2006年11月14日(火) 阿字ケ浦方面のマイワシ
               午前7時45分〜午前11時半  
ノビタの釣り天国
 
    ボーズじゃないけど・・・・

                                  
     うねりあり
姿消す             
先週の狂乱は、永遠とは言わないが、しばらく続くものと思っていた。
今日は堤防全体に10人ほどの釣り師がいたけど、とうとう最後まで誰もマイワシを見ることはなかった。

「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみにうかぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。・・・」
                     (方丈記)
”久しくとどまりたるためしなし”・・・・それにしても早すぎはしないか?。

アジ釣り
朝、現場に着くと、ちょうど先客が魚を3匹一荷で釣り上げたところだった。
イワシですかと聞くと、アジだという。
先客のバケツの中を覗くと、20センチ前後のアジが30匹ほど入っていた。
慌てて釣りの準備をし、釣りを開始したのは午前7時45分。
ところが時合が過ぎたのか、まるでアタリなし。

常陸太田市釣り師ファッション
午前8時過ぎ、ふったさんが友人を釣れてやって来た。
ふったさんは、いつものジャンパーにズボン、そしてズックの超軽装に、竿を左手に1本、右手に小さいバッカンを持った釣りファッション。
これが、常陸太田市に住む釣り師の典型的ファッションなのだ。

アジさんしかり、ドラえもんさんしかり、そしてふったさん、みんな見た目に真剣味の無いファッションである。
アジさんにいたっては、ズックの変わりにサンダルを履いて来る。
仕掛けとか、魚の餌とか、人間の餌とか、一切合財がバッカンに入れてある。
まるで夕涼みがてら近所の釣り堀に行くスタイルである。
皆さん、これに似たファッションの釣り師を見たら、まず常陸太田市の釣り師とみて間違いないですヨッ。

天気は快晴。気温も上昇。海もおだやか。
風は南から吹いていたが、気にするほどでもなかった。
今日も絶好の釣り日和だった。
堤防では時々、20センチ前後のメッキ(平アジ)が釣れていた。
ー人類皆兄弟、幸せは分かちあおう”、と心の中で叫んだけれど、ノビタにはアジとタナゴしかこなかった。
ふったさんも、ほぼ同じ状況だった。
明日こそは・・・・。
午前11時半、風が強くなってきたので納竿。

本日釣果
  アジ 17〜22センチ  4匹
  タナゴ   18センチ   1匹

            
  本日の釣果


















The END
SEO [PR] @[r AEx@o^C ^T[o[ SEO