最新更新日 2019年3月28日(木)
常磐沖から大洗、鹿島沖の海で春夏秋冬船釣りを楽しんでいます。主に那珂湊港から出航する釣り船に乗っています。私の釣りは私の人生と同じように、まぐれや奇跡や偶然が親友です。彼らなしでは私の釣りは成立しません。そんな私の悪戦苦闘の釣行記を是非どうぞ。




2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年





パステル


油絵


水彩


マウスで描く














ひょうたんの絵















































































































2019年3月27日(水)




















今回もかたさんと「つれたか丸」に乗った。
今日も天候に恵まれ絶好の釣り日和。
我々の他にもう一人、カレイ釣りの初心者が乗り、合計3人で釣戦した。
結果から報告すると。
我が戦果は、ムシガレイ34匹、マコガレイ5匹、2.6キロの真ダコ1匹、
ホウボウ1匹、カナガシラ1匹。
かたさんは、マコとムシ合わせて36匹。
初心者の方は、マコとムシ合わせて26匹。
沖のカレイ釣りバンセイ(万歳)、バンセイ(万歳)、バンバンセイ(万々歳)の1日であった。

日誌全文はーーー>こちら

2019年3月20日(水)














今日も海はポカポカ陽気。
波も穏やかで、風もなく雲一つない快晴。
今日は先日、こむさんに伝授してもらった名刀村正の威力を試す日だ。
この戦いに、千葉の市川に住むごんさんと、そしてかたさんも参戦した。
もちろん、我々3匹の侍は名刀村正こと必殺ムシガレイ仕掛けで挑戦する。
本日、『つれたか丸』に乗ったのは、我々3人と他2人の計5人である。
いずれも老兵。

午前5時45分、出航。
日はすでに水平線上に顔を出していた。
我々は高揚していた。
波しぶきが上がる船上で、俺は思わず予科練の歌を口ずさんでいた。
「燃える元気な老兵の
 胸はくろがね 心は火玉
 どどっと港を出れば 荒海越えて
 行くぞ敵陣 なぐり込み

日誌全文はーーー>こちら
2019年3月15日(金)

















天気は快晴。
風も柔らか。
そして海も穏やか、絶好の釣り日和であった。
結果から報告すると。
大きさ18〜35センチのムシガレイ13匹、
21センチ〜36センチのマコガレイ4匹。
釣果は先日とさほど変わらなかったが。
こむさんは釣り終了後、俺に必殺カレイ仕掛け名刀村正をプレゼントしてくれた。

ひょっとすると、次回から俺もカレイ釣り名人と呼ばれるのかも。
その時、
おれはどんな顔したら良いのだろう。
ワッハハハ・・・・と大笑したら、未熟者である。
あたり前のことと、すましていようか。
微笑みながら空を見上げようか。
ちょっと悩ましい。
日誌全文はーーー>こちら

2019年3月3日(日)


春から初夏は。
俺のお頭の襞には『カレイ命』の文字が輝いている。
あのアタリがたまらない。
「トントントン・・・」
「スーッ、スーッ、スーッ」
「・・・・・・!?」
「ググッ、ググッ」
「キターーー!」
この感動、何度味わっても色褪せることはない。

残念ながら今はムシガレイが多いけど。
たかがムシガレイされどムシガレイ、なかなか手ごわい相手だ。
確かに食味はマコガレイより落ちるけど。
船でのカレイ釣りは、マコもムシも同じ芸術である、食味は二の次だ。

関東地方の釣り人はムシガレイをあまり好まない。
理由は食味のようだ。
ところが平成19年8月発行の雑誌『カレイの鉄人』に載っていたのだが。
岩手県の重茂半島(おもえはんとう)では、ムシガレイをミズガレイと呼び。
地元の人は、ナメタガレイよりミズガレイが美味いと好むそうな。
餌は青イソメがメインだが、冷凍むきエビや冷凍ワカサギで釣る人も多いらしい。
重茂半島の釣り人の仕掛けはシンプルが基本だが。
『つれたか丸』の船長や、釣り名人”こむさん”もムシガレイは装飾気のない3本針が良いと云う。
どうやらムシガレイを船から狙うには、このへんが極意なのかも。

日誌全文はーーー>こちら

2019年2月20日(水)










天気予報では。
明日(2月20日)は4月上旬の陽気になるらしい。
ーよっしゃー!
 飛び出せノビタ。
何ケ月ぶりの釣りだろう。
頭の中で燻っていた火薬に一気に点火。
早速、那珂湊の『つれたか丸』の船長に電話した。
この時点では客は俺一人のようだったが、出船してくれるという。
それから30分もしないうちに。
かたさんから「俺も乗るよ」の電話があった。
船長に誘われたらしい。
彼とも久々の釣行、めでたしめでたし

『つれたか丸』は、朝、6時に那珂湊港を出航。
釣戦者はかたさんと俺だけ。
那珂湊沖、航程30分。
海はおだやかな凪。
暖かく空気もピンク色に染まっいた。

日誌全文はーーー>こちら




相互リンク


掲示板
ノビタへメール下記
nobitades@yahoo.co.jp


関東潮汐表
銚子海上保安部
東海村天気予報
水戸天気予報
波浪予報
常磐海域水温
茨城県週間予報


2018-04-12
ひたち海浜公園






2018-03-15
那珂湊沖カレイ


2018-01-23
雪景色空撮


2018-01-14
ドローン試験飛行


2018-01-02
ドローン初飛行


2016-06-03
鹿島灘沖63センチ
カレイ


2016-05-13
那珂湊沖カレイ


2016-04-15
ひたち海浜公園


2016-04-26
那珂湊沖カレイ


2016-04-29
笠間つつじ公園


2015-12-09
こうき満一歳


2015-12-17
あゆか2才






















































































お薦めサイト クレ専 脱毛人気口コミランキング 青汁通販 車査定 銀座カラー効果
中古車査定相場 レーシック口コミ プロバイダランキング フレッツインターネット トヨタ プリウス
since24,may,1998
カウント更新履歴
アクセスカウンター 出会い アクセスカウンタ
メール友達 チャットレディ 出会い系サイト 出会いサイト メル友 テレクラ テレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク フードボウル 出会いサイト