2012年8月20日(月)  午前2時半~午後6時10分
       那珂湊 海水温 21.5度
       日立港の潮汐 中潮 満潮  5:10  干潮 11:28
ノビタの釣り天国

       
2012年8月20日(月) 久慈漁港のアジ釣り

        今年初のアジちゃん釣り


                                   なんとか5匹ゲット
暑さに負けた
昨日も、今日も、そして明日も酷暑。
お手上げだ。バンザイだ。ノックアウトだ。
炎天下、庭の草取りをしていると、そのまま発火しそうになったよ。
1ケ月ほど前、夕刻、太陽が雲に隠れた時を見計らい散歩に出かけた、30分も歩くと全身から滝のような汗が噴出し、パンツもシャツもグッショグショ。
散歩なんてやってられませんヨ、と以来散歩は中止している。

かみさんから、
「運動不足は万病の元、釣りに行きなさい!」
のミッション。
英語で、
「使命」
を承るが、この季節、ジジイが釣り場まで重い荷物を持ち往復するのは拷問である。
とは言へ、運動不足も関係するのか血圧が常時、140を超えている。
これはまずいと再思三考の末、とうとう清水の舞台から飛び降りることにした。

草木も眠る丑三つ時(午前2時)、夜空には無数の星がきらめき、闇に沈む団地は海底の静けさ。
ロシナンテにまたがり、トットトトト・・・と、街灯に浮かぶセピア色のアスファルト上を日立港へ向かった。
今年初の青物狙いは、
「吹けば飛ぶような 小さなアジに
 賭けた命を笑わば笑え」
のアジちゃんである。
でも運がよければカンパチもと。

BGM
コバルトブルーの海に群がる白いカモメが鮮やかなので、今日のBGMはリチャードクレーダーマンの『愛のオルゴール』にした。
















                                         
久慈漁港の朝
なんとかアジをゲット
午前2時半。釣り開始。
湿度が高く、ねっとりとした暑さ。
海から陸に流れる緩やかな風に救われた。
コマセを付けたサビキ仕掛けを足元に垂らし10分、応答なし。
電気浮子を付け沖を狙う。
10分、20分・・・、応答なし。

午前3時。
目の前を、ドドドドド・・・とエンジン音を響かせ。
青、赤、黄・・・の船灯の光をドス黒い海に投射しながら、漁船が次々と闇に消えて行った。
シラスの放射線量が規制値以下となり、シラス漁が再開したのだ。
ようやく海に僥倖が射してきた。
「ガンバロウ、久慈漁船!」
声を出さず、手も振らず、応援していたヨ。

結局、はじめの1匹が釣れたのは午前3時50分。
以降午前5時までに4匹追加。
いずれも20センチ前後と、カンパチの餌には大きい。
午前5時10分。
なかでも小さい16センチほどのアジを選び、カンパチを1時間粘ったがアタリなし。
午前6時10分、撤退。

本日釣果
アジ   16~20センチ  5匹


The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO