2001年 6月30日(土)旭村N堤防と常盤の海            
     徹夜釣行はボーズ

                                      最悪の海だった
ずばりボーズ!
「 背こりを みやげに
    今日も  釣果なく
            (ある釣り人)  」

これは釣り好きな習字の先生が、近況をノビタに知らして来た短歌。
この短歌を使わしてもらう時があるのではと思っていたら、早くも使う破目に。
夜の9時〜朝の4時半まで、旭村のN堤防で石持を狙ったが、ボーズ。

危険な玉田堤防
始め玉田堤防で下車。
堤防で30人ほどが、浮子釣りをしていた。
玉田は今回初めてだが、その足場の悪さに愕然。

釣り場のテトラが危険極まる。
タイヤを変形した様なテトラが、ジャングルの用に林立し。
その上の半径30cmほどのスペースが足場だ。
魚が釣れたり、餌を交換する度に、テトラとテトラをジャンプし、荷物の有る方に移動しなくては行けない。
落下しても当たり前の環境である。

   
徹夜で3匹の人
1箇所だけ、テトラの上に板を数枚並べてある場所があったが。
僅か3〜4人だけが入れる特別席で、その場所を確保する競争の凄まじさが思われる。
この玉田は、絶対人に薦められない最悪の釣り場だ。

N堤防に移動
次にN堤防に行く。
ポイントは、いつも来る釣り師に右、左、中央と扇型に投げ竿を並べられ、全て占領されていた。
先端を中心に、堤防全体に垣根の様に竿が並ぶ。
やる場所が無い、ショック!。

海は、信じられないベタ凪。
堤防に摺り寄る波が、テトラ際でチャポ、チャポと溜め息をついていた。
もう此所は海ではなく、湖である。

浮子釣り用の竿を出したが、投げ竿が邪魔なので、すぐ止める。
釣れるポイントから離れた所に投げ竿を2本出した。
2時間全くアタリなし。
ポイントにいる釣り師が、朝までやる話しをしているのを聞き。
途端に意気阻喪。
堤防の上でふて寝する。
                                  
メタルジグに噛み付いたハゼ
全体的には時速1匹のペース
3時頃起きて南側を、ぼんやり見ていると。
若い人が、浮子で30cm近い良形の石持を上げたところだ。
慌てて浮子釣りの準備をし、その若い人の隣りに入った。
3度ほど浮子が水面下に沈んだが。
針掛かりせず、その度に。
頭で熱湯が湧くほどの欲求不満に陥った。

カッカしている時に、若い人からノビタさんではと話しかけられ、ドキリ!。
ノビタのHPを、2日に1度見ているという読者の方だった。
すっかり腐っていたので、その応対に不機嫌さが出たかも。

若い人は昨夜10時頃来て、朝までに10匹釣ったとのこと。
おそらく、彼が昨夜のトップだったのでは。
試合を放棄したノビタを除くと、堤防全体は時速1匹のペースだったようだ。

疲労と、困憊と、空虚と、無力感に浸された夜が明ける。
地上は靄に霞み、服はぐっしょりと濡れ、目玉はしょぼしょぼ。
「煙りが目に沁みる」歌のような朝だ。
(ジェローム.カーンの名曲)

朝の4時半に、撤退。

<午後の部常盤の海>

大アジを見た!

午後3時半、昨夜の欲求不満を解消したく、常盤の海にシーバスロッド1本を持って出撃。
駐車場は満員御礼。
空は雲に覆われていたが、まだ雨は遠いようだ。
風は弱い北東の風。
堤防を行く途中、東海のアジ釣り名人フナコシ兄弟とすれ違う。
アジは朝が良かったと話しただけで去って行った、ホッ。

前方50メートルほどの所。
大きく竿をしならせ、リールを巻いている人が目玉に飛び込んだ。
近ずいた時にはすでに捕物は終わり、クラーボックスに入れる所だった。
カンパチですかと聞くとアジの応え。
30cm近い大アジだった。
クラーボックスの中には、他に小アジが40匹ほど入っていた。

     
サーベルフイッシュ
無明庵さん、O、かくべーさんに会う
適当な所に釣り場を決めて、第1投。
リールを巻いて来ると、いきなりブレーキ。
引き味を楽しみながら堤防に上ったのは、50cmオーバの太刀魚。
昨夜からやっと手にした最初の1匹に、しばし感激。

後が続かず場所を移動。
前方からOが帰って来る。
Oとノビタが接近する間で、また大アジの捕物を見た。
大アジが、この常盤の海に間違いなく入るようだ。

結局、Oもノビタに付き合いUターン。
かくべーさんに会う、いつも釣果投稿板に投稿して頂く無明庵さんにも会う。
無明庵さんとは3年ぶりの再会、すっかり顔を忘れていた。

先端の海に反応無し
先端でジグサビキを投げるも反応無し。
Oが1匹太刀魚を釣り、それをノビタがもらう。
雨が振り出すと、
Oは、
「やってられね〜」
と帰って行った。
ノビタはかくべーさんの所まで戻り、その隣りでジグサビキを投げる。
無明庵さんが雨が降って来たので帰ると、挨拶に来たが。
隣りで太刀魚のダブルが上がると、また竿を出しルアーを投げ始めた。
結局、午後6時に納竿、無明庵さんと一緒に帰って来た。
途中、今度は”釣刊”のオダさんに声を掛けられる。
短時間勝負で来たらしい。
此所は色々な人に会える交差点の様な所なので、楽しい釣り場である。

本日釣果    太刀魚  50〜55cm  7匹(1匹はOより貰う)

 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO