2003年7月釣り師報告
宇都宮の浜崎です 題名:西伊豆&東海某提 強敵現る 投稿日 : 2003年7月29日<火>22時57分

ノビタさん 大変ご無沙汰しております。
7/22・23と夏季休暇で西伊豆 伊浜漁港で堤防釣りをキャンプの合間勝負で、朝マズメ
狙いでトライしましたが、東海某提の足元にも及びませんでした。青物は、豆アジのみ。
伊豆の先端石廊崎のとなりですが黒潮の関係でしょうか。地元の人の話では、海老は向いて
いるとのことでした。
7/28(月)4:00-15:30東海某提にトライしました。狙いは、朝マズメのアジ狙い。釣果
は、4:20頃アジ10匹。朝マズメの4:30-5:00に全くアジが釣れない。どうしたことか!
時間だけが過ぎていった。理由は、8:00頃判明しました。スナメリの群れが東海某提内で
朝食中だったのです。8:00頃沖に向かうのを見かけました。またか!!です。
誰も釣れている人がいないはずです。
仕方なく根魚狙いに変更。豆カレイ・豆アイナメ・良型のシロギスに遊んでもらいました。
スナメリは、ほとんどイルカそっくりです。
最近良く見かけるようになりました。
東海某提の良さをスナメリにも見つけられてしまったんですね。。。



無明庵 題名:平磯にて 投稿日 : 2003年7月29日<火>09時57分

7月28日(月)18:40−23:40平磯漁港にスズキを求めて久しぶりに出かけました。
結果は、惨敗。
先に釣っていた地元の人がセイゴを4匹(30cmx3,15cmx1)を私が帰るまでに釣り上げていました。
私にはあたりは、まったくありませんでした。
隣の地元の人は電気うきをかなり遠くまで投げ、そこで釣っていました。
とても私には投げられない距離でした。なんでも、自分で特別の工夫をしていると言うことでした。
白魚をすくいに来た人がいたり、投網を投げる人がいたりで、
まあ気分転換としては良かったと思いますが、
それにしても今年になってまったく良い思いはしていません。


るちあーの 題名:ここのところ 投稿日 : 2003年7月29日<火>00時25分

ノビタさん 調子はどうですかぁ〜。
ここのところ海老ねらいで東海某提へ 
先週〜25日、26日と17:00〜0:00くらいまで粘りましたが、
結果はオデコ・・・。同行者は2匹あげましたがね。
自分はまだ一匹も釣れてません。海老ねらいは4回目ですがね。
釣れるまで頑張る所存でございますっ!!!

宇都宮 題名:ホースならず・・・ 投稿日 : 2003年7月28日<月>20時09分

27日に阿字ヶ浦方面某提に行って参りました。
先週の2往復という時間の無駄を反省し?21時間堤防で頑張って参りました。
まずは海老狙いで海老4匹、ドンコ2匹とカニでした。
明るくなってから目指せホースで黒鯛狙い。
必死に頑張ったのですがメジナ1、ウミタナゴ1、アジ3、
クジメ5、ムツ1、河豚多数と黒鯛には逢えませんでした。
やっぱり21時間は疲れました。
海の近くに住んだ方が良いみたいです。

あいちゃん

こんにちは!いつも大変お世話になっております!
第十五大勝丸の娘と申します。
茨城はいよいよ8月から暑くなってくるようです。
釣果にも期待が膨らみます!!
さて、本日釣り船が出船したので、釣果をお知らせいたします。


2003年7月27日(日)釣り物:ソイ(餌 イワシ エビ)出船人数:2人
 場  所:久慈 河原子 会瀬 久慈 水 深:約5から8m 水 色:濁り
水  温:18.2℃から18.5 度 風 :5m〜9m(北東) 波:高
釣  況:ムラソイ(7匹)、アイナメ(1匹)、メバル(5匹)、サフグ(1匹)、アナゴ(1匹)

昨日は波、うねりともに強くて釣船が中止になってしまいました。(。;_;。) シュン。
ネットの波予報をみても今日の波予報は2mから2.5mで
昨日と同じ状態。またも中止かなと不安な気持ちで朝をむかえましたが、
とりあえず雨はあがっていて、風も幾分止んだので出航。今日のお客様は船釣りは今日で9回目という
ベテランのお客様で、先日宮城県での釣果のリベンジということで気合が入っておりました!
このするどく高い波のうねりの中で、船酔いもせずに釣りをがんばってらっしゃいましたが、
さすがにこの悪状況、イマイチの釣果の面持ちでした。(健闘したほうだと思いますよ!!d(>_・ )グッ!)
ソイは今日は小型が多く、最大27pでした。アイナメは約45cm!
良型は次男君釣った33pのメバルでした!
また、日立港のおかっぱりはメバルのお客さんが多数でした。


第十五大勝丸のホームページ
http://www.h4.dion.ne.jp/~d-k15/index.htm



ヒロ   題名:お先に復活しました 投稿日 : 2003年7月27日<日>21時58分

ノビタさんどうもです、その後お体の方は如何ですか?
こちらも体調はまだ完全とはいきませんがお先に復帰釣行
してきました。
復帰戦は意外にも?投げ釣りでしたがシロギス17匹とまず
まずでした。
調子に乗って無理をせずに徐々に本腰入れていきます。


mino 題名:やりましたっ!(^^) 投稿日 : 2003年7月27日<日>20時21分

ノビタさん、こんばんは!25日(金)私もくらもちさんに同行して
大洗の釣り公園に行って来ました。
苦節3年、終に、終にヒラメをゲットー!ヽ(^。^)ノ
今まで苦手としているルアー。それがたったの3投目でHit!(@@;
必死に巻き上げると49cmの良型でした!
この日は半日ルアーを投げまくりましたが、その後はアタリ無し。
でも嬉しいことに夕方、小さいながらもマゴチまでゲット!
「いつかはマゴ・ヒラ!」の夢を一日で叶えることが出来ました。(^^)
この夏、ちょっと本気でルアーやってみようか、と思っています。

http://homepage2.nifty.com/mino3/


くらもち 題名 ヒラメのあたり年かな(o^^o) 投稿日 : 2003年7月26日<土>13時25分

ノビタさん、ご無沙汰していますm(__)m
県央周辺では、今年はヒラメのあたり年♪
などと嬉しい便りが届きましたので、23日&25日と調査に行ってきました。
結果は、20日の釣行分と合わせると1週間内で6枚GETできました。
サイズは52.5〜32センチでした。ルアー釣行だったので魚とのかけひきが
楽しかったです。他にマゴチも釣れましたよ♪
お暇なときにでもHP覗いてくださいm(__)m
釣り復帰を楽しみにしていますよ!大事にしてくださいo(^o^)/~~デハデハ
http://www.kurasan.com/turi.html

KENT(354) 題名:高萩の海 投稿日 : 2003年7月22日<火>18時32分

初めて投稿します。 7/21 日立の北でアジ釣りにいきましたが、
当初トリック仕掛けの予定でしたが、場所取りに遅れ投げサビキに変更し
1時間粘って当りがありリールを巻く手も軽やかに、
上げて見るとびっくり”飛び魚”が掛かっていました。
アジは釣れなっかが、初めての飛び魚に感動しました。


あおいそめ 題名:アジ釣れました! 投稿日 : 2003年7月22日<火>17時18分

こんにちは、のびたさん。7/19大洗にアジ釣りに行ってきました。
釣果はアジ14匹、鰯48匹、ミニメバル30匹位、カマス1匹、サッパ1匹
見たことの無い魚6匹?以上6目達成です!いろいろ釣れてとても楽しめました!
周りではイカが取れてました。鰯の魚影はかなり濃いですね!

http://www2.ucatv.ne.jp/~mitsuo.sky/index.html

JUN  題名:7/20、鹿嶋に行きました 投稿日 : 2003年7月22日<火>11時05分

こんにちは、のびたさん。その後お体の具合はどうですか?

7/15城ヶ島でメジナを狙い25〜28cmを50匹以上の爆釣し、
釣り癖をつけた所で7/20、鹿嶋港に行きました。
結果として、アジ:18〜24cm=30匹、トビウオ:9匹、イシモチ:2匹と
なかなかの結果でした。
この日の食卓は、かなり豪華なものとなりました。

ついでなのですが、うちのBBSで「ヒトデって食えるの?」の話題で盛り上がり、
昨日とうとう、「おヒトデ様」を食べてしまいました。
「Let's Gete Eat」なるページを新設しましたので、興味のある方は是非ご観覧ください・
(食事中の観覧はご遠慮ください(笑))
http://www.h4.dion.ne.jp/~bakutyou/


宇都宮 題名:1回帰ったのに・・・ 投稿日 : 2003年7月21日<月>10時29分

黒鯛釣りからせっかく帰ったのに20日に阿字ヶ浦方面に海老狙いに行って参りました。
最近、忙しい黒鯛狙いしかしていなかったのでゆっくり堤防に座って釣をするのは
久しぶりで最初はお菓子を食べながらのんびりと穂先を見つめていましたが
釣れないし、じっとしていられない性格なので直ぐに暇になり暇との格闘。
でも何とか暇さに耐え230グラムを1匹ゲットしました。

Fisher Subject: 死にかけからのご報告 Date: Mon, 21 Jul 2003 22:54
ノビタさん、皆さん、こんばんわ。
久々の海老釣りに我を忘れ24時間戦ってしまいました。
お陰で日曜日は寝たり起きたりの半病人生活を送る羽目に陥りました。


☆7/18〜19 23時〜22時 阿字ヶ浦方面某堤 海老、アジ、黒鯛、他狙い

金曜日、会社の休憩時間にマーさんと釣行の
相談をしていると冗談から駒が出る。
前夜から海老も狙う事になった。
作戦はこうだ、前夜堤防入りして黒鯛ポイント
確保し、夜明けまで海老を釣る。白む頃アジを
やって、黒鯛に移行する。

晩飯後うとうとしているとマーさんメール着信。
何時に出掛けるの?か、何時でもいいよ!
10時半に近所の釣具屋集合にした。
ほぼ定刻マーさん登場。餌を買いに店内に入る。
今日もオキアミスライスなし。3Kgブロックしか
ないので悩んで居ると、マーさんが半分引き
受けるとの事で購入決定。最近河豚多いから生餌3Kgも入れたら養殖係り決定だ。
差し餌と海老、投げ兼用に赤イソ1パックを買い釣り場を目指す。さすがに夜釣り客
の車が3〜4台あるのみ。早速、車止めで荷造りし堤防入り。先端付近にランタンの
灯が見える。そこからちょっと手前に海老釣り師のヘッドランプが瞬く。我々の思惑
ポイントは予想通り人影皆無。おーし、とタモを組立てテトラに置いた。次は海老だ。
日立FCオリジナル海老竿に仕掛けを搭載した。何だか久々のケミボタルが目映い。

昨年の実績ポイントを目指す。もう、1年が経っちゃたんだな〜。マーさん心はやった
かFisherは置いてきぼりで遅れて到着。餌付けに取り掛かるとマーさん竿にアタリ。
(^o^)/アタってるぞー。マーさん、えーアタった?と竿に集中する。なんだい見てなか
ったんかい。程なくマーさんドンコを釣り上げる。相変わらずドンコは外さない様だ。
Fisherが良型じゃんと言うと、今日はリリースとの事。あっそ。

程なくマーさんに海老アタリが出たらしい。立ち上がってリールを捲いている。
海老だー。マーさんの歓喜に静寂が破れる。良かったじゃん。餌代元取ったねー。
嫉妬心でFisherは押し黙り、再び静寂が戻る。間もなくFisher竿にもアタリ。
軽くアワセを入れると乗った。回収にかかると海老ちゃんの緊急回避行動の手応え。
やったー、だが根掛かり。複雑な穴に落としたのでやむを得ないが悔しい。
糸を緩めると下に下がっていく手応えがある。くっそーまだくっ付いている。
何とか回収を試みるも、手応えが無くなる。がっくし。無理矢理引き上げ針取られ。
替え針を付け再開するがアタリなし。ちょっと休ませるかと穴を替えると10分もしない内
にアタリが出る。が最初、海老風でとどめは魚類アタリ!?巻き上げるがやたらに重い。
水面でリールが捲けなくなったので、ヘッドランプを点灯し手で手繰る。正体判明。
海老とドンコの一荷だー。隣でマーさん爆笑している。やっぱりドンコの後、海老だった
からこれで一緒じゃん。って言っている。うーん先越されたからちょっと効率を上げ
ないといけませんから。(^^)バケツを取りに戻ると二人組の釣り師とすれ違う。
バケツに手を掛けると闇の中から知った声が飛んできた。宇都宮師だ。
顔を上げるとヘッドランプに顔が浮かぶ。海老ですか?うん、今釣れたの。
何処何処と海老釣り場はいきなり賑やかになる。ギャラリーに答えんとマーさん2匹目
GET歓声が上がる。くっそーまたリードされた。程なくFisher竿にアタリ。宇都宮師が
見守るなかアワセを入れる。乗った。おーしと捲き上げに掛かると3秒でバレた。
こうなったら休息を与えた穴に復帰だ。マーさんギャラリーに調子付いたか3匹目を
掛けるが足1本。又しても程なくFisher竿にアタリ。アワセを入れる。乗った。

今度こそ。ガキッ又しても根掛かり。くっそー。糸を緩め様子を聴くとまだ付いている。
宇都宮師がどれどれと手を出し糸を聴く。今回は結ばったサビキを解く様に回収に
専念する。外れた。まだ重い。やったー、直後テトラに貼り付かれる。糸を緩め様子を
聴く。少し動いた様な気がしたので軽く竿を煽ると剥がれた。頂きーと、捲き上げ再開。
重みが増す。水面だ。宇都宮師と立ち上がり歓喜の準備に入る。ポチャ〜ン。
ウソ!まじかよ!針には口の脇にある触覚が付いていた。空が白んで来たのを合図に
宇都宮師はコマセを仕込むと去って行った。

すっかり明るくなってしまったので、我々も次のプログラムに移行する。
3号竿を伸ばし、ウキサビキをセット。堤防に放り出したアミを持ってキープした黒鯛
ポイントに登る。早速飛ばすがアタリが出ない。数投後、Fisherのウキが消し込み、
ぎりぎりタタキサイズが釣れる。マーさん諦めテトラを降りていった。Fisherはアジ1匹
でもと粘り4匹追加でテトラを降りる。海老やり過ぎだ。

さあ次は黒鯛だ。今日こそ。マーさんに約束の3Kgブロック半分渡し、コマセを仕込む。
マーさんはオキアミ待ちだったようでコマセ意外すっかり準備を整え、オキアミを入手
すると手早くコマセを仕上げ、テトラに去って行った。遅れてFisherがテトラに登ると
河豚が降ってくる?マーさん、もう河豚を手なずけた様だ。

Fisherも早速コマセを投入開始し戦闘開始だ。餌取りの活性が上がったらしく殆ど
付け餌は残らない。ウキには殆ど反応なし。暫く様子を見るも状況は変わらない。
相変わらず。隣のマーさんが河豚を投げつけてくる。Fisherはクジメ一匹のみ。
くっそーお返しするぞ。餌取り対策でずらしていた棚を切った。今度はウキが動く
動く、途端に河豚が掛かり始める。えーいお返しだー。と投げつける。
しばし、河豚の投げ合いになった。今日も河豚の養殖係は決定の様だ。
マーさんテトラを下りて行って暫く帰ってこないので、河豚投げる相手が居なくなり、
飽きて、テトラを下りる。そろそろ保険の投げ仕掛けでも回収だ。竿を煽って捲き
上げるも手応えなし。マーさんも回収するとクジメがついているのみ。
今日は投げはだめかも。海の状態か餌が海老の残りの赤イソが悪いのか。
投げ竿の面倒を見ていると宇都宮師がテトラから下りてくる。1枚出ました。ちっこい
けど、マーさんが見に行き32〜3のカイズかなと帰ってくる。Fisher達のポイントは
黒鯛はおろかカイズも釣れそうもない。河豚とクジメ以外はマーさんが手の平メジナ
だか海タナゴだかを釣ったくらいだ。マーさんテトラに戻ったので、また標的だと
Fisherもテトラに戻る。マーさん1投目から河豚が釣れ困惑している。Fisherにもすぐに
河豚釣りに復帰した。河豚合戦も少々飽きた頃、宇都宮師が相棒に42cmを釣られた
と言いに来た。ガーンこちらには全く関係のない世界の話に聞こえた。
場所を変えようか迷ったが、面倒なのと他に実績があるポイントもあまり知らないのが
ネックで思い留まる。河豚が多いのでコマセもいつもより消費が遅い。潮でも変われば
状況も変わるかと粘る。

暫くすると潮が変わり手前に流れる最悪のパターンになる。辛抱だ。棚をもう少し切って
手前の沈み根のぎりぎりを流す。これでまともに根掛かるとウキが流れる事必至だ。
右の沈み根際、左の沈みテトラ際と高切れポイントを全て走破したが、クジメが3匹追加
されたのみ。マーさんコマセ切れらしい。そうこうしてると宇都宮師がまた相棒に2枚目を
釣られたとやって来て、マーさんと入れ替わりにFisherの隣で再開する。
やっとコマセが底を見せたので、あまりそうな刺し餌の粒の悪そうな所をコマセに入れ
水を足してリフィニッシュした。調子見にポイントに打ち仕掛けを放り込む。
思わずレバーブレーキを使ちゃおうかなと思うくらい巨大な河豚が掛かる。
効いたー。河豚には大分好評なようだ。

マーさんはアジには早いし、投げも不調で手持ち無沙汰になったらしい。本日勇者の
宇都宮師の相棒のポイントを物色している。Fisherはこの分だとコマセ終了は4時半は
過ぎるかも知れない。もう完全にやっつけ仕事になっている。マーさんも宇都宮師の相棒
と話し込んでいるようだが、アミを3Kgも解凍して朝の部がスカだったので処分に困った
と言って戻ってくる。ほんじゃーちょっと早いけど外に蒔いて様子見たらとFisherが言うと
そうするとテトラに場所確保し、道具を持って行った。暫く間欠フィッシングにしてると
ウキが消し込む今日はアジお出ましがまたちょっと早いようだ。20cm超えがポツポツ
釣れ始まる。あのサイズならいいなー。5時ちょっとにコマセが終わる。取り合えず黒鯛の
洗い物をして、竿を畳んだ。

マーさんテトラを下りて何かごそごそやっている。どしたの?サビキを結ばれたとの事。
釣れてんの?入れ食いなんですけど。忙しいときに参ったよ。

Fisherはアジはどうしようか迷っていた。そろそろかみさんのアジ持ち帰り禁止令が
発令寸前だ。中アジ以上なら問題ないが小アジはもういらないとの事。
この所南蛮漬け食い飽きたし、タタキが5〜6釣れれば十分なのだ。
アミも1Kgしか持ってこなかったのでもう捨てても惜しくない程度しか残ってない。

捨てるんならカゴに入れて沖へ捨てるか10投位は投げられる。もしかして中アジ
釣れるかも知れないし。バケツとアミをテトラに上げ、竿を取って返す。(アホ)
1投目から入れ食い状態だ。サイズは出だしにちょっと大きいのが混じっただけで
また小アジだ。コマセをケチってちょっとしか入れないで延命処置を取る。
瞬く間に20以上釣れ、アミ切れ。だめもとで空カゴで投げ返す。何の事はない。
コマセなんか入ってても入って無くても体勢に影響なし。毎回入れアタリである。
豆しか釣れなくなったが、コマセを入れてるマーさんもサイズは同じだ。
コマセ入れない分手返しが早い。ちょっと薄暗くなってきたら、いきなり種アジに
変わる。柿の種サイズ。これは参った5〜7cmでは青物の泳がせでもなければ
必要ない。宇都宮御一行が引き上げの挨拶を兼ねて観戦にやって来た。もう殆ど
ウキも霞んできたが、調子を聴かれると止める訳にもいかず、空カゴを投げ返す。
道糸を張り脈を取る。うわっまた種がつっついてる。種の鈴なりを披露し、これまでと
マーさんに終了宣言してテトラを下りる。ここで宇都宮御一行はさよならを言って退散。

マーさんもテトラを降りてきた。Fisherは取り合えずアジグッズの解体に取り組み、
竿も畳んだ。マーさん不安そうにこの後、海老やんの?ちょっとやるべよ、赤イソまだ
余ってるし。観念したマーさん準備に取りかかり荷物もまとまってるし、あっという間に
準備完了。Fisherは堤防に散らかった洗い物の回収と荷造りで遅れをとる。
最後のとどめはケミが見あたらない。整理整頓が得意?なFisherは順不同に何でも
放り込むので急ぐ時には大抵必要な物が見つからない。またやった。やっとバッカンの
底に貼り付いたケミを見つけると、マーさんは安心?して去って行った。(ほんとに観念)
また出遅れだ。今朝のポイントへ行くとマーさんはもうアタリを取る段階になっていた。
Fisherは取り合えず2連続バラシの穴に仕掛けを落とすが5分経っても変化がないので
実績重視と1勝1敗の穴に移る。程なく明快な糸を手繰る様な海老アタリ、これは逃せん
でしょ。と立ち上がりアワセのタイミングを伺う。最後に穂先をグーッと絞って止まったので
ここぞとばかりアワせる。乗った。ゆっくりバリッと剥がれる手応え。リールを捲くとすぐに
何かに貼り付かれた。捲けない。えーい、めんどくさい。糸を掴んで手繰る。しめしめ
最後で追いついた。待望の海老が仰向けに上がってくる。

マーさんは1回何かバラした後、アタリなしで戦闘意欲をなくしていたので撤収した。
それにしても、もう殆ど24時間近く釣りしている私たちは月曜日に社会人に戻れるので
しょうか・・・。
Fisher 伊勢海老370g、260g クジメ5、豆アジ32 種アジ20〜30?
マーさん 伊勢海老330g、310g タタキアジ少々、豆アジ100?、種あじ少々、他


http://www10.plala.or.jp/Fisher/index.html

あいちゃん

こんにちは!いつも大変お世話になっております!
第十五大勝丸の娘と申します。
本日釣り船が出船したので、釣果をお知らせいたします。

2003年7月19日(土)釣り物:ソイ(餌 イワシ)出船人数:10人
場  所:田尻 水 深:約4mから10m 水 色:やや濁
水  温:17.2℃ 風 :弱(北東) 波:小 天気:霧雨
釣  況:ムラソイ(130匹)、アジ(15匹)、フグ(15匹)、メバル(10匹)、アイナメ(3匹)、ドンコ、ベラ、ウミウシ
竿頭:山口様

本日のお客様は釣り同好会の方10名!
天気も悪く、気温も低めでちょっと心配な気持ちで海に出ると、意外にうねりもなく穏やかな海面。
心配は期待に変わり、釣りを始めるとあたりの手応えが!ソイは最大40cm、1.1kg、全体的に見るとソイは
20cm大が比較的多かったですが、船全体で100匹以上!みなさま大健闘でございました。
意外なところでは良型のサフグがかかったことです。水温が上がってきたからでしょう!粗汁にしても身が
やわらかくてとても美味!塩焼きもいいですね。また、最近メバルが良くなってきたみたいです。
本日のお昼の粗汁メニューはソイ、メバル、アイナメでした!














第十五大勝丸のホームページ
http://www.h4.dion.ne.jp/~d-k15/index.htm

宇都宮 題名:2度ある事は3度あったけど 投稿日 : 2003年7月19日<土>23時40分

19日に阿字ヶ浦方面某提にまたまた黒鯛狙いで行って参りました。
32センチを上げた後、40センチ前後の黒鯛をかけ、テトラに擦れながらも
何とか浮かせたのですが玉網を伸ばした瞬間に針が外れました。
50センチオーバーになって僕の所に戻ってくると信じています。
他にはメジナ1、ウミタナゴ5、クジメ2、ムツ1(何の魚か分らなく
Fisherさんから教わりました)河豚多数


GTB 題名:八目達成。 投稿日 : 2003年7月20日<日>00時17分

ノビタさんこんばんは。7/16に初めて常磐の海に行ってきました。アジ、サバの数は伸びませんでしたが八目達成しました。
できればもっと数を釣りたかったのですが贅沢はいえません。
それからあまりの最近の貧果に神様がお慈悲を下さって
思わぬ魚が天から降ってきました。(^_^)

7/12の激貧釣行とともに日記をアップしました。
おひまな時にどうぞご覧下さい。

http://www.geocities.co.jp/Outdoors/7861/

ドラえもん   題名:日立港沖堤防情報 投稿日 : 2003年7月18日<金>08時45分

7月17日(木)日立港沖堤防 AM6:00〜PM1:00
朝5時起床、久々の沖堤防に心も弾む車も弾む、爽やかなE子さんの顔、今日は連れはいないが釣れそうだ。そうです夏だというのに寒かったのです。
釣況:釣り人約20人、北東強風、濁り無し、ウネリ小、アジ狙い多数不調。
   投げ釣りにアナゴ、ヒトデ、チルソン姿無し北側立入禁止。
私の釣果:黒鯛25・39cm2枚、メジナ23cm1枚



あいちゃんSubject: 釣果のお知らせ Date: Thu, 17 Jul 2003 14:38:19 +0900

こんにちは!いつも大変お世話になっております!
第十五大勝丸の娘と申します。
本日釣り船が出船したので、釣果をお知らせいたします。


2003年7月17日(木)釣り物:ソイ(餌 イワシ)出船人数:3人場  所:久慈 河原子 川尻 水 深:約4から10m 水 色:澄
水  温:17.5℃から18.2度 風 :やや強(北東) 波:中
釣  況:
ムラソイ(40匹)、アイナメ(4匹)、メバル(10匹)サフグ(1匹)
7月だというのに今日はちょっと肌寒い一日でした。
ムラソイ狙いで出船、川尻でアタリが多くありましたが、
針まで食べないのか、苦戦を強いられました。
ムラソイは最大33p、アイナメは最大43p、これからもっと楽しくなってくると思います!
みなさんお疲れ様でした!
今日の粗汁はカンパチです。

第十五大勝丸のホームページ
http://www.h4.dion.ne.jp/~d-k15/index.htm












kanerin  題名:53cmが上がりました! 投稿日 : 2003年7月17日<木>01時41分

7月15日 AM0時半からAM3時まで 涸沼川中流部  セイゴ狙い
石持ち狙いを予定していましたが、外海大荒れの予報に断念!涸沼川にセイゴ狙いで出撃しました。
終始アタリが有り短い時合いの中で、フッコ3匹(53〜44cm)セイゴ9匹(32〜25cm)が上がりました。フッコ53cmは前回に続き記録更新でした。

遅れましたが、退院おめでとう御座います。早めの戦線復帰を願っています。

http://homepage2.nifty.com/kanerin


Fisher
ノビタさん、皆さんこんばんわ。
先週に引き続き小物釣りに性を出し、疲労困憊でした。
今週も魚を買わずに済みそうです。

☆7/12 5時〜19時 阿字ヶ浦方面某堤 黒鯛、アジ、他狙い

前夜マーさんメール着信。明日どうすんの?だった。天気予報は滅茶苦茶で
テレビは曇り時々雨だと言うし、NETも雨降らないと曇り時々雨に割れている。
朝2時半に起きて雨止んでたら、カッパ持って何時もの堤防へ出撃すると返信。

2時に目が覚め表に出て見ると雨は止んでいる。やっぱりTOPページに貼った
テルテル坊主が効いたのか?早速、雨も考慮に入れた荷造りに着手する。
今日は先週より投げ竿1本余計に持って行く事にした。3時頃マーさんにメール
を入れてみると、すぐに返信あり。起きてたんか。雨が止んだ事を伝えると
餌の買い物を頼まれる。何だかんだしているうちに4時になり、荷物を積み込む。

近所の釣道具屋で自分の餌とマーさんに頼まれた餌を買い、釣り場を目指す。
車止めに到着すると天気のせいか何時もより車は少な目だ。荷物をまとめ堤防
を目指す。人間返しに近づくと、おはよう御座いますーっと声が飛んでくる。
宇都宮師だ。やっぱり今日も来たんだ。荷物を上げて貰ってしまう。
今日も宇都宮テトラに陣を決めたとの事。携帯で先週の52cmの写真を見せて
もらう。でっけーなー。今日こそと早速ポイントを物色する。

宇都宮師からケーソン7個目先に陣を決めた。多少取り込みが難しいかも知れない
が障害物は十分すぎる位沈んでいるし、足場も悪くない。
でも潮が速かったら根掛かりの嵐は間違いないだろう。

テトラから降りるとマーさん登場。おー来たか。宇都宮師に場所を聞いたのだろう
まっすぐこっちへ向かって来た。おはようって言って準備を開始すると突然雨が・・・。
迷う余地など無い。開きかけた荷物を閉じ、Fisherコンビ、宇都宮コンビ共、夢中で
カッパを身に纏う。なんだいテルテル坊主効かなっかたんか?と思うも結構な降り
なので、きっと大したことない。案の定、投げの準備が整う頃には上がる。

それぞれの思惑で戦闘開始、Fisherは内側へ投げを一本ぶっ込んで、アジのマーさん
の後を追う。状況を確認するもマーさんアジ1個との事。Fisherも投げてみるがアタリ
は皆無。マーさん早々にテトラを降りて行った。Fisherも朝の部は断念し後を追う。
マーさんはコマセを仕込んで黒鯛に移行するらしい。Fisherはコマセを仕込む前に
アジ竿のサビキをジェット天秤に付け替え、これも宇都宮テトラの内側にぶっ込んだ。

続いて黒鯛コマセを仕込む。今日はオキアミスライスがなかったため、ブロックを崩す
のに時間を取られる。マーさんと宇都宮師も雨で出鼻をくじかれた影響か、まだ内側を
ウロウロしている。出来たー。コマセをテトラ入り口に上げる。竿を伸ばし仕掛けを
セットする。30分は楽に過ぎたのでテトラに乗る前に投げという名の延縄を回収に
向かう。まずは遠いとこからとアジ竿を回収する。竿を煽って巻き始めると重い。
程なく何やらブルブルと手応えがある。魚類には間違いなさそうだ。楽しみにして
巻き続けるとジェット天秤の後ろにサメ型の魚類。マゴチだー。やった頂きー。
マーさんと宇都宮コンビがやって来て好きなことを言っている。サメかと思ったとか
延縄に掛かった小魚を食ったとか・・・。正解は青イソメを食ったマゴチです。
これで肴は確保。スカリに入れて投げ返す。続いて投げ竿も回収にかかる。
こっちも重い。こっちはなんだ?巻き続けるとジェット天秤の後ろに固まりが浮上
してくる。?。アイナメだ。小アナゴのおまけ付き。今週も魚買わずに済みそうだ。
取り込むとしっかり飲み込んでいる。マーさんに針外しを借り針を外す。
アナゴも鉛筆よりは太いのでさばく練習台になってもらうとバケツに入れた。
刺激されたかマーさんも投げ竿を出し、隣へぶっ込む。

皆それぞれ散開し、テトラに乗る。薄濁りで良さそうに見えたが思いのほか潮が速い。
仕掛けが落ち着く前に狙い目から遠ざかる。途端に根掛かり。これの繰り返し。
たまらず、ウキ止めを下げ浅くする。糸を張って止めるも手前へも流される。
これでは止めようがない。途端にまた手前の沈み根に引っ掛かる。
クジメが一匹釣れたのみ。根掛かり飽きてテトラを降り延縄の回収に向かう。

アジ竿にイシモチ25が釣れた。ナイス塩焼きサイズ。続いて投げ竿も回収する。
こっちも重い。ジェット天秤の後ろに菱形がヒラヒラくっついている。カレイだー。
先週に引き続き延縄は絶好調だ。針を外しにかかるとしっかり飲まれた。
マーさんに針外しを借りて外すがまだ仕掛けから外れない。口からもう一本
糸が出ている。何と針2本も飲まれてしまった。

延縄漁を終えテトラに戻るも相変わらず調子悪い。おまけに潮が上げ始めヨタ波が
出始める。どっかーんとテトラに当たり飛沫が下から吹き上げ竿を持ち上げる。
いいよ竿はこの間洗ったばかりだから、次は避けて交わす。仕舞いにはバッカンに
バシャッと給水。ありがと、ちょっと固いと思ってたんだ。それにしても昨日の夕立の
せいかゴミも凄い。ビニール袋大1個に切れ端沢山、草無数とゴミ掃除係りになる。
やっぱりダメだー。さっき上げたばかりだが延縄を回収してみるかとテトラを降り
投げ竿を巻き上げる。やっぱり重いが今回はワカメ、餌を付け替えていると
天からマーさんの声がする。宇都宮師釣れたらしい。と言いながらタモを持って
回収に行くらしい。取り合えず投げ竿を投げ返し、追って見に行くとマーさんが黒鯛を
堤防へ持ってきた。宇都宮師の相棒が計測し44cmと判明。またやられた。

急いでテトラに戻り黒鯛再開だ。
再開はしたものの潮は相変わらずで釣れるような気がしない。気乗りしない時は
場所を変えるとかやり方を変えるとかが得策かもしれない。同じ場所でほんの
ちょっと狙い目をずらしたが大勢に影響はなかった。そうこうしていると枯れた竹
が流れてくる。邪魔だー。行ったり来たり嫌がらせのようにFisherのポイントを塞ぐ。
あちこち回避しても波に押されるとウキに近寄ってくる。まーいいかただの棒だし、
こんなもん引っかけようと思ったて簡単に引っ掛かるもんじゃない。無視する事に
した。餌を付け替え切り返そうと引き上げると、簡単に引っ掛かった。ギャー。
よく見るとただの棒ではなく、しっかり枝が出ている。枝と幹の間に道糸が挟まり
しかも竹が回転したらしく、思いも寄らない事態に陥った。タモを伸ばし格闘して
いると、宇都宮師が様子を見に来た。竿を預けて何とかタモに引っ掛けようと
試みるも相手はタモに対してはただの棒化して掴み所がない。続いて宇都宮師の
相棒まで登場し、事態は思ったより大きくなってしまった。隣のテトラでマーさんが
大笑いしている。くそー人の不幸は密の味かいな。と思ったらタモを持って近くに
寄ってきたタモ2本の挟み撃ち作戦を敢行する。お見事息はぴったりだ。竹の頭と
尻をほぼ同時にそれぞれが捕らえる。見事取り込みに成功した。敵は4mを越える
大物だった。(^^ゞ 今度大物釣りに行く際の戦友は是非ともこのメンバーにしたい
ものだ。きっとFisherが海に落ちてもすくって貰えるかも・・・。

すっかり馬鹿な大捕物で黒は興ざめし、テトラを降りる。今日も投げデーかと延縄
を回収に行く。昆布と★が上がってきた。マーさんも降りてきて延縄を回収している。
何かちっちゃいものが付いていると言う。何だ?へんてこな海老の様な物を取り
込んだ。シャコだー。それにしてもこいつどっちが頭?アジ竿は強烈な根掛かり、
入れ物ごと釣っちゃった。まずい道糸切れたらウキの遊動やカラマン棒がなくなるし、
折角アジの棚に合っているのに第3部に影響必至だ。覚悟を決め引っ張ると切れた
手応えだったが下針が伸びただけで済んだ。仕掛けを交換するかとも思ったが
貧乏人は労力を惜しんではいけないとラジペンで直した。

マーさんは空が怪しいので黒はコマセを蒔ききって終わりにすると言ってテトラへ
戻って行ったので、Fisherも同調し、テトラへ戻る。先週の夢をもう一度だ。
最後の2投で尺アイナメと良型メバルを釣った。今日もお土産をと・・・。
そんなに甘くは無かった。コマセを打ち切りしばらく様子を見るが根掛かりで針を
取られたのを最後にテトラは撤収した。

マーさん洗い物を終え延縄のアジ竿を既にサビキに付け替え堤防で昼寝している。
Fisherも洗い物をする。宇都宮チームも帰り支度を開始したようだ。Fisherも延縄
からサビキに付け替えるべく、アジ竿を回収に行きクジメがくっついていたのを海に
放り込んでいると宇都宮師が来てアジが釣れたと教えてくれた。
今日はちょっとお出ましが早い模様だ。

マーさんを起こし、アジ来たらしいよ!宇都宮師が釣ったて。マーさん起きあがり、
投げ竿を片づけ、荷物をまとめる。何だどうすんだ?先週同様宇都宮テトラでやる
との事。Fisherも洗い物をかき集め投げ竿を畳んだ。荷物をまとめて宇都宮師が
去った近所のテトラに場所確保。第3部の戦闘開始だ。マーさんは2投目、サビキで
イシモチを釣ったとの事。なんだい青イソにマゴチ、サビキにイシモチここは常識つう
のがないのけ〜!? 急いでマーさんの隣に放り込む。
2投目で早くも消し込み。来たよ!今日は5時にお出ましだ。今日はのっけから2点
3点掛けが多く一匹の方が少ない。掛かるのは結構なのが逃げるのも多い。
間が悪いと3点掛けても取り込み1個になってしまう。夢中で回転を上げ朝の部が
無かった分まで挽回だーとそれから約2時間入れ食いになる。10匹以上逃げられた
が何とかノルマを達成した。日の暮れと共にアジも去って行った。

Fisherマゴチ40cm1、アイナメ26cm1、アナゴ34cm1、イシモチ25cm1、
    カレイ27cm1、アジ14cm〜21cm39、クジメ4、フグ2、★中1、竹4m1、
    その他ゴミ海草多数。

マーさん イシモチ25cm1、アナゴ33cm1、シャコ18cm1、アジ14cm〜18cm30?。

来週はマーさんつき合ってくれないかもしれません。疲れた体を引きずって車止め
にやっとの思いで辿り着き荷物を積んで出発と同時にFisherの携帯が鳴る。なんだ?
と電話に出るとパンクしてるとの事。Uターンして様子を見に行くとぺっちゃんこ。
タイヤ交換を余儀なくされる。マーさんこの所、天中殺。お気の毒様でした。

  
http://www10.plala.or.jp/Fisher/index.html


るちあーの 題名:久しぶりの東海某提 投稿日 : 2003年7月14日<月>23時33分

久しぶりの釣果報告、そして東海某提です。7月12日 22:30〜翌日7:00までアジ 豆サイズ〜15cm×25匹、ドンコ〜20cm×3匹、イシモチ20cm×1匹メバル20cm×1匹。
去年より入りやすい!?でも寒かった〜 久々の青物ねらいも空振りでしたが。今年初めての集魚灯の点火とともに、ここでの過去の釣果を思い出しつつ
(貧果ですけどね)来週も来たいっ!と久々に胸躍る気分になれました。

mino(933) 題名:未熟者です 投稿日 : 2003年7月14日<月>15時58分

ノビタさん、釣果報告は久しぶりになりますね。
7月11日18時〜24時。鹿嶋取水口で本気のアジ狙い。
暗くなってから時合いが訪れ、一時は大漁に期待が膨らむが、途中でパッタリ!(TOT)
その後も粘るものの、いたずらに無駄な時間を過ごすに終りました。
結果アジ 15〜19cm×19匹
まだまだ修行が足りません。(^^ゞ

http://homepage2.nifty.com/mino3/

まる 題名:いしもち 投稿日 : 2003年7月13日<日>22時30分

7月12日(土)午後6時〜10時 鹿嶋方面
いしもち 3匹
防寒ジャンバー着
寒い! 釣果も寒い。 


宇都宮 題名:またまた 投稿日 : 2003年7月13日<日>21時33分

12日に阿字ヶ浦方面某提に行って参りました。
先週52センチなんて大物を釣ってしまったのでもう釣では一生の全ての運を使い果たしたと思い今週は河豚にでも遊んでもらおうと思っていたら44センチの黒鯛が釣れてしまいました。
他にはメジナ1、ウミタナゴ2、アジ1、クジメ1、河豚多数でした。





ヘラ師  題名:やはり、ハゼ 投稿日 : 2003年7月7日<月>12時39分

ノビタさんレスありがとうございます。体の回復状況はいかがですか?
さて、7月5日(土)の大洗港内桟橋で15時から23時までの釣果報告です。結果はハゼ10匹とシャコ4匹でした。暗くなって、アナゴを狙いましたが、同行の仲間が40cmを1匹釣っただけでした。ハゼは天婦羅で、シャコは茹でた後にワサビ醤油でいただきました。
このところはハゼ&シャコだけの状況(先週はアイナメが1匹まじりました)、今週はOFFになりますが、第3週は那珂湊中堤防でクロダイ狙いするつもりです。ではまた、釣果報告致します。
ところで、このところ良くお会いする埼玉は東松山の方、5日の釣果はいかがでしたか?よろしければ報告ください。


宇都宮 題名:黒鯛 投稿日 : 2003年7月7日<月>07時36分

退院おめでとうございます。
懲りもせずに毎週釣行を重ねていますがその努力が報われ?
6日に52センチ2.2キロの大きな黒鯛が釣れてしまいました。
釣った後暫くは感動で手が震えておりました。
他にも初1日2匹の39センチ1キロが釣れました。


まる 題名:来た! いしもち  投稿日 : 2003年7月6日<日>22時24分

7月5日 午後4時〜10時 鹿嶋方面
いしもち 19匹 23cm〜29cm・ キス1匹
最近では、1番釣れました! グーグー♪よく鳴きます!
そろそろ、いしもちは本番です。
ノビタさんにはすみませんが、今週も大漁の予定です?
どうぞ、お大事に!

 
あおいそめ 題名:退院おめでとうございます!! 投稿日 : 2003年7月6日<日>12時18分

ノビタさんこんにちは!久々に書き込みさせていただきます。
大洗港で夜10時ごろから冷凍イワシにてヒラメ狙い、あたりはあるものの
エサだけかじられるのみ・・・!外道でマゴチとドンコが釣れました。
明るくなってからイシモチを狙うが1匹のみ。今年は不調らしいですね!
日誌も増えてきてようやくHPらしくなってきました。
これからも釣り道に精進するぞ〜!!

http://www2.ucatv.ne.jp/~mitsuo.sky/index.html


題名:今、愛知武豊港でセイゴの活性高し! 投稿日 : 2003年7月6日<日>14時32分

最近、武豊港でサイズ30〜45cmぐらいのセイゴがよく釣れている。
チンタ狙いで出かけたが、セイゴがやたらと食ってきた。
<コピーですみません>
http://www.geocities.jp/massyxt/


あいちゃん  

2003年7月5日(土)釣り物:ソイ(餌 イワシ)出船人数:10人場  所:田尻
 水 深:約8.5mから14m
 水 色:濁り 水  温:15.5℃ 風 :弱(北)→強(北東) 波:中
釣  況:ムラソイ(25匹)、カサゴ(2匹)、アイナメ(4匹)サフグ(1匹)

本日のお客様は10名!久々の大人数にちょっと緊張気味の娘たちでした。

現在日立港で旬のムラソイを狙って日立の田尻前から田尻北を狙って出船しました。
波がうねるコンディションの中、約35センチのムラソイとアイナメ!良型サフグも釣れましたが、岸に上がったときには既にサバかれたお姿に!(笑)


船酔いされた方、お疲れ様でした!また懲りずに遊びにいらっしゃってくださいね!
今日は天気も良く、涼しい風がふいておりましたが、これからの季節暑いので、念願の小屋を建てました〜。

船長と息子達ががんばってくれました!
お昼の粗汁メニューはは長男が本日漁でとってきた白魚でした!













Fisher(836) 題名:禁断の釣果報告(速報) 投稿日 : 2003年7月5日<土>23時53分
ノビタさん、こんばんわ。
久々の投稿、大漁でもあり感激です。やっと海が本格化した模様
です。リハビリ頑張って1日も早い釣り復活をお祈り申し上げます。
それにしてもHP更新毎日とは凄いですね!


☆7/5 4時〜19時 阿字ヶ浦方面某堤 黒鯛・アジ狙い


今日は先週の続きとばかり、この所入り浸り
のこの堤防へ行く事にして、マーさんと車止め
3時の待ち合わせだ。

多少出遅れ気味で車に荷物を積もうとして
いるとマーさんメール着信。今太田を爆進中
との事。マーさんも出遅れたらしい。
早々に荷物を積んで家を出、近所の釣具屋を
目指す。やっぱり居た。マーさんと合流し、冷凍
餌とおからダンゴを一袋買い揃って釣り場へ
向かう。車止め到着、荷物をまとめ早速堤防へ
向かう。

ポイントへ到着し、辺りを伺うも先行者は
投げ師のみ。取りあえず場所をキープして
コマセを仕込む。
今日はここからが何時もと違う所だ。
カイズ竿は後回しにして3号遠投から着手し投げサビキを搭載した。
アミを堤防へ放り出し、解凍する。ちょっと歯が立つ様になるまでに、
カイズ竿も準備して竿掛けに置く。完璧だ。早速バケツとアミを持って
キープしたテトラへ登る。朝一番はアジから開戦するつもりなのだ。

Fisherが投げる前にマーさんがきたと言っていきなり鈴なりをやって
見せる。ヤバイ先週と同じなら終了の合図。急がなきゃ!竿を取って返し、
早々に放り投げる。アタった、釣れてくるので一安心してしばしアジ釣り
を堪能する。1時間少々でアタリが遠のき朝の部は終了となる。
今朝は小アジばかりでタタキ用は釣れなかった。マーさんに18釣ったよ

って言うとほんじゃー俺より釣ったとの事。テトラの上だから相変わらず
逃げられるのが多い。

一端テトラを降り、黒鯛のコマセを持ち上げポイントへセット、竿を持ち出す
前に3号遠投のサビキを外し、小ぶりなジェット天秤を搭載し石持の仕掛け
を付けた。延縄釣法をやるつもりなのだ。万が一のイソメを付けて堤防の
内側へブッ込んだ。先週アナゴが釣れたのを目撃したからだ。
しかもそのアナゴはしっかりFisherが頂いて天ぷらにして食べて味をしめて
しまった。その前は確か石持の塩焼きサイズも釣れていた。
今日は内側も外側も濁りがあるから、好条件だ。

マーさんはさっさとカイズ竿を持ってテトラへ行ったので、Fisherも後を追って
テトラへ登る。今日は宇都宮テトラに乗った。潮が結構左から右に流れる。
上手へコマセを入れ探りを入れるも反応なし。今日も海草釣りが通常業務に
なりそうだ。比較的濁りもあり、好条件の様に思えるがフグすらも殆ど煩くない。
アジが2匹のみ。何も釣れず飽きて、投げで延縄にした竿の面倒を見に行く、
マーさんも休憩と降りてきて様子を見ている。なんか重い、こっちも海草か?
巻き上げると25cm位のカレイが釣れた。おーカレイじゃんと見届けるとマーさん
は帰って行った。冬にあれだけ通って竿4本も買って1匹しか釣れなかったのに
こんなシーズンオフに!ってぶつぶつ言いながらまた投げ返す。
少し暑くなってきたので飲み物を飲んで休憩し、テトラへ戻ろうかとも思ったが、
ちょっとさっきより右に行ったのが気に入らないので、もう1回投げてと仕掛けを
回収するとまた重い?今度こそ海草でしょ?現れたのはカレイ26cmまた釣れた。
餌を付け替えまた投げ込んで、テトラへ戻る。

マーさんには何も起きていないらしい。カレイを見たからかBASSロッドなんか
持ち出し内側へルアーを投げに行ってしまった。下げ止まりも近いから少し様子を
見るが状況変わらず。今日は夕方のアジまでがプログラムなので、午後の上げ潮も
チェックする事にして黒鯛は一端中断し(コマセが切れる)、投げでもやって時間を
潰す事にした。内側に降りてふと目に留まるとスカリが降りている。引っ張り上げると
マゴチがニョロニョロしている。早業何時の間にってマーさんに聞くと今との返事。
2匹目を今狙って再開した所の様だ。そばへ行って様子を見るがアタリは続か
なかった様だ。

Fisherは投げを回収に掛かると、また重い今度はなんだ?マーさんも覗きに来て
獲物が海面から顔を出す。ワタリだかヒラツメだかのカニだー。マーさんが取り込め
って言ってる内にバレてゆらゆら沈んでいった。まーいいや取り込んで挟まれたら
事だし、先週もアナゴにかじられたから・・・。また餌を付け替え投げ返す。

投げで暇を潰すつもりだったが1本では如何ともしがたく退屈で、ちょこまか上げる
のでその後は空振り連発。やっぱり延縄にしておかないと釣れないこと判明。
投げ竿を投げ出しマーさんと遊ぶ事にした。飯でも食って潮止まりをやり過ごす
事にして堤防の陰に腰を下ろしていると、自称堤防の主と称す変なおじさんが
通り掛かり、しばし、身の上話を聞くことになった。相づちを打っていると何時までも
しゃべり続け1時間があっという間に過ぎた。丁度良かったじゃん。暇潰れてー。
先端でイシモチが入れ食いだと言うので午後の部はまだ早いので行ってみようかと
言う話になった。じゃーその前にと延縄を回収しに行く。ん?また重い今日は
投げは絶好調今度は何よ!銀色が見えたイシモチだ。本当に先端でも釣れてる
かもねー。取り込んでみればしっかり飲んで既に事切れている。
わずかに2回グーグーと泣いたが尻尾が動く事はなかった。マーさんになんだそれ
死んでるって大笑いされた。クーラーに放り込んで、投げ直して散策する事にした。

先端へ向かうと結構な風が吹き始める。北東風だ。今日は中間には1人も居ない
先端は結構な釣り師が固まっている。程なく先端に到着し様子を見て回るとあちこち
でぽつぽつイシモチが釣れた。ふーんほんとに釣れてんだー。それにしても凄い風だ
帰って黒鯛やれるか見てみようと言うことになり、持ち場へ帰る。

テトラに登ると横殴りの風が吹き、竿を出すとおーっと重い何か釣れたか状態に
なった。途端に手首が痛くなる。早いとこコマセ投棄して片付けるかとコマセを
バンバン入れた。もうちょいだ、と思うとシモッていたウキがスーっと引き込まれた。
半信半疑でアワセを入れた。途端ガガガと手応えが出るやたらに下に引く、うわっ
これじゃー根に潜られる。ちょっと強引に引き上げるも浮かないガキっと根掛かりの
手応えに変わる。えー、くっそ!横に竿を煽ると出てきたラッキー、しかしまたしても
下へ向かう、黒じゃないかも・・・。こうなったら巻き上げてやるー。降参の合図がない。
ぐーっと浮かせると横にならない。やっぱり鯛じゃない。取り込みポジションへ引っ
張ると横になる。アイナメだ。タモを延ばし久々に自分ですくった。堤防へ竿とタモを
持って戻る。針を外そうとしたが、がっきり飲んでいて無理そうなので糸を切る。
マーさんスカリへ放り込んで針を結び、テトラへ取って返す。また同じ所へ投げ返す。
波に押されて手前の沈み根にウキが挿し掛かる。やばい、そこは高切れしてウキが
流れそうな所じゃん。少し引き上げウキ止めを海面から出す。その瞬間ガキって
根掛かりの手応え、遅かったか引っ掛かった。と思ったらガガガアゲイン。
魚と思わないから油断している隙にさっきの比じゃない位深く根に潜られた。
しっかりした手応えに変わっている。魚逃げたか糸を緩めるとグイグイまだ居るよ!
とお返事あり、ちくしょう!一か八かだ。っと竿をあちこち煽りまくり、糸を再度緩める
と出てきた。きっと根に嫌と言う程頭をぶったに違いない。今だーと一気に巻き上げ
浮かすとメバル25は越えてるな。結構な重さがあるので抜き上げようか迷ったが
竿を折ってもつまらないので、またタモですくった。またしてもマーさんスカリに放りこむ。
もうテトラに戻るほどコマセもないのでここで終了にした。

次はアジだ。黒鯛グッズの洗い物を始め堤防へひっくり返し、竿を畳む。
延縄からサビキにまた付け替えだと回収すると微かだがぴくぴくする?なんだ?
クジメがくっついていた。外して海に放り込んで延縄仕掛けを外す。
マーさんも洗い物を終え、サビキの準備が整い一足先にテトラへ戻る。
時計を見ると5時半、先週は6時過ぎだったからまだ少し早いか?と言っている間に
マーさん2投目で釣れたとの事。こりゃーいいぞ。とすぐに後を追う。
Fisherにも1投目から釣れた。やったーしばし入れ食い状態が続き夕方の部を
堪能する。しかし、相変わらずの風が吹きまくり手首の痛さはカイズ竿の比ではない。
少しアタリが遠のくと寒い事に気が付く、しまったレインまた持ってないし、こりゃ
どうにもならんね。おまけにたまにアタリが出ても5〜6cmじゃー泳がせやるわけ
でもないのでこれまたどうしようもない。マーさん隣のテトラでなんだーそれーって
大笑いしている。赤っぽい種アジまで釣れる。もう限界だ。マーさんは何時の間にやら
堤防に戻っている。良かった終わりだなと堤防へ戻ると、マーさんはそそくさと電気を
点けてテトラに戻る。なんだ、終わりじゃないのか。もうFisherはいい止めた。
足下が確かな内に道具を取って返し撤収した。マーさんもアタリが止まったと程なく
降りてきた。マーさんも寒がって二人であたふた片付け仕事をして撤収と思いきや、
大物?が残ってる。スカリを忘れた。お土産絞めないとと暗がりでお互いの獲物を
絞めて撤収した。

いつもなら汗だくの帰り道も今日は全く汗をかくことはなかった。
強風で疲れた。明日は釣り休みだな・・・。

Fisher アジ10〜20cm42匹、カレイ25.5と26.5cm2匹、イシモチ24cm、
アイナメ33.5cm、メバル25.5cm各1匹と五目達成。マーさんアジ10〜20cm
40匹、マゴチ40cm1匹。


http://www10.plala.or.jp/Fisher/index.html


JW2RiZ(174) 題名:アジがきました 投稿日 : 2003年7月5日<土>16時29分

常磐方面某提、いよいよアジが大挙してやってきたようです。
今日は偵察のみで、手前船溜りのみの確認でしたが、目視でもいたる
ところに大きな群れが確認できました。
手のひらより小さいサイズが主の状況ですが、トリックで面白いように
釣れていました。1-2時間で3桁取れるのではないかという勢いでした。


カズポン 題名:阿字ヶ浦方面某所にて爆釣!! 投稿日 : 2003年7月5日<土>13時59分

ノビタさん皆さん初めまして!
釣り初心者の「カズポン」です!
今までも釣りはしていましたが最近になってはまってしまいました
昨夜8:00頃から阿字ヶ浦方面某所にて釣り開始!
雨の心配が有りましたが何とか降られずに済みました
狙いは特になく「何でも来い」で釣り開始!
15分後にサビキ用の伸べ竿に小さなアタリが?
鯵の叩きを思い描いて揚げてみると・・
ハズレ・・ 鰯ちゃんでした(涙)
その後も鰯ちゃんが続くこと3匹・・
自分の才能を疑い始めた頃に念願の鯵(5p)をゲット!!(笑)
調子が出て来たのか立て続けに15p位の食べ頃サイズ10匹程をゲット!
ゲット!ゲット〜〜!!
その後、反応が無い投げ竿を揚げて見ると・・ボール!?
いや!ナマコだ!!(すかさず海に向かってシュート!)
まだまだ続いて鯵を交えつつイシモチが・・
更に37pの小座布団、穴子、ドンコ!!
気が付くと東の空は白んで明るくクーラーボックスの中には数え切れない程の魚が・・
暫くは魚尽くしの日々が続く事でしょう・・


kuma  題名:またまたボウズの気配・・・ 投稿日 : 2003年7月4日<金>18時42分

こんにちは。ノビタさん退院おめでとうございます。一刻も早い復帰を心から祈っております。
 さて、天気がよくないことは承知で(今日しか休みがない)久慈川河口に
マゴチくんに会いに行きました。
今回は、自作の秘密兵器のお披露目でしたので気合だけは入っていました。
久慈川は濁りが入って良い感じでしたが、
何しろウネリが・・・35号三角錘(これは東京には売っていない。
30号小田原型しか持っていなかったので、あわててサウスに買いに走った)が流される。
とーぜん、アタリなーし。
サウス前に移動しましたがアタリなーし。
5月の後半に本命をゲットしてから6・7月ボーズ確定。
その前は2・3・4月ボーズ、爆釣は秋???予定。


久慈町洋助  題名:久慈川のセイゴ 投稿日 : 2003年7月3日<木>11時05分

ノビタさん退院おめでとうございます。
7/2久慈川河口に出撃。
AM9:00〜11:00サウス前のテトラ廻りでセイゴ30〜35cmを3匹釣りました、
ルアーでの釣果です。
しかし調子が良くなった時に頭越しに投げ釣りの仕掛けが投入・・・
魚を釣る前に自分が釣られそうなので撤収しました。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO