙いでいつもより沖のアミクイポイントに行きました。
粘りに粘りましたがあたりはあるものの釣ることはできず、
ハナダイ狙いに変えてカガラ根に変更。
                                       
カサゴでござる!
そこで型の良いマダイが少し釣れて、ハナダイもちょっぴり。
そんななか、ここでやっと黒メバルが1匹!
前はハナダイに交じって普通に釣れていたのに、
一体どこに行ってしまったのでしょう。。。
最も、まだ気温は低いですので、これから期待!
今はまだがまんがまん!その他カサゴが1匹。
ちょっと控えめな釣行でした。

HPの写真と日記のページもご覧下さい。
http://www.h4.dion.ne.jp/~d-k15/shasin.htm



Fisher カレイ道も辛いです Thu, 27 Mar 2003 02:26:01

ノビタさん、皆さん、こんばんわ。
3連休釣三昧で、ちょっとカスりましたが玉砕致しました。

★3/21 6時半〜14時半 日立沖堤 カレイ狙い

今日は天気が良さそうと、サウス店へ向かう。駐車場について目を見張る。
何と満杯。こりゃー大変だ、車から降りて店内へ入ろうとすると相棒のマーさん
の声がする。なんだもう来てたの。ってすっかり着替えまで済んでいる。
そこでこのお客達殆ど沖堤だよ!だって渡船券24番ってなってるもん。
ガーンやられたさすがに3連休。定員22名だからもう2番船確定だー。こうなりゃ
慌ててもしょうがない。店内へ入り、本日持参した新兵器用の弾頭と渡船券を購入。
来る途中ライターのガスが切れたのでライターも追加したらE−子さんがライターは
サービスしておきます。って貰っちゃいました。m(_ _)m

一番船は5分前に出船して行った。慌てている様に見えたからマーさんと顔を
見合わせ笑っちゃう。きっとピストンで帰ってくるな。って船着き場で待つ事にした。
案の定何時もより多少早めのご帰還で早速乗船した。今日は2番だから何時もの
指定席は遠慮して舳先の接岸部に陣取った。これで下船一番にリーチだ。
沖堤に近づくと様子が見えて来た。南側はほぼ満席状態、北側に2〜3人分の
隙間があるのが見える。あそこっきゃない。接岸と同じに船から飛び降りひたすら
走る。マーさんは時間稼ぎのつもりではないでしょうが下船に手間取っているので
置き去りだ。何とか2人分の場所確保。遅れてマーさん到着、ここでいいよな。
っていうがやだと言われても他にはないんだけど。いいよって事で早速荷物の開梱
に着手する。

今日は先週の想いはもう沢山なので、釣具屋を駆け回り決算処分品の投竿と
遠投リールを2セットも買ってしまった。これでもう逆さにされても鼻血も出ない。
黒鯛ののっこみが始まったらコマセ代にも事を欠きそうだ。処分品なのでサイズは
マチマチになってしまった。25−420、25−450一応去年モデルだがDAI○製だ。
リールも処分品だがこちらは同一品になった。目指せ飛行距離100mオーバーである。
マーさんに見せびらかしながら組みたてる。

早速、弾頭を装填し餌付け前にテスト飛行を実施。3号遠投よりは遥かに飛ぶが糸は
3色で終わる。計算上3色全部出て95mであるから目標未達である。450に期待して
餌を付け練習終了。次に450にも弾頭を装填し、こっちはいきなり餌付け本命弾を
投げる。磯竿にすっかり慣れてしまったせいか、それにしても投げ竿は竿尻が長くて
投げずらい。下手をすると切腹する派目に陥りそうである。450は420と殆ど変わりなし。
次回はチューニングを施し対策が必要な様だ。近間の探りに遠投も1本追加し3本にした。

投球練習も一段落し、幾度か餌交換をするが、武器を変更したが釣況に変化なし。
ありゃー?だめか南の様子でも見に行くかと歩き出すと先週マーさんの隣りにいて
コンビを組まれたおっちゃんがいた(菅原さんというらしい)。(サウス店HP参照)
少し立ち話をしてるとこっちは全然だめだねー今日は南の方が釣れちゃったりして
50cmオーバーとか。と我々と同じ事を考えていた様だ。分かれて南に向かう。
見渡す限りにスカリは1つ上から見ると45cm位が1枚入っているのみ。これだけ釣り師
がいてこれだけとは状況が変わっているとは言いがたい。安心(?)して北へ戻る。

程なくマーさんの右隣りの人が40位1枚GET。おー期待が高まる。菅原さんがすかさず
駆けつけインタビューしている。今日も魚場は100m越えらしい事が判明。程なくして
更に右の釣り師にも40クラス。あれー流れが向こうへ行っちゃった。マーさんの所から
刺し網が入っているかの様だった。今日もあぶねーなボーズ?て覚悟を決めた時、
2人左隣りの菅原さんが50クラスを取り込んだ。ギャー刺し網我々の前だけ囲まれてるー。
マーさん先週のコンビのよしみで様子を見に行く。49.5cmだって泣き50だよって
言いながら帰ってくる。距離は110m位だそう。やっぱり今日も距離不足が釣れない
主要因の様だ。

Fisherはおもいっきり投げるが100mは1回も届かなかった。おまけに漁船が嫌味の
様にブイすれすれを近く通り道糸テーパー部から先の仕掛けを全部切断された。
何も他に船いないんだから真ん中通れ馬鹿!と心の中でいってやった。どこの世界にも
嫌味な族は居るもんなのでしょうがないのでしょう。

仕掛けを補修し、力んでちょい右に飛んだ仕掛けを回収すると途中から重くなる。
ゲーお祭り?マーさんの竿を伺うが動いている様子はない。あれーと思いきやマーさん
飛び越えそのまた右の竿に糸ふけが出来ている。すみませーんと謝りに行き針は
外れたけど少し引っ張ちゃいました。あんまり機嫌が宜しくない面持ちで我々の釣り座に
竿を持ってきてFisherが引っ張ったせいかマーさんとも絡んだ模様で修復し仕掛けを
改修する。なんだか途中から重くなったそうで、タモ!なんて叫んでる。お仲間まで登場し
誰の釣り座か不明状態。45クラスが釣れた。うそー。アワセはFisherが入れた訳?
御一行は嵐の様に去って行った。

これを皮切りに14時過ぎた頃、ラッシュが始まる。
そのまた右で2枚、3枚、左の菅原さん2枚目と3枚目、最終船間に合わないと思う位
ぎりぎりまで釣れ続けた。当然我々は正真証明のボーズ、今日もお土産なし。
日立は110m最低届かないと魚には巡り合わない事が証明された。

フテ腐れて片付け中、竿を引っ込めようとしたら遠投竿の穂先がポキッ。
まーた余計な事をしてしもうた。考えたらアジシーズン終了後ヒラメ用に買い足したから
まだ魚は1匹も釣ってないのに・・・。
下船後また釣道具屋へ向かう派目に。こんなに不幸が大漁でもね・・・。




★3/22 10時〜17時 大洗港 カレイ狙い 

朝起きると8時を過ぎている。何か変だな釣りに行く訳なのに。そうだ晩酌の後から
ろくに記憶がない。夕方釣具屋から帰ってマーさんと打ち合せる約束だったが不覚
にも居間でうたた寝を朝までしちゃったみたいだ。途端にマーさんメール着信。
今日はどうする?かー、どうしよう。時間も半端だから阿字ヶ浦方面かと返信する。
阿字ヶ浦でも大洗でもいいよ。大洗いなんて今日は一言も触れていない。
さては歩くのが嫌なんだな。フェリー埠頭でもカレイ釣れるって先週聞いたので
その話しを持ち出したんだな。
しかし、迷案かもしれない。確かに歩かなくて済む事は請け合いだ。大洗に決定。
マーさんも釣具屋廻りで合流するとの事。なんだいまだ買う物あるのかい。

今日は餌を買わずに来た。地元の釣具屋で情報を聞くためだ。
○藤釣具店に顔を出し早速情報を聞くとカレイは漁港なんて言うからエッて聞き直すと新堤ですっていい直している。漁港なんぞだったら投げ竿振り回したら対岸に届いちゃうじゃん。この店主は時々ガセを掴まされるので要注意だ。Fisherは海老の時にさんざん振り回された事がある。
餌は赤イソメがいいですよ!全然違いますってしつこく言われ結局買う派目に。

マーさんに新堤になった事を知らせるとOK先行け。って事で地図で教わった
ポイントへ向かうが阿字ヶ浦方面とあまり大差無い。
結局、延々と歩く事に変わりは無い。ただ、ましなのは人間返しが一箇所しか
無い位だ。先客1名、一言声を掛け隣りに陣取る。万一交差した場合の礼儀だ。
糸先は大分放射状に投げ込んである様だがちょい投げなので大丈夫と踏み、
準備に取りかかる。風は北よりで追い風、遠投練習にはうってつけだ。
ただ、ポイントは4〜50m程で良いとの事なのでサビキ竿でも十分だ。
昨日の不精仕掛けをバケツから取り出し絡まりをほどく何せ天秤まで付いたまま
だ。早々準備完了投入開始。相変わらず何のあアタリも無く竿が風になびく
のみである。小1時間するとマーさん車止め到着のメールが来る。
それから2〜30分すると姿が見えた。大分お疲れの様だ。

到着したので、釣道具何買ったの?って聞くと何と竿との事。しかも2本もだ?
銭無いって言ってたのによく買えたね、クレジットカードとの事。うわ借金か。
早速、組立て投入開始。もう1本は何時もの遠投なんか出してるから、もったい
ぶらず全部出せ投球練習だってPE捲き遠投リールに錘だけ付けて投げ合戦。
随分と硬い竿だった。Fisherには無理きっと振り切れない。ゴルフクラブのシャフト
と一緒でしょ。非力がスティッフなんか振っても距離出ない。

アホな事に興じて無駄な体力を浪費し、雑談で疲労回復しながら延縄化したFisher
の仕掛けを回収にかかると何やら途中から急に重くなる。何だ嘘だろ、宙で釣れる
訳ない。きっとまた何らかのトラブルに違いないなんて思ったやさき生物反応、
やった、でかそう、アイナメか?違うリズムがグン・グンってゆっくりだ。
平たい系に間違いないって捲き続けると大型マコ様ご登場。マーさんにタモ入れ依頼。
それにしても引く、元気なカレイだ。タモを待つ間も少しもじっとしないで潜り続ける。
タモ到着、海中に投入するも堤防高くカレイに届かない。マーさん久々やったね!
これで写真載せられるじゃん。こっちに引き寄せって言い、おーしゃ、と引き寄せた
途端、竿先が空を切り今まであった重量感が消し飛んだ。頭の中真っ白状態・・・
自由を取り戻したカレイは大海原に悠々と帰って行った。

その後、暗くなるまで責めるも返事は無かった。手感が味わえただけ良しとするしか
ないと撤収した。マーさん共々帰り道は遠く満身の疲れで足取り重かった。




★3/23 6時〜16時半 大洗港 カレイ狙い

さすがのマーさんも3連休3回出撃は許可が
下りず今日はだめとの事。Fisherはどうしても
カレイの顔がみたいと思い、三度出撃する事
にした。珍しく暗い内に目が覚める。沖堤なら
十分1番船に間に合いそうだ。道具は昨日の
まま車に積むだけでOK。おーしと着替えて家
を出る。近所の釣具屋を目指す。この時点
ではまだ日立へ行くつもりだった。釣具屋到着
イソメを買う、赤イソも目に止まり、昨日の
バラシは赤イソだったなってこれも買った。
それにしても大洗のカレイの引きの強い事、
日立や三流では考えられない。ヒトデWと大差
ないのに昨日のヤツはバレルまで暴れていた。
そんな事に想いを巡らせていると、やっぱり
もう一度遭いたい。
それに日立の100m越えチューニングも具体的には何も出来ていない。切れた糸に
力糸を足したのと折れた遠投の穂先を摘めて直したのみ。そんな訳で店を出ると
目的地は大洗になっていた。

日立とは逆方向に国道を飛ばし30分少々で到着してしまった。朝は意外に近いなー。
駐車場には車は2台ほど恐らく堤防には誰も居ない。薄明るくなる中着替えを済ませて
堤防へ。沖堤の向こうに朝日が昇る結構な絶景であるが、そんな物に酔いしれる余裕
はFisherにない。堤防を2回曲がるとポイントが見えた。やっぱり誰も居ない。ほっとして
昨日のバラシポイントへ入釣し、荷物の開梱に着手した。今日は東よりの風の様だあまり
芳しくない。どうせ午後には強くなるに決まってる。潮も間も無く満潮だし、朝の内が勝負
と準備が出来た竿から投入開始。

2本目の投入が完了した頃、栄光丸が前を通りすぎた。ふなちゃん頑張れよー。って
乗ってるのが見えた訳ではないが勝手にエールを送る。今日も近間にもチャンスが
あるので4本仕様にし、誰も居ないしと少し離して飛行距離も変えて見た。

1時間少々経過、竿がガタッて音を立てて動いた!心臓に悪い。瞬間停止した様な
気がした。その後、待てど暮らせど応答なし、海を覗くともぐっちょ鳥(鵜)がさかんと潜水
している。きっとこいつらがラインを蹴ったんだ。くっそー。仕掛けを回収すると案の定、
餌なんかそのまま、かじられた形跡は微塵もない。落胆。

朝の雰囲気は完全に昼間に変わったが、Fisherの釣具類には相変わらず何の変化も
無い。ふやけた餌交換も3日もやるといい加減飽きて、億劫になった。
この所、居間で寝たりとまともに布団に寝てない生活を送り寝不足でもあったし、陽気は
良いし昼寝でもするか。と堤防に大の字になる。すぐに意識が遠のいた。どれ位寝たのか
目が覚めると隣りに親子連れがちょい投げ&へちをやっている。堤防の先端にも3〜4人
の釣り人がいた。片っ端から延縄を回収するもイソメは殆ど生きている。
交換の必要すらなくなった。

起きて周囲の様子を見に行くもアイナメはおろかドンコすら釣れていない。穴、へちさえ
釣れないのに昨日のカレイはいったい何物だったんでしょう。なまじ掛からなければ
今日はこんな所に居ないのにって勝手な責任転化をして帰る理由を探し始めた。

風は相変わらず東、来た時よりは随分出てきた。投げ返す時糸ふけがやたら出る。
仕掛けも飛行距離が大分縮んだし、方向性も定かではなくなって来た。あーあーもう
日立ならまともに追い風じゃん。もしかしたら100m越えたかも知れないなあー。
周囲の人達は2時間もすると引き上げて行った。しまった先を越された。
これで堤防はまたもやFisherの貸し切りになってしまった。仕方なしイソメが終わるまで
続行する事にって別に何時帰ってもいいのに、もう片付けるのも面倒になっただけの
事でした。夕方の気配がし、栄光丸も埠頭へ帰還して行った。

暗くなって得意の忘れ物が出てもと、Fisherも片付けに入り、1本、また1本と竿を畳んで
次回出動時、準備をしなくて良い様(^^ゞ 時間を掛けて格納し、堤防を後にした。


今週末は都合により釣行できません。今からもう禁断症状が現れてモヤモヤしています。
これが一般の社会人で普通?ですよね。


栃木のんちゃん 伊豆大島のメジナ 投稿日 : 2003年3月30日<日>22時03分

3月21日〜23日に伊豆大島にメジナ狙いで釣行しました。
釣果は42cm〜40cmメジナ3匹でした。
釣り場は表磯の差木地周辺のゴロタ場です。
まだ、ノッコミには早かった見たいです。
50cmオ−バ-を狙ったが達成出ませんでした。
行きも帰りもジェトホイルは満席で22日は雨で釣果もイマイチ
4月はオナガメジナのノッコミです。
皆さんもどうですか。このほどホ−ムペ−ジ開設しましたので見てください。
釣果の写真も掲載しています。
http://www.hpmix.com/home/lily/index.htm


Fisher

ノビタさん、皆さん、こんばんわ。
今回は投稿迷いましたが、釣れた時の感動のため玉砕でもやっぱり続ける事に
しました。16日分はさすがに止めておきます。(^^ゞ
★3/15 5:30〜14:30 日立沖堤 カレイ狙い

一昨日、昨日とHFCサウス店HPにカレイが10枚も載り、居ても経ってもという訳で、
マーさんと一番船に乗る事にした。5埠頭への道路へ進入すると光が山盛りになって
いる。久々にワクワクしながら、サウス店到着。店内に入るとE-子さんの笑顔の
お出迎え、気持ちが良い朝である。店内はお客で混み合っている。マーさんと合流。
誰かが一番船何時?って聞き、E-子さんが土日は5時半です。と答えるとエー、と声がし
蜘蛛の子を散らす様に誰も居なくなった。Fisherがレジ最後、イソメと渡船券を受け取る
と、何とマーさんにまで見捨てられた。

車に戻り身支度を整え船着き場へ急ぎ乗船。船頭の説明では北側へも200m行ける
様になったらしい。ポイントに迷うが、船頭最寄りの何時もの指定席だから空いている
所でやるしかないのだが・・・。
堤防へ上陸し階段付近で南北を見渡すも、南に向かう釣り師多数、つい吊られて行列に
加わる。これが本日の敗因になろうとは・・・。

早速、ちょっと広めに取られた釣り座の間に2人で潜り込む。後から来て睨まれても怖い
のでマーさんとの間はフカセの時位の隙間にした。俺らは交差しても構わんもんねー。
上げる時に竿入れ替えればいいだけでしょ。その通りー、って開戦だ。
投げ釣りは準備が簡単で良い、Fisher3本、マーさん3本をあっという間に投げ終わる。
しかし、やる事がなくなると何時もの退屈タイムに突入、酒でも飲むかと思いきや、
ギャー、車に忘れた。当然弁当も一緒である。今日はこれでアタリ出なかったら他に
楽しみない!マーさんにそっと弁当車に忘れたというと、今日はいいんじゃねーの
酔っ払わず集中できてなんていって、大笑いされた。くそーそんなに笑いやがってー。

そうこうして、1回目の餌交換、Fisherはヒトデ、ヒトデW、ヒトデ順調にヒトデ退治の任務を
遂行する。マーさん、重いといっている浮上した仕掛けの下バリにはヒトデ、上バリにも
何か海藻のような物が見える。マーさんゴミだゴミって堤防下まで捲くとゴミという名の
小カレイ。なんだい今日もモーニングかい?隣りのDAI○野郎のおっちゃんがマーさんに
話しかけてきた。距離はどれ位でしたか・・・。遠かった、マーさんが答えすっかり仲良く
なってコンビになってしまった。Fisherは1人で気が遠くなるほど竿先を睨むが決して
動く事はなかった。

ちっこいが1枚出てマーさん一息とサンドイッチを出し、思い出し笑いを浮かべにFisherに
1枚食べる?って恵んでくれた。これしか無いと思うとこれが美味いこと。(ホームレス状態)
Fisherの期待をよそに竿先微動だにせず、1時間半経過。今度は左隣りの釣り師がタモを
持ち出した。見ればタモが必要な程ではないが、カレイが釣れた。ゲッ、ステレオ・・・。
マーさんも見て笑ってる。午後になってDAI○野郎のおっちゃんにもちびカレイが・・・。
更に左隣りでも2枚目が上がり拍手している。周囲はもうサラウンド5.1ch状態なのに
Fisherは枠の外。原因は多分仕掛けの飛行距離にあると考えられる。
両隣りはキャストするとスプールの色が3回変わる100m以上は間違い無い様だ。
オマケに助走までしている。Fisherの3号遠投竿位では出る幕はない。
今日のカレイ漁場は遥か沖の様だ。お帰りタイム近くに北側でやったという人が様子を
見に来てなんだかんだ周囲で6枚位は出て40オーバーもいたとの事。

荷物をまとめて階段に行くと初めて人に見せられる様なのが釣れたとクーラーから
良型を掴み出している人が居た。聞けば5〜60m位で釣れたとの事。
北側ならFisherにもチャンスがあった事を知る。トホホ・・・。
帰ってサウスのHPを見ればさっきの人が45cmのカレイと最新情報に載っていた。

マーさんに貰ったSIMA○総合カタログで投げ竿と遠投リールを調べてしまった
アホFisherでした。むーーやぱり貧乏人には買えん・・・。

PS:弁当忘れる位なのでカメラも忘れ写真無しです。大物釣ってE-子さんに撮って
貰えばなんて思いましたが、身の程知らずにも程がありました。m(_ _)m

お彼岸に仇討ちに向います。今度こそ!


       http://www10.plala.or.jp/Fisher/index.html

あいちゃんです! Subject: 3月16日(日)の釣果の件
                                          HP、「Fish_on _」の取材で来てくれた斉藤様
こんばんは!ウィー (*^¬^)ノ∀ コンバンワイン〜
いつもお世話になっております。
第十五大勝丸の娘と申します。
海もようやく落ち着いてきて、
本日久々に出船することができましたので、
釣果情報をお知らせいたします。

2003年3月16日(日)釣り物:ハナダイ(餌 活エビ)
出船人数:11人
場  所:久慈カガラ 水 深:約40mから45m 水 色:やや澄   
右端、竿頭黒羽さま
水  温:7.8℃ 風 :弱(東北)→強(東) 波:やや高
釣  況:ハナダイ(船中約90匹)、マダイ(船中約20匹)
その他:カサゴ、ドンコ
竿  頭:黒羽さま 

本日は久々の出船であると同時に
久々の大人数での出船でした。('o')
「お祭り」も多発!(笑)
久慈カガラを攻めました。
川尻船、逢瀬船、磯崎船、那珂湊船、大洗船と、
多くの船が大集合でした!                 
     この日一番良型マダイ!36cm
ハナダイの反応は結構ありましたが、
水温の低い早朝はぽつぽつと釣れるかんじで、
日が差してきた10時を過ぎた頃、急に釣れ始めました。
その後は水温が下がったのかまたぽつぽつ状態でした。
まだまだ水温が低いみたいです。
ハナダイをさばいた時に、ほとんど全てのハナダイの
お腹は空っぽで、餌を食べていないようでした。
もう少し水温が上がれば、餌を食べ始めるでしょう。
小さいハナダイは逃がしてあげていました。
                               
         小杉様、高野様、前原様

第十五大勝丸のHPは下記
http://www.h4.dion.ne.jp/~d-k15/index.htm













せんべい(765) 題名:くやしい 投稿日 : 2003年3月17日<月>12時46分

昨日,日立港新提に行って来ました。AM5時〜PM5時までやりました。
マコカレイ46CM、38CM、36.5CM シャコ1匹 ヒトデ5匹
以上です。
この日、堤防全体で私のを含め50CMが1枚、40台が4枚、30台が4枚出ていました。
常連の人に聞いたところ前日は駄目だったそうです。
初めて50CMのマコカレイを見ました。私もいつかは・・と誓う1日でした。

kurara(285) 題名:寒い日でした 投稿日 : 2003年3月16日<日>22時44分

3月15日、今日は第五埠頭新堤でカレイ狙い、
4時半に先端に到着、先客5、6人、竿が10本以上並んでいる、
ケーソン1つ手前に陣取る、風が強く寒い、とりあえず3本投げる、
9時半頃キキアワセをしたとき生体反応アリ?!一発派手に合わせをいれてやった!けど?
スッポぬけたような気がする?確認の為巻いてみた、
すると付いてました、カワイイのが、しかもダブルで、
この後、敵討ちの親マコは現れず13時に納竿、
これまで堤防全体(客は先端のみ)で0匹、以上です。

宇都宮 題名:ドンコ 投稿日 : 2003年3月15日<土>23時54分

3月15日(土)雨にも負けず風にも負けず寒さにも負けず
東海村某提にカレイを狙いに行ってまいりました。
結果は縁探りのドンコ10匹のみ・・・。
最近、僕にはドンコしか釣れる気がしません。
しかし友人には41センチのマコガレイ。
更に病が深刻化しそうな予感です。


Fisher 玉砕のご報告
ノビタさん、皆さん、こんばんわ。
この所、シケが続き参りますね!

★3/8 14時〜19時 三流の釣り場 カレイ狙い

今日は相棒のマーさん、週間予報の雨を信じて野暮用を固めてしまったとの事で抜け駆け釣行になった。朝から根を詰めてゴールデンタイムにダレても午後からの出撃にした。今日も北よりの風強くここしかないと先週同様、三流の釣り場に来た。行く道広い駐車場に宇都宮氏の車あり。
ハッハー、頑張れよ!ここは風除け無いから吹き飛ばされて海に落ちるなー!
と更に先を目指す。車止めに先客2台、大した事無い。
堤防へ向かう。やっぱり今日も風の当たらんとこ意外何処でも自由状態だ。
性懲りも無く先端に上がり物色するも結構な北風、風背で無いと釣り不可能。
仕方なし、内側テトラを1段降り釣座を構える。持ちっきりの投げ2本を投入するも、風、波アタリで激しく竿がお辞儀を繰り返す。釣りは断念し漁に切り替えって、短時間延縄釣法(ただの不精置き竿)に移行した。

定期的にお義理で竿の面倒を見るも、ヒトデと青ノロ以外の獲物なし。
突然後ろに鈴の音がし、ドキッとして振り返ると、見た事無いおっちゃんがこっちを覗きこんでいる。”カレイですか”ってご挨拶頂きホッとする。
聞けば穴師らしい。何時もの向かいの外洋堤防、飛沫がかかり入釣断念して逃げて来たとの事。退屈しきったFisherは渡りに船としばし雑談で暇つぶし。
最後にあそこの人40cm越えのカレイ釣りましたよって。えーー、そういえば3時を回り既にゴールデンタイムに突入している。相変わらずの強風で寒気がさし、40オーバー釣り師の様子を伺うと撤収に取掛かっている。
場所空くな、と思い北風の当たらん所へ移動した。

風は別天地ではあったが、釣況には何の変化も無い。夕方の気配は刻々夜に変わりつつあった。撤収を決意すると、何と宇都宮氏ご一行様ご到着。
聞けば悪戦苦闘の末、ドンコ5匹の戦果だったそうだ。
帰りがけの逆転を期待し、穴の大物を狙って立ち寄ったとの事だが夢に終わる。
お互い諦めがつき、ここら近辺の釣り談義で慰め合い。

これまでと撤収しようかと下を向いてると、話を割って闇から突然○○さん?○○ですってドラえもんさん登場。何と思いがけない!
ノビタさん曰く、ドラえもんさんここへは1〜2度来たが懲りてもう来ないって聞いてたから更に意外だった。yamaさんチ経由で来たとの事で、腰痛容態悪そう入院するかもって聞き、急に心配になる。どうぞ早期ご回復をって願うしかなかった。

ドラえもんさんは磯竿1本、小物入れ1個に大型懐中電灯1個と身軽な装備でメバル釣りとの事。カレイの夜釣り?って聞かれ照れながら不精Fisherの投げ竿を畳み場所を空け渡した。久慈浜だっぺHPの掲示板で今月は野暮用満杯釣行不可なんてなってたのにやっぱり、現実逃避で息抜きに来たのでしょう。
釣りバカぶりご健在で思わず笑みがこぼれる。今度は外道でなく本業の黒でご一緒しましょうって思うも怖くて言葉には出せませんでした。m(_ _)m
小1時間もすると”飽きたなー”って言い、ろくに使わなかったイソメを頂き揃って撤収。真っ暗なゆく道、来るは来るはメバル釣師、根性入ってるとドラえもんさんと顔を見合わせる。きっとノビタさんの分身?(~~ゞ
車止めでお別れのご挨拶を交わし退散。


★3/9 7時半〜16時 三流の釣り場 カレイ狙い

今朝、出陣の準備をしているとマーさんメール着信。今日は時間守りそうじゃん。きっと今、太田でしょ。って開けてみれば先行く??!何がどうした??
約束7時なのにまだ6時半じゃん。きっと先客満杯?慌てて家を飛び出し国道へ出た。待てよ・・
マーさん先行ったと言う事は最悪でも場所あるつう事?慌てるの止めた。のんびりコンビにで途中下車。魚に餌やるばかりが能でもと人間の餌を仕入れる。
行く道、海の様子を伺うもやっぱり今日もシケている。
三流の釣り場に分がありそうだ。

車止めに到着、最寄は満車で手前に駐車。微妙な客入り具合。そそくさと防寒を纏い堤防へ。マーさん先週の先端に登り既に釣り開始している。どうして?
釣れたケ?って構うとまーだ始めたばかりでしょ。ってまともな返事。北よりの風がそよそよ吹いているが、きっと午後は風強くなると予想し、Fisherは下でやると昨日の40cmオーバー目撃ポイントへ入釣する。
例の不精仕掛けをまたもや装填し、あっという間に準備完了、戦闘開始。

マーさんの様子を伺いに行くと4本目を投げ終わる、何時もの通り穴竿を持ち出し、やっぱり礼儀だからとお気に入りの穴へ飛んでった。
相変わらずである。釣座に戻り竿の様子を伺うも、昨日と何も変わることない平穏な状態だった。期待のゴールデンタイムまでの道程は遠そうだ。
何も記憶に残らんただボーッとした時間がしばし過ぎた頃、マーさんスカリなんぞ持ち出し、海に漬けに来る。まさか・・・ 恐れた腹白のまさかが中に!
なんだい、今日はモーニングかい!?海に放り込む前に身体検査、38cmと判明、やられた。終日プレッシャーをもう背負っちゃった。
おまけに不吉なマーさん予言。今日はモーニング入ってたからゴールデンタイム無しか?おー縁起でもない。

その後、悪足掻きで、じたばたするも、着々とマーさん予言の実証となっていく。
午後を回るとFisherの風予言まで的中、強風が吹き始める。やっぱ下でよかったなんて自己陶酔するも、風はいっきに西に変わる。ゲー、堤防なりに吹かれたら隠れ家なんか無い。程なく立っているだけでも疲れる状態に陥る。
物は試しと堤防に伏せる。あっはー意外に風当たらん。ってよせば良かったシリーズ。久々の堤防爆睡、夢の中へ夢の中へウフッフー・・・♪
(我ながらのアホに飽きれる)

目覚めれば状況最悪、仕掛けなんか投入点から遥かに流されあさっての方向から上がってくる。投げ返すも現在位置を確保するには竿を投入点から45度傾け糸フケ10m状態だ。昨日同様の延縄漁を強要される事になる。
何時もの玉砕まで秒読み開始。昨日同様ヒトデと青ノロの釣果のみでイソメ終了。強風に煽られまくりのマーさんも撤収動作に入った模様。
先週に引き続きの大敗に終わる。

それにしても去年から変な傾向が執りついている。初物いきなり大物GET2匹目のドジョウは現れない。Fisherにも明日は来るんでしょうか・・・。

以上、またもや玉砕報告となってしまいました。m(_ _)m


http://www10.plala.or.jp/Fisher/index.html

ドラえもん 題名:久々釣行 投稿日 : 2003年3月10日<月>18時45分

3月8日(土)○流堤防 PM7:00〜8:00
久々に釣りに行ってきました、しかも夜釣り、しかも○流の釣り場、
しかも大型メバル狙い、しかもアタリ無し。
ノビタさんの気持ちがよぉ〜〜く分りました。
でも、釣りが出来て満足(んな訳ねぇべぇ)水温がもう少し上がったらご一緒しましょう。

Fisher
ノビタさん、皆さん、こんばんわ。
今週はちょっと複雑な心境の釣行でした。
まー釣りやれただけで良しとするしかありませんね。明日があるさ! ですね・・・

★3/1 8時〜12時 日立港内 カレイ狙い

今日はマーさん野暮用&天気が下り坂との事
なので、手軽な所と抜け駆けしてサウス店前で
投球練習する事にした。
どうせ、釣師なんかいる訳ないとたかを括り、
7時頃行くと目当てのポイントは先客多数。
練習で睨まれてもつまらんので、漁港の様子も
見に行く。カレイのポイントはこちらも先客万来。
それに沖堤の粗大ゴミも目障り。
公園前にも先客あり、練習には場所不足。
結局、サウス店前に逆戻りし、大ドック左の
誰一人いない所で竿を出す。
練習には十分な広さだ。

先週は凄いウネリが押し寄せ、38cmと47cmの
カレイが釣れたらしいが今日は凪、期待は持てそうもない。早速、仕掛けをセットし飛ばすが1時間
経っても何時もの通りのノーピク。ちょっとマシなのは黒星が釣れない事。こうなると元来不精な
Fisherは置き竿を決め込み家宝は寝て待て状態。車をここまで持ってこられればなあーと、
車止めのポンコツがいとおしい。

更に時間が経つも状況変わらず、やけくそでさびき始めると、いきなり重みが加わる。何だ?ヒトデ?
でも、さびいていきなりヒトデもないっしょ。仕掛けを巻き上げると牡蠣殻かー、って良く見れば殻では
なく、しっかり中身入り。あれー何処に針がと観察すれば、しっかり閉じた殻に挟まっている。
ゲー、食い? 平貝じゃないってって軽く考えたが外れない。今度来る時は貝剥き持って来なきゃ、
なんて思ったりして。(アホ) お気の毒、スパイクで落とし込みのコマセになって頂き仕掛けを回収。

気を取り直し、再投入。今度はインターバルを多少とり15分間隔でさびく。また、重い。
今度は何よ!巻くのを止めれば抵抗なし、又しても泳がんやつらしい。回収すると変なゼラチン状の
物体がぶら下がり、しかもうごめいている。ぎゃー苦手、変なウミウシの類か気持ち悪さ新記録だ。
しかも口らしき所へしっかり針掛り、スパイクで踏みラジペンで挟んで外して早々に海へお帰り頂いた。
程なく予報通りの雨が降り出し練習終了。

明日は禁断症状の現れた相棒のマーさんと釣行予定だが気が重い。
せめて、昼寝が出来る位の天気だといいなー。

http://www10.plala.or.jp/Fisher/index.html

★3/2 8時〜17時 三流の釣り場 カレイ狙い


今朝は夕べの台風が嘘の様におとなしくなっている。
釣りやれそうか?海が気になる。予報によれば
波6mって結構だ。今日は昨日の続きを相棒の
マーさんとやる予定なのだ。集合場所は5埠頭
駐車場。うねりが押し寄せていればサウス店前、
大した事なければ新堤の計画って7時頃行って、
舐めてる?
場所なんかきっとある訳ないって思って到着。
マーさんの姿なし。

また、遅刻かー?程なくメール着信、程なく到着、
海どう?最悪!って打ったら隣にマーさん車、
なんだい程なさ過ぎ意味ないじゃん。

見てよ!ウネリ大した事ないのに真茶濁り!絶対釣れねー!だって餌なんか見えねーでしょ。
昨日の雨台風、海より陸の方が荒れたらしい。平ったい奴らはあまり濁ると釣れないって聞くよ、
Fisherが言うと、マーさんじゃーどうする?ノビタさんには悪いがこういう時はやっぱり三流でしょ!
きっと青く穏やかな海があるよ。そーかもね、って事で先週に続き三流の釣り場へ向かう。
マーさん途中でイソメ買うって近所の釣具屋で途中下車。Fisherは行く途中買ったので店の外で
待つも出てこない。窓越しに様子を見ると何やら店員と喋ってる、まただー俄か知恵を仕入れてる
に違いない。イソメ2パックって本当に2パック持って来るから、?と思ってると細目と中太との事。
あっそ、っでなんて聞いたの?、房掛け時は身切れするからちぎって短くして付けると良いんだって、
なんて言うから、それは投げPROの場合じゃないの?サーフの達人で錘30号で80m以上の
世界でしょ。先週Fisherの釣ったカレイ見たでしょ!エラからイソメがダラーと出てたの磯遠投位なら
心配無用切れた事ない、と言うと、エッヘヘ・・と語尾が怪しい。

車止めに到着、先客2台。安堵し、着替えて堤防へ向かう。今日は暑い。マーさんと話しながら
堤防に到着すれば、汗ばむ。今日も指定席状態だ!ノビタさんの指定席に投げ師2名、早速先週の
実績ポイントに入釣する。やっぱり青い穏やかな海が其処には広がり、河口とは雲泥の差である。
堤防は所々濡れているが乾けば昼寝も出来そうだ。

竿を伸ばし、昨日の仕掛けを付けるだけ、って時々(?)見せる不精早業。早速、イソメを付けて
1本目をブッ込む。マーさんごそごそ支度中。覗けば今日は投げ師仕様に一変している。
Fisherが今まで獲物か掛かったのは拝んだ事ない5号遠投2本に本物のサーフ竿2本、
重装備じゃん。物量作戦でプレッシャーを与える作戦の様だ。Fisherもヒラメでその気になり
買い足したが今まで何も釣れた事ない2本目遠投竿も追加した。あっという間にワクワクの楽しい
準備は終わり、辛い修行時間が始まる。ここでマーさん一言、イソメ餌箱にあけたら細目、
中太見分けがつかなくなったよ!笑かせて頂きました。だと思った。

マーさん4本の内3本投げると、4本目は出さず何時の間にやら海老竿なんか持ち出しもう居ない。
今開始したばかりじゃん、少しは身入れろっちゅうの!程なく25cmオーバーのドンコを引っ下げ
恵比須顔。あーあ先が思いやられる。どうせ、じきにぼやきに変わる。先週さんざ釣っちゃんだから
そんなに魚が居る訳ない。昼頃までにヒトデ何個かと赤ハゼ1個追加したのみ。案の定、散々ぼやき
まくり愛器海老竿枕に堤防にフテ寝。やっと静かになった。

それにしても、投げ竿もフテ寝状態。何とかならんもんか!グーと曲がるとか、ガーガーって引き
摺られるとか・・・。程なく注文通りグーっと曲がったり、ガガーと竿が移動する・・・?
午後からは強風が吹き始めた。そうゆう意味では・・・。

マーさんも泣き寝入りで諦めがついたかに見えた。起き出して投げ竿の面倒を見ている。
おーヒトデ、良し良し。午後2時半を過ぎた所、これからゴールデンタイム。先週は3時過ぎ頃
なんて思っていると、撤収に取り掛かっている!?それとなく、先週は3時過ぎだったよな
釣れたの、っとなだめる。子供ならきっと簡単なのだろうが変な知恵があるだけ容易ではない。
何とか2本残しでくいとまる。しかしこの後、Fisherのいい加減な予言は見事的中する事になる。

夕方の気配がさした頃、マーさん後ろで糸鳴りさせている。根掛りか?聞けば、途中までヒトデか
何か重かったが突然捲けなくなったとの事。カレイって先週釣って知ったが、殆ど手感はヒトデダブル
だよ。ただ、捲くの止めるとちょっとグーってする位かな?水面に来るとバシャバシャって少し暴れる
かなーってFisherが言うと、マーさんヒトデよりは重かったとフテ腐って切るのを止め竿掛けに竿を
置き、もう1本の竿をどけ足場を確保。ご愁傷様、これで撤収は免れないっしょ。と見ていると、
外れたって笑顔。捲き上げながら、ぶつぶつ何か言っている。何?言われた通りなんですけど、
エー何が?外れた後ちょっとグーっとした様なって言うから、危ねー。っと堤防に登り万が一のタモ体制
に入る。マーさんカレイが付いてるなんて言い舞い上がりFisherの静止も聞かず、テトラにぶつかるまで
捲き切った。あー、全くもー、何でそんなに捲いちゃう訳?カレイ見えたら減速してタモ入れ準備の時間
を稼ぐとか思いつかんの?道糸テトラに擦れてんじゃやん。切れたらFisherのせい?恐ろしや!
タモを掴みテトラを3段飛びして回収に向かう。タモを伸ばすとマーさん更に余計な事、Fisherに
向かってカレイを引っ張る。止めとけ、大声で静止し、タモに収める。あー良かった。
任務を終えタモごとマーさんに渡す。これで後は逃げられ様が、海に落ち様がFisherのせいでは
無い。40はないか?って言うから、あるっていうと例のミニコンベクッスで41cmと判明。おめでとう!

その後、舞い上がったマーさん自分でもう1本の仕掛けを釣り手前のテトラに引っ掛け両方海の藻屑と
消える。今度こそ撤収の覚悟を決めれば、何と仕掛けを付け直す。
とんでもない奴とコンビを組んだもんだ・・・。

おまけ
強風にあおられ飛んでテトラに吸い込まれた、マーさんのトレードマークのSIMA○ゴア帽子すくいも
手伝いました。(^^;

かくべー(182) 題名:初釣 投稿日 : 2003年3月3日<月>15時33

おひさしぶりです。
3/2(日) PM12:00〜PM6:00東海某堤防にて初釣に行ってきました。
結果は,玉砕。。(T_T)
魚にエビのお年玉をあげて帰還。
次回は,夜釣りでリベンジです!
今回,新年のご挨拶をした魚達↓
チビドンコ様3匹
チビメバル様1匹

ドク 当たりが無い 投稿日 : 2003年3月3日<月>08時48分

3月1日(土)6:00~15:00大津港沖堤防
大物カレイ狙いで出掛けましたが、何と当たりが一回も無いのです。
餌が、そのまま帰って来ました。こんな事ってあるのでしょうか?
高い高速代ろガソリン代を掛けて、埼玉から行ったのに・・・・・
本では、荒らされていないので、魚影は濃いと書いて有りましたが、
魚の気配が感じられませんでした。前の晩に構内で、
カサゴ狙いでヘチを攻めましたが、当たりは無かったです。
どうなっているのでしょう。私たち、2人以外は5人渡っていましたが、
当たりが無いと言っていました。午後から、雨のも祟られ散々でした。

Hiro 餌も取られない・・・ 2003年3月2日<日>23時33分

3月1日(土)6:30〜14:00 大津港
カレイ狙いで出かけましたが、釣れたのは小アイナメとヒトデだけ。
餌も取られないし、手ごたえ皆無でした。

やじ@花粉症(287) 題名:マコ・マコ・マコ! 2003年3月2日<日>20時41分

3/1(土)ノビタさんが玉砕した日の午前中。日立新堤に出撃。
嵐の前の静けさか・・・日の出前の堤防には風もなし。
しかも天気予報を間に受けたか?釣り人は異常に少ない。
一級ポイントに入れた。マコへの期待が高まる。
しか〜し! 座布団はまたしても隣人の手に。いや竿に。
唯一、明け方・・・我が5号磯竿をしならせたのはストライプの怪魚。
THE ヌマガレイ!・・・もう釣り飽きた。
しかも恥ずかしや、背びれにスレ! ヘラの世界なら大ブーイングだ。
その後、苦闘10時間弱、雨が降り始める中、最後のアタリも痛恨の赤ハゼ。
投げ竿に姿を見たのはこの2怪魚のみ。2匹目のオコゼを狙ったへチ竿も全滅。
暇つぶしのハイパーパニックで釣れたシラスが晩の食卓の慰めに。
ああ、ヌマの唐揚は美味そうでまずかった。次回からはリリースしてあげるからね。

http://homepage1.nifty.com/fishing-yajitti/

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO