1998年 9月4〜6日 日立近辺堤防釣り
カンパチは現れなかった
9月4日〜9月6日の3日間、カンパチの”LUCKY STRIKE AGAIN”を期待して通ったが、とうとう姿を見る事が出来なかった。
先週のカンパチは、どうやら台風の嬉しい手土産だったようだ。
又、”台風”来ないかな〜。(スミマセン)


9月4日(金)

朝の9時、ノビタ2世(マリ)を連れて釣り場に行くと、朝の4時から来ていたアジさんと釣り仲間達(4人)がいた。
全員本命のカンパチには遭遇出来なかったようだ。
彼らの釣果はアジ(20cm程)が1人平均20〜30匹と、5〜7cmの花鯛10数匹、サバ(30cm程)混じり。
投げ釣りで、ヒラメ、キス、アナゴ、シャコなどが釣れていた。
午後3時までねばるも、結局カンパチには再開出来なかった。
小鯵26匹、花鯛10匹程の釣果だった。

9月5日(土)
from筑波のGakuさんに来てもらい、朝4時から2人でカンパチにトライ。
結局、釣れたのは小鯵(16〜18cm)と花鯛合わせて20数匹。
小鯵と花鯛だけは裏切らないが、カンパチには見捨てられた。

9月6日(日)
マリの送別釣り会
マリが明日、神奈川に戻るというので、今日は妹ミカと3人でお別れの小鯵釣り会となった。

(ミカは本HPでサケと写っていた娘です)
朝4時、昨日の場所には先客がいたので、その隣りにした。
夜明け前に3人分の仕掛け作りを終わり、開始。
仕掛け投入と同時に小鯵が、3人の竿に勢い良く食いついてきた。

Gakuさんキムさんも来ていた
「ノビタさんおはようございます」と、突然目の前にGakuさんとキムさんが立っていた。
暗くて解らなかった先客だった。
昨夜の2時くらいから来ていたとのこと。
”お魚命”のような2人だ。
来週の休日は牡鹿半島まで遠征とのこと、鳴瀬川河口も良いですよと薦めておいた。

小鯵は早朝だけ勢い良く釣れたが、明るくなるとポツリポツリ。
小鯵は夜の方が良いのか?

  
ノビタの助っ人達     from筑波のGakuさん、キムさん


ノビタを知る若い人達
近くで釣りをしていた若い人が(写真の赤い帽子)、活き鯵仕掛けで平目を狙っていたが、餌だけ取られ逃げられたとくやしがっていた。
先々週、50〜60cmクラスの平目を釣ったという。

彼と話していると黒い帽子の若い人が、「ノビタさんですね」と話しかけてきた。
自分の写真はHPに載せていないので、Gakuさんに教えてもらったのだろう。
釣り場で、自分がノビタと知る人はいないと思っていたので、不意打ちにあった感じ。
彼はノビタと同じ工場の敷地にいるようだ。
     
               
納竿

午前8時、コマセも無くなったので納竿。
Gakuさん、キムさんも同じく納竿、これから日立港沖堤防に行くようだ。
 
9月4日アジさんの釣り仲間達の戦果

1、ヒラメ(30cm)


2、巨大キス(25cm)


3、アナゴ(45cm)


4、巨大シャコ(25cm)
















黒い帽子の彼はノビタHPの読者



連日のノビタ一家の平均的釣果
アジ、サバ、花鯛

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO