2014年1月24日(金) 晴れ
       那珂湊 海水温 10.02度
     那珂湊港の潮汐 小潮 満潮 22:14  干潮 15:49
ノビタの釣り天国

       
2014年1月24日(金) 午後5時50分~午後9時 那珂湊港


     
   本命マコに嬉しい外道も


                                    
本命2匹に良型アイナメ2匹
期待を抑えて

「幸福になりたいと思った時から不幸が始まる」
と、言った人がいる。
この季節、浅場に乗っ込んだマコガレイも、産卵を終えて沖に戻る時期。
散りゆく花を惜しむような釣りだ、大きな期待はできない。
『幸福』を『大漁』におきかへ、逸る心を抑制して出撃した。
港は。
すでに薄暗く、事物は色を失いつつあった。
風も空気の流れを感じる程度、歩いてきた身には汗ばむ陽気だ。

釣りを開始したのは、午後5時50分。
一振り入魂の第一投。
陸から50メートルほど沖へ仕掛けが飛んだ。
鏡のような滑らかな海面に、ドボーン!と仕掛けが落下。
そして。
道糸の弛みを取ろうとした時だ。
手に持っていた竿が、ガタガタと振動した。
ー何だ!?
 『幸福』が、新幹線の光り並みで飛び込んできたのか?
竿先を持ち上げリールを巻くと、ドタドタと悶える愛すべき敵の手応えが。
暗い海面からゴボー抜きしたのは、30センチの本命、マコガレイだった。

アタリの多い夜
仕掛けを海に戻して10分後。
竿先に付けた鈴が鳴り、ケミホタルがピョンピョン跳ねている。
ー今夜は最高!
と舞い上がったのだが・・・。
2匹目は24~5センチの各駅停車、ドンコだった。
新幹線に乗った身には、およびじゃないと海に返品した。

それから10分後。
竿立てに立てていた竿の先が、ビシッ!と張り倒された。
ーう!なんだ?
次の信号を待ったが、その後まったく応答なし。
瞬間風速40メートルの勢いは、一瞬にして去ってしまった。
今夜はこのようなドキドキするようなアタリが5回ほど。
その他にも、「チリンチリンチリン」と鈴を鳴らす本物ぽいアタリも数回。
すべてガセネタであった。
不思議な夜であった。

このあと午後7時20分に、30センチのアイナメ。
午後8時に35センチのアイナメ。
とうれしい外道が続くのだが、本命はやはり渋くなかなか来ない。
「ケ・セラ・セラ(来るものは来る)」
と。
風もなく寒さも厳しくないので。
満天の星空を眺めながら、その時を待っていた。

逃がした魚は大きい
午後8時半。
「チリンチリンチリン」と鈴が鳴った。
またガセネタかと放置しておくと、また「チリンチリンチリン」と鈴が鳴る。
少し誘ってみようと。
竿を持ちリールを巻くと、重く厚いドスンドスンドスンとした応答が返ってきた。
「カレイだ、大きい!」
と叫びながらリールを巻く。
なかなか浮上しない。
海底を引きずるようにして岸壁に寄せ。
岸壁から10メートルほど沖まで引き寄せた時だった。

ドスーン!と強烈な反撃を受けた。
ー危ない!
と、心臓が震えた。
直後、竿がその重圧から解放された。
敵が餌ごと針を吐き出したのだ。
毎度おなじみのトッポ・ジージョの叫び、
「ユーザ・ミ・デイッチ・マイ!(何てこったい)」
逃がした魚は大きい、あれは50センチを超えていたのではなかろうか。
今夜、夢にまで出てきそうだ。

納竿
このあと。
午後9時、35センチのマコガレイを追釣したところで、餌がなくなり納竿。

本日釣果
マコガレイ  30~35センチ 2匹
アイナメ   32~35センチ 2匹
ドンコ     25センチ前後  2匹(リリース)


The END
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO