1998年 7月17日(金)日立港湾内

第2ステップ甲イカ攻略完了

昨日、隣りにいたおじさんが、朝5時〜9時に甲イカを6匹釣り、1匹をバラシた。
この時期にしては、好釣果だ。
昨日の自分は1匹バラシただけ、これが始めで最後だった。

どうしても甲イカを釣りたく、アオリイカ仕掛けと、スーパーのお魚コーナーで豆アジが25匹程入ったパックを、148円で購入してきた。

天気予報では、午前中、雨の確立60%、このため沖堤防をあきらめ、昨日6匹も上げたおじさんの場所で、やることにした。
朝5時に現場着、タッチの差で青いアノラックのおじさんに、場所をとられた。

昨日と同様、平日なので釣り人は、第一埠頭に2人だけ、第二埠頭には誰もいなかった。
沖堤防も天候が災いしてか、人影なし。

................................................釣り人のいない埠頭








タッチの差で場所をとられた




6時一寸前、隣りのおじさんの放置していた竿に、イカが掛かった。
自分のタモを出し、掬ってやった。

6時15分、今度は自分の浮子が寝た、魚信だ!!
隣りのおじさんが来てタモで掬おうとするが、イカは潮を吹きながらタモから離れ逃げまどう。
じれったくなり、一気に抜き上げた。
隣りのおじさん、出番がなくなり照れ笑い。
感じの良いおじさんだ。

..............................................................................今年最後を飾る?甲イカ


後が続かず、おじさんは7時を廻った所で帰って行った。

8時、空から雨がポツリポツリ。
魚信もなく、おじさんがいなくなると話す人もいない、つまらない、帰ることにした。

これで、今年の甲イカ釣りは打ち止め!!

甲イカは毎年、この季節に日立港で目撃されている。
自分も、南側新堤の先端(日立港の入船口)で、6月上旬に水面近くまで浮上し、消えて行くのを何度か目撃している。
なのに、釣れた話しはこの7年、聞いたことがなかった。
毎年、沖堤でイカステを使い試し釣りをしてきたが、駄目だった。
今にして思えば、アオリイカ仕掛けに生アジの組み合わせなら、釣れたと思うのだが?

ともかく
第一ステップ「海タナゴ」第二ステップ「甲イカ」と、戦果は今一ながら攻略出来たので、次週からは沖堤防で第3ステップ「スズキのルアー釣り」に挑戦します。
ただ沖堤防の釣りは天候に左右されるので、沖堤防が駄目な時は、茂宮川河口のチンチンか、久慈川河口の”うなぎ”に挑戦します。



















午前8時、雨が降り出し納竿



   
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO