最新更新日 2020年1月26日(日)
常磐沖から大洗、鹿島沖の海で春夏秋冬船釣りを楽しんでいます。主に那珂湊港から出航する釣り船に乗っています。私の釣りは私の人生と同じように、まぐれや奇跡や偶然が親友です。彼らなしでは私の釣りは成立しません。そんな私の悪戦苦闘の釣行記を是非どうぞ。




2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年





パステル


油絵


水彩


マウスで描く














ひょうたんの絵
























































































































































































































































2020年1月25日(土)














恥ずかしい話しだ、今回も惨敗。
12人乗った釣り師の中で、最下位の9匹で終わった。
とても日誌を更新する元気が出なかった。
どうせ閑古鳥が棲むホームページ、だれも見にきやしないと。
ーでもね。
俺の失敗がだれかの参考になるかもと、書くことに。
今回は、前回の教訓をもとに熟慮し、迷案し、迷策して臨んだのだけど。
それは砂上の楼閣であった。
我が迷策は、一瞬にして大破し消えてしまった。

たしかに周囲は爆釣していた。
でも俺には関係なかった。
その時、俺は何をしていたのか?
多発する自爆のトラブルに泣いていた。ーああ
まるで、チャールズ・チャップリンの
「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇である」を絵にしたようなさまであった。

最悪は、隣りの名人まで巻き添えにしたことだ。
この名人は、この日の竿頭で54匹釣った。
俺とのトラブルがなければ60匹は超えていたはず。

太刀魚を海面でバラした俺のルアーが、弾みで隣りの名人の道糸に絡んでしまったのだ。
それも、今まさに船全体が爆釣している最中にだ。
「すみません。すみません」と言いながら名人と2人で、道糸に絡まったフックを汗を流しながら外していた。
名人は人間が高尚なので、「気にしないでください」と言っていたけど。

荊軻(けいか)は秦の始皇帝の暗殺に失敗した。
易水を渡る時に詠んだ漢詩、
「風蕭々(かぜしょうしょう)として易水(えきすい)寒し。
壮士ひとたび去って復(ま)た還(かえ)らず」
その無念さには及ばないけど、悔しい戦いであった。
ー猛省して今度こそ!
日誌全文は・・・こちら


2020年1月17日(金)












今年の初釣りは、那珂湊沖の太刀魚でスタートした。
太刀魚を初めて釣ったのは、今から20年ほど前。
堤防からのジグサビキで、30〜40センチの太刀魚を釣ったことがある。
それ以降釣っていない。
最近、那珂湊沖でドラゴン級(指5本以上)が釣れている情報を見た。
はじめは半信半疑だった。
那珂湊沖で太刀魚が釣れるなんてこれまで聞いたことがなかったのだ。
おそらく地球温暖化で、生態系に異変が生じたのかもしれない。
これはほぼ間違いないだろう。
これからが心配だけど。
とりあえず、その恵みを享受させてもらうことにした。

老いさらばえて、体は廃車寸前のポンコツ車になり。
やることも酢所独来(スットコドッコイ)だけど、釣りはまだやれる。
今回はこの時期、太刀魚専門に狙う昇仙丸に乗った。
釣戦者は俺を含めて10人。
今回使用した竿とリールは。
8:2先調子、長さ1.8メートル、錘負荷30〜50号のカレイ竿。
水深メーター付きのリールには、PE2号が150メートル巻いてある。
仕掛けはメタルジグ150グラム、その上に20センチのワイヤー、1.5メートルのリーダー(ナイロン18号)を結んだ。
心境は「人事を尽くし天命を待つ」であったけど・・・。
・・・・・・・・
日誌全文はーーー>こちら


2019年12月25日(水)




















時の流れは急流だ。
アッと言う間に1年が過ぎ去り、もう年の瀬。
インディ・ジョーンズの「最後の聖戦」ではないが、今年最後の釣りに臨んだ。
狙いは那珂湊沖のGT(ジャイアント・タコ)。
終わり良ければ全て良し。
ー今日こそ。
と、闘志で全身火だるまになっていた。
・・・なのに。
結果は、今年の釣りを象徴するような結果で終わった。
1時間、2時間、3時間・・・5時間。
その時を待った。
まるで『クリアスマス・イヴ』の歌である。
ーきっと君は来ない
 ひとりきりのクリスマス・イヴ
 Silrent night,Holy night
ヒュルリ ヒュルリララと風が啼いている。
ー俺は此処に何をしに来たのだ。
と、いつものことながら木枯らしが胸中吹いていた。
・・・
釣り日誌全文はーーー>こちら


2019年12月15日(日)





















タコの船釣りは、極論すれば目の前のタコ1匹を、10数人で奪いあう争奪戦である。
運がなければ、とてもとても。
そんな釣りに自信を失い、気分転換に堤防を攻めることにした。
あちらの堤防、こちらの堤防を放浪し1ケ月攻めたが、その姿見ること叶わず。
陸っぱりのタコも、心が折れそうになった。
ところが神は我を見捨てなかった。
昔、昔、こんな歌があった。
「死ぬまで逢えぬと 思っていたが
 けれどもようやく 虹を見た
 あなたのひとみに 虹を見た
 君こそ命 君こそ命 わが命
とうとう先日、水面までタコを浮上させたのだ。
結局、バラシたけれど。
ータコは居る!
・・・・・
日誌全文はーーー>こちら

2019年11月12日(火)

























11月3日以降、2度GT(ジャイアント・タコ)に挑戦し、2度とも玉砕した。
胸中ジレンマの嵐がゴーゴーと吹き荒れ、ため息をつく日々だった。
タコ釣りの自信は99パーセント蒸発していた。
ーそれが一転した。
本日の釣果、4匹バラシたがGTを含む6匹のタコを仕留めた。
青い空、白い雲、空気が美味い。
縮緬皺(ちりめんしわ)が広がる青々とした海はベタ凪。
汗ばむような陽気に、西よりの微風が心地良かった。
今日は久々に心中の暗雲が一気に吹き飛んだ記念すべき日になった。
さーこい、常磐沖のタコよ、俺は甦った。
次回からは、もっともっとアグレッシブに闘うぞ。
覚悟をしておけGT。
                         午前6時釣り開始
那珂湊沖、航程15分。
釣りを開始したのは、午前6時。
開始して3分も経過したか。
「サトさん、1匹上がったよ」と船長が教えにきた。
ーエッ、もうきたの!?
タコがそんなに簡単に釣れるなんて。
それから数分あとに、奇跡が起こった。
午前6時10分。
シャクッていた竿に急ブレーキが。
竿が”の”の字に曲がり、そのままその先が海に潜った。
ー根掛かり、アタリ?
リールをフリーにし、糸を放出し。
数秒待ってから力いっぱい竿を起こすと、持ち上がった。
ー(たこが)ノッター!
・・・・・・・・・
日誌全文はーーー>こちら

2019年11月3日(日)




















先月山形の酒田に行った時に、加茂木水族館に寄った。
そこで、水槽で泳ぐ6キロほどのタコ入道を見た。
そのタコ入道に話しかけた、
「常磐沖にいる仲間に云っておけ、近日中に俺が参上する、逃げるなら今のうちだと」
こんなこと言わなきゃよかった。
常磐沖のタコは、くものこを散らすように逃げていた。

本日の釣果は2勝3敗。
仕留めたのは800グラムと1.3キロのタコ2匹。
3敗とはバラシが3匹の意。
そのバラシの内訳は。
タモ入れ直前にバラシたのが2匹、海底から引き揚げてくる途中に逃げられたのが1匹。
ゴルフでたとえれば。
パーパッドで、ホール手前1センチで球が停止したボギーが2つ。
50センチ手前で球が止まったボギーが1つ、かな。

今回は仙昇丸に乗り、自分も含め12人がタコに釣戦。
結果は0〜5匹と渋い釣りになってしまった。
後悔先に立たず、水族館であんなことを言ったばかりに・・・。ーああ


2019年9月25日(水)

















血圧が高い、視力が低下した、手足が時々つる、腹が出てきた、疲れやすい、物忘れが激しい。
松坂慶子の『愛の水中花』風に言うと。
「これも老い あれも老い
 たぶん老い きっと老い」
となる。
そんな老体にムチ打って、体力勝負のタコ入道に臨んだ。
体力的に今年が最後の戦いになるのかもと思いつつ。

こんな俺に欠かせない釣りのお供は、『たらたらしてんじゃないよ』の駄菓子である。
この駄菓子、全英女子オープンで優勝した渋野日向子が、試合中にかじっていたもの。
その渋野日向子にあやかりたい一心で、いざ勝負!の時には必ず持参する。
この日は苦しい戦いであった。
森山良子風に、
「この広い海いっぱいに 散るタコを
一匹でいいから おれにください」
とつぶやきながら。
海底を、タコ餌木でトントン探りつづけた。
開始から5時間、まったく海は応えてくれなかった。
・・・・・・
日誌全文はーーー>こちら






相互リンク


掲示板
ノビタへメールはこちら


那珂湊潮汐表
銚子海上保安部
東海村天気予報
水戸天気予報
波浪予報
那珂湊定置水温
茨城県週間予報


2018-04-12
ひたち海浜公園






2018-03-15
那珂湊沖カレイ


2018-01-23
雪景色空撮


2018-01-14
ドローン試験飛行


2018-01-02
ドローン初飛行


2016-06-03
鹿島灘沖63センチ
カレイ


2016-05-13
那珂湊沖カレイ


2016-04-15
ひたち海浜公園


2016-04-26
那珂湊沖カレイ


2016-04-29
笠間つつじ公園


2015-12-09
こうき満一歳


2015-12-17
あゆか2才
































































































































































































































お薦めサイト クレ専 脱毛人気口コミランキング 青汁通販 車査定 銀座カラー効果
中古車査定相場 レーシック口コミ プロバイダランキング フレッツインターネット トヨタ プリウス
since24,may,1998
カウント更新履歴
アクセスカウンター 出会い アクセスカウンタ
メール友達 チャットレディ 出会い系サイト 出会いサイト メル友 テレクラ テレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク フードボウル 出会いサイト