2012年9月29日(土) 晴れ
       那珂湊 海水温 21.8度
        那珂湊港の潮汐 大潮 満潮  3:00  干潮  9:15
ノビタの釣り天国

       
2012年9月29日(土) 午前2時~午前5時 那珂湊港でアジ釣り



               今夜も渋かった



                                         やっと6匹
尖閣諸島領有権
昨日、スーパーに中国産の安い根生姜(ねしょうが)を買いに行った。いつもあった棚に、それはなかった。
ーガーン!
我が家の経済を考えると、心臓をムチで打たれたようなショック。代わりに、中国産の数倍もする日本産の根生姜が並んでいた。
これも、尖閣諸島領有権問題の波及なのか?

40年前。
田中角栄と周恩来は、尖閣諸島問題を棚上げにし、日中国交回復を優先させた。
そのパンドラの箱を開いた莫迦がいる。
中国をなめてかかったのか。
途端、中国が反撃にでた。
そして今、日中関係は最悪に。

領土問題は、つきつめれば人間のエゴとエゴの衝突。
エゴイズムを丸出しにしてしまえば、手も足も出せない。
話し合いで解決するなんて、弱者の夢のまた夢。
昨日の国連での日中双方の主張は、誰もいない会場で終始水掛け論で終わった。

この問題、数学の最大の難問、リーマン予想より難しい。
「ゼータ関数(ζ(s))の自明でない零点sは、全て実部が1/2の直線上に存在する」
は、1859年に、ドイツの数学者ベルンハルト・リーマンによって提唱された。
多くの数学者がこの証明に挑戦したが、100年以上経過した現在も証明されていない。
尖閣諸島の解決も、100年、200年・・・1000年、まだ先かも。
どうせその頃、俺は地球の塵だけど。
それにつけても、晩酌のおとも冷奴に振り掛ける根生姜が手に入らないとは・・・。

BGM
アルツハイマーの予防の一つとして、古い歌を聴くことも良いらしい。
と言うわけではないが、
いや、と言うわけだが、今日のBGMは、ディオンヌ・ワーウィックの『ウォーク・オン・バイ』にした。


















先客は・・・
午前2時前。
空は雲に覆われ、小糠雨が降っていた。
風は陸から海に空気の流れを感じる程度。
いつもの場所で、先客が一人釣りをしていた。
見ると、『秘伝一乃針』で、足元のアジ狙い。
この釣法で釣りをする奴は、俺を除くと一人、二人だけ。
黒いシルエットに向かって、「市さん」と呼んでみた。
返事が返ってきた。
やっぱり市さんだった。
彼は、海の流れが早く釣りずらく2時間で10匹だと言う。

                                       
    外海は大荒れ
30分に1匹のペース
アジがいることに間違いがないようなので、彼の隣りで参戦することに。
釣りを開始したのは、午前2時。
10分、20分、30分、40分、・・・アタリなし。
市さんが別の場所に偵察に行き、20分ほどで5匹釣って帰って来た。

ノビタも市さんが釣った場所に移動。
第一投目で浮子が海中に沈み、16~7センチのアジが釣れた。
が、あとは30分に1匹のペースに。
午前5時。
ファイナルアンサーの1匹が釣れた所に、市さんが来て帰ると言う。
ノビタも納竿。
帰り、平磯の海岸経由で帰ってきたが、海は大荒れであった。


本日釣果
アジ   16~20センチ  6匹

The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO